ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「…ぼくも もう いかなきゃ!」

概要

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の主人公、およびそのリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン』の男の子主人公
以降のシリーズにもコンスタントに登場する、伝説の凄腕ポケモントレーナー

初代当時はデフォルトネームがバージョンごとに異なっていた(後述)。
固有名詞としての「レッド」は当時の各種メディアミックスや『金・銀』以降で付けられたもの。
また、同時期のメディアミックスでは「サトシ」が用いられることも多かった。

モデルはMOTHERシリーズの主人公(ニンテンまたはネス)ではないかといわれている。
『ピカチュウ』ではよく見ると『赤・緑・青』と若干デザインが異なり、アニメ版サトシに近い。
有名になりすぎたサトシとの差別化のためか、『ファイアレッド・リーフグリーン』ではデザインが一新されているが、一部の作品では『赤・緑・青・ピカチュウ』版の衣装で登場する。

pixivでは『赤・緑・青・ピカチュウ』版を初代主人公、『ファイアレッド・リーフグリーン』版をリメイクレッドとして区別する場合がある。

赤・緑・青・ピカチュウ/ファイアレッド・リーフグリーン

マサラタウン出身の11歳(『FRLG』では不明)の少年。
オーキド博士からポケモン図鑑の作成を託され、パートナーとなるポケモンを選んで冒険の旅に出る。
自宅には母親が1人でおり、父親の詳細は不明。

同じく旅に出たグリーンとは、幼なじみでありライバルでもある。

人や物を調べたときに様々な台詞やモノローグがあり、モノマネむすめの家で物真似をされたときには会話をするシーンがある。
それによる一人称は「ぼく」。

サントアンヌ号のボーイに話しかけた際には「無口な方ですね」と言われるが、これは主人公に感情移入できるよう台詞が極力用意されていないことへのメタ的なジョークと思われる。

歴代主人公RGBPFRLGの各バージョンの主人公のみ、トレーナーに勝負を挑まれてもそちらの方を振り向かない。

名前候補一覧

サトシは田尻智、シゲルは宮本茂、ツネカズは石原恒和が由来。

  • 『ファイアレッド・リーフグリーン』※:ファイア、レッド、リーフ、グリーン、カモン、ケイ、ケン、サトシ、サトル、シゲキ、シゲル、ジャック、ジャン、ジョン、タカオ、タカシ、タケヒロ、ツネカズ、テツオ、トオル、ヒトシ、ヒロアキ、ヒロシ、マサオ

※名前欄に何も入力しなかった場合に出る自動入力。ファイアとレッドは『ファイアレッド』のみ、リーフとグリーンは『リーフグリーン』のみで選ばれる。

金・銀・クリスタル/ハートゴールド・ソウルシルバー

『RGBP』や『FRLG』から3年後の話である『金・銀・クリスタル』および『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、かつてロケット団に立ち向かい組織を壊滅させたトレーナーとして、ストーリー中様々な人の口から彼の存在が語られている。

主人公がカントーのジムを制覇した後、シロガネ山にてレッドと戦うことができる。
(レッドは『GSC』では洞窟内に、『HGSS』では山頂にいる)
なお、セリフは「・・・・・・」のみで一言も喋らない。ただし『HGSS』以降では「!」などが付く形で、ある程度感情が表現されるようになっている。
これは前作の主人公(プレーヤー)の具体的な言及やキャラ付けを避けるための演出と思われるが、以降の作品においても言葉を発さず、結果的にこの描写に端を発して無口なキャラとして描かれるようになっていった。

母親によると、冒険に出て以来一度も連絡がないらしい。
『HGSS』ではレッドに勝利後、主人公が勝った事をなぜかグリーンが知っており、彼とは連絡を取り合っているように思われたが、電話では「どこでどうしてるのかな」とレッドの行方が分からないことを話してくるため、実際のところは不明。

かつて「シロガネ山のレッドは幽霊ではないか」という都市伝説も存在したが、後述の『BW2』では普通にチャンピオンズトーナメントに登場し、『サン・ムーン』でもグリーンと共に参戦しているため、レッド死亡説、幽霊説などは否定されている。

また、この作品でのレッドの印象が強いためか「ポケモンの主人公全般=無口」というイメージを持たれることもあるが、あくまで作中ではプレーヤーとして喋らないだけであり、『XY』以降の主人公ははい・いいえ以外のセリフのような選択肢も増えている。

ブラック2・ホワイト2

ブラック2・ホワイト2』では、ポケモンワールドトーナメントPWT)のチャンピオンズトーナメントに出場している。

勝負前後のセリフが「・・・・・・」なのは相変わらずだが、トーナメントが終了すると一言も会話を交わす間もなく忽然と姿を消してしまう
また、PWT内の各地方のジムリーダーに詳しい男もレッドについては「詳しくは知らない」らしい。

実況から呼ばれる二つ名は「リビング レジェンド レッド」。

サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン

サン・ムーン』および『ウルトラサン・ウルトラムーン』ではバトルツリーのボス「バトルレジェンド」として、カントーからアローラへ招かれた。
やはり一言も喋らず、同じく招かれたグリーンが代弁する形を取っている。
(グリーン曰く「相変わらず無口」とのこと)

レッド


容姿はやや大人びた姿になっており、よく見ると体形がやや筋肉質になっている。

おかえりレッドさん


服装でも何かといじられている。

バトルツリーに初めて訪れたときレッドとグリーンのどちらと戦うか選択する。
ただし、ここまでの道中にいるトレーナーは強敵揃いである上、回復の時間を与えてくれないためバトルツリーに着いたら一旦回復しに戻るなりしないと全滅する恐れがあるため注意。
それが不評だったためか『USUM』ではグリーンが主人公のポケモンを回復した後に勝負に挑める親切設計に改められた。

バトルツリーではシングルおよびマルチの20戦目と各スーパーの50戦目に登場。
最初に勝ったときフシギバナリザードンカメックスのメガストーンを貰える。

Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

『ピカチュウ』のリメイク版『Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』においては、同作の男主人公とは別にNPCとして登場。
殿堂入り後、各地に現れるマスタートレーナーズを6人倒すとセキエイ高原ゲート前にて対戦可能。対戦後、再び殿堂入りする事により再戦が可能となる。

手持ちポケモン

金・銀・クリスタル

彼の手持ちは初代ポケットモンスター四作において、人からもらう(御三家・ピカチュウ・エーフィ(イーブイ))、あるいは必ず遭遇する(カビゴン)ポケモンのみで構成されている。

初代で人からもらう形で入手できるポケモンには他にも化石ポケモンや格闘道場の二匹、ラプラス等がいたが、タイプ被りやどちらか一体しかもらえない等の条件を考慮してか、イーブイを採用した上で『金・銀』で追加されたエーフィに進化させるという形が取られている。

高威力技を高めのすばやさから連打してくるピカチュウとエーフィ、高耐久の上ねむるいびきまで搭載しているカビゴン、にほんばれ+ソーラービームを連打しギガドレインや晴れ下こうごうせいで回復までするフシギバナ、フシギバナの遺したにほんばれを活かしてかえんほうしゃで焼いてくるリザードン、あまごい+なみのりふぶきと高火力を叩きつけてくるカメックスと、普通に戦ってもかなり苦戦させられる面子が揃っている。

最たる問題は挑めるようになった直後の適正レベルと彼のポケモンの暴力的なまでのレベル差。順当にいけば60前後がいいところの今作主人公の前にいきなり出てくる81の数字は、前作主人公の肩書が伊達ではないということをこれでもかと見せつけてくる。


・・・・ ・・・・ ・・・・(またか)



ハートゴールド・ソウルシルバー

HGSSではエーフィがラプラスに変更され、以降の客演時などもほぼラプラスがデフォルトメンバーとして扱われている。
変更の理由は不明だが、ゲーム進行上必ず入手機会があるラプラスと異なりイーブイは寄り道しないと入手できない、後述のピカチュウの技構成同様アニメを意識した結果であるなど様々な説が囁かれている。

手持ち全体のレベルがGSCから上昇し全員80代に突入、ピカチュウは第三世代で追加された火力を倍加するでんきだまを所持し、更に第四世代の環境に合わせて技構成も大幅に変化している。
GSCでは低威力なわざや変化技なども多々あったが本作ではほぼ全員が高火力技ガン積みのフルアタ仕様、御三家は究極技まで覚えている。
また、戦場となるシロガネやま山頂のデフォルト天候がほぼ常時あられ状態になっており、手持ち中三体があられ時に必中となるふぶきを覚えているというリメイク前同様の天候を活かす戦法も使用する。

ちなみに、本作でのピカチュウの技構成はアニメ版ポケットモンスターダイヤモンド&パール編の時点でのサトシのピカチュウの技構成と同じである(10まんボルトでんこうせっかアイアンテールボルテッカー)。


***



ブラック2・ホワイト2

HGSSの時の手持ちと同じ。
前述の通りチャンピオン枠。

グリーン同様リーダーポケモンはおらず、先頭はランダム。
ピカチュウ以外の5匹にも持ち物が設定してある。
仕様上敵味方共にレベルが50で固定されるので手持ちに600族などがおらず、各ポケモンのステータスが比較的低めのメンバーばかりとなるため、チャンピオンの中では最も御しやすい。
「でんきだま」故の高火力が恐ろしいピカチュウもレベル50で固定である本作では先手さえ取れれば一撃で倒すことは容易。
最も厄介なのはカメックス。
こだわりスカーフしおふきで全抜きを狙われる為、対策しておこう。

サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン

1回目の手持ちはバトルツリーで始めて会ったときのメンバー。
バトルツリーではピカチュウを除いた5匹がランダムで登場する。

技構成や持ち物はいくつかのパターンがあり、カントー御三家の3匹はメガシンカすることがある。

1回目

  • ピカチュウLv70(SM)Lv74(USUM)
  • ラプラスLv65(SM)LV69(USUM)
  • カビゴンLv65(SM)Lv69
  • フシギバナLv66(SM)Lv70(USUM)
  • リザードンLv66(SM)Lv70(USUM)
  • カメックスLv66(SM)Lv70(USUM)

バトルツリー

Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

ブルー参戦の影響もあってか、各種メディアミックスで主流のリザードンではなく例のイラストでパートナーに選ばれていたフシギバナがパートナー枠になっている。
従来のパーティーから御三家が抜けた代わりにカイリキーとウインディが入ったが……アレ?この二匹どっかで見たような……?

  • ピカチュウ♂Lv85
  • カイリキー♂Lv85
  • ウインディ♂Lv85
  • カビゴン♂Lv85
  • ラプラス♀Lv85
  • フシギバナ♂→メガフシギバナLv85

ポケモンスタジアム金銀

ジムリーダーのしろカントーの最後の相手として登場。
ジョウト御三家三犬を操る。
うらバージョンでは全員にめざめるパワーを覚えさせており、弱点を補強している。
めざめるパワーが高威力のこおりタイプライコウなど、当時のプレイヤーではまず入手不可能なポケモンも使う。

ジムリーダーの城(おもて)ジムリーダーの城(うら)
メガニウムライコウ
オーダイルエンテイ
バクフーンスイクン
サンダースカイリュー
ハッサムカビゴン
ケンタロスエーフィ

原作におけるレッドの情報

  • 年齢は11歳。
  • マサラタウンに母と住んでいる。(父は不明)
  • グリーンとは幼馴染であり、よく遊んだ仲である。(初代の取説から)
  • 身長や成績などグリーンとほぼ同じである。(初代の取説から)
  • トレーナーやモブキャラなどを相手に会話している様子がある。
  • ぼくも もう いかなきゃ!」や「しめしめ!いねむりしているぞ!」や「ポチっとな!」や「これかえたらバグるかも」「次のページあけちゃおうか?」など、これら以外にもやんちゃな性格を窺わせる台詞が多数存在する。
  • モノマネ娘の物真似によると「やあ こんにちは! きみ ポケモン すきかい ?」「ぼく じゃなくって きみに きいてるんだ けど」「…… えー なんだよ! ヘンな やつ だなあ!」 ~イベント後~やあ! さっきは わざマシン ありがとう!」(FRLG版:やあ! さっきは ありがとう!)「…… なーに?」「ぼくの まね して そんなに たのしい かい?」と、やはり歳相応である様子を窺わせる。


他媒体でのレッド

スマブラ

さんみいったい


CV:半場友恵

任天堂の対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズX』に「ポケモントレーナー」として参戦。
本人は直接戦わず、ゼニガメフシギソウリザードンの3匹の手持ちポケモンを切り替えながら戦う。
容姿は『FRLG』のデザイン。
詳細はポケモントレーナー(スマブラ)を参照。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』では3DSのスペックの問題でリザードンが独立して参戦。ポケモントレーナー、ゼニガメ、フシギソウはフィギュアとして登場。

その後、2018年発売の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』において復活参戦。リザードンも再びこちらに統合されることとなった。
さらにキャラバリエーションとして『FRLG』の女の子が加わった。それに伴い、彼がトレーナーとなるのは1P・3P・5P・7Pカラーに限定される。
また、カラーバリエーションは『金・銀・クリスタル』の男主人公(『HGSS』のではなくリメイク前準拠)、『ダイヤモンド・パール』のコウキ、『X・Y』のカルムと、偶数世代の男主人公をモチーフにした配色で統一されている。

ポケットモンスターTHE ORIGIN

オリジン


CV:竹内順子
原作『赤・緑』の世界を舞台にしたオリジナルアニメに主人公として登場。
こちらのレッドについてはORIGINレッドを参照。

フィギュア

ねんどろいど「レッド」はFRLGのデザインに準じており、デフォルメに合わせてSTマーク取得のためにやや丸みを帯びている。

コトブキヤ「ARTFX J レッド with ピカチュウ」は初代のデザインに準じており、金銀でのミステリアスな雰囲気を持ちつつ、現代風にアレンジされたもの。

『ポケットモンスター』よりコトブキヤフィギュア「ARTFX J レッド with ピカチュウ」企画者インタビュー

ポケモンマスターズ

バディーズ


参戦自体は2019年5月29日の事業戦略発表会で公開されたイメージイラストの時点で公表されていたが、ゲーム内映像のレッドが映されたのは6月27日の特別映像が初。
配信から半年の間は戦闘に参加していなかったが、『赤・緑』発売から24周年となる日の翌日、2020年2月28日のフェスにて遂に参戦。

バディはリザードン/メガリザードンX
他のトレーナーとは違い、「マジコス」版がデフォルトとなっている
『FRLG』をベースにしつつも、ベスト・帽子・髪色が『赤・緑』準拠となり、さらにメガリザードンXを意識したと思われる黒+青の意匠が組み込まれている。

相変わらず無口で、ホーム画面でのセリフも極端に短い。ボイスも息遣いのみと徹底されている。
彼のバディーズエピソードでもオーバと共演させることで解決を図っているほど。
とはいえ決して不愛想な人物ではなく、表情はむしろ豊かである。

そしてこのバディーズエピソードで、彼が無口を突き通す理由が判明。
一言だけではあるが、遂にレッドが言葉を口にする。

「…… …… ……
 …… ……言葉は 不要!」

ゲーム的な性能は実装時点でぶっちぎりの最強キャラであり、自己完結を通り越して完全無欠の攻撃性能を備えたアタッカー。全キャラトップタイの特攻(メガシンカ後)を筆頭に殆ど穴のないステータス、攻撃に関わる全能力を自前で最大積み可能なトレーナー技「勝利への確信」「クリティカット+」、全体・単体それぞれに高火力の撃ち分けが可能な特殊攻撃技「ねっぷう」「ブラストバーン」、メガシンカ後限定ではあるが高いとくぼう持ち相手への隠し玉として物理攻撃技の「フレアドライブ」とそれへの反動ダメージ軽減スキルをもバディストーンボードで得ることができ、命中不安を踏み倒しつつ更に動きを加速させるパッシブスキル「必中化」「行動時ゲージ確率上昇」「行動時B技カウント確率減少」と本作のアタッカーに要求されるおよそあらゆる要素を最高水準で備えている。
強いて言うなら耐性系のパッシブを持たず防御・特防はトレーナー技で下がるため、マルチではこちらが攻め切る前に集中狙いを受けて落ちることもあるのが弱点だった(現在はマルチ仕様のバトル自体が殆ど実装されないためまず起こらなくなった)

異常な攻撃性能に加えて編成時に味方を選ばない(攻撃系のバッファーを必要としない)という自由度の高さから、実装後はエンドコンテンツを含むあらゆる場面で下手に弱点タイプを出すよりリザードンを出したほうが強いという状況が続出。ポケマスならぬリザマスと称される世紀末環境の幕開けである。
近頃のイベントバトルでは敵が確定行動でいわなだれを連打してきたり、何故かほのおタイプの技を軽減するパッシブスキルを重ね掛けしていたりと『レッドだけに頼らせてたまるか』とばかりの対策が施されるようになったが、それでも大概はゴリ押しで突破出来てしまう
流石に防御役は必要になるし、バトルヴィラやチャンピオンバトルといった複数チームで攻略する前提のコンテンツもあるため彼一人で本当に全てが解決するというわけではないが
実装から丸一年が経過した2021年3月現在においても最強クラスのユニットとして君臨している。

そのあたりは運営も把握している節があり、上述のように高難易度バトルになると露骨な炎メタをとってくることもあるが、逆にレッド以外ではどうしようもないレベルで高耐久なのに高火力な敵(敵のHPが10000近くと非常に高いのにこちらへは百以上のダメージを連発してくるなど)を出してきたり、その上で敵のバディーズ技が敵の種類(ポケモンの種類はもとより、使用しているトレーナーがモブなのかチャンピオンなのかといった種類)に関わらず全体攻撃であることなどには批判の声も大きい。
このあたりはレッドのリザードンが強すぎたこと、それによってバランス調整する際にレッドのリザードンの強さを基準にするのか、はたまた他のバディーズ達を基準にするのかで大きく差が出てしまうのでそのあたりのバランス調整が非常に難しい状態になってしまったことが問題点になっていると思われる(かと言ってそのためにレッドのリザードンをバランス調整のために弱体化させるとなると下手すれば返金騒動になりかねないので、安易な弱体化を行うわけにもいかず、慎重にならざるをえない)。

最近ではゲーム内でのインフレが進み、特定条件下ならばマジコスレッドと並ぶ、或いは超える火力を叩き出すアタッカーも増えてきている。
現状でも編成を選ばない汎用性と使いやすさという点ではナンバーワンアタッカーであることに変わりないが、マジコスレッド一強状態はとりあえず落ち着いてきたと言っていいだろう。

MV「GOTCHA!

『HGSS』におけるシロガネ山での戦いのシーンで登場。
手持ちとしてカメックスとリザードンを披露している。
なお直前に登場した『RGB』時代のグリーンが手持ちにフシギバナを加えていたため、このレッドは各種媒体で初となるカメックスがパートナー枠のレッドだったようだ。
実際バトルシーンではリザードンは後方に控えているだけでカメックスしか戦っていない。

主人公をモデルにしたキャラクター

赤


アニメ版『ポケットモンスター』の主人公サトシをはじめ、『ポケットモンスターSPECIAL』やコロコロコミック版『ポケットモンスター』(ギエピー)などの漫画でもレッドをモデルにしたキャラクターが登場している。
なお、これらの派生作品に登場する人物は、それぞれ主人公をモデルにした一人のキャラクターとして独立しているため、リンク先を参照し混同を避けることをお勧めする。

アニポケ

サトシ(アニポケ)を参照。

ポケットモンスターSPECIAL

レッド(ポケスペ)を参照。

穴久保版ポケットモンスター

赤井勇を参照。

二次創作でのレッド

pixivを中心に広がった二次設定がレッドには存在する。

… … しっているか
om nom nom nom


詳しくはpixivレッドを参照。
(公式準拠の初代レッドについては初代主人公を参照)

具体的には

 (HGSSの絵にもかかわらずレッドだけ初代・GSCの姿で描かれている等)
  • 黒目で外ハネ黒髪な初代レッドが赤目・黒髪ストレートで描かれている
こういった特徴を持つレッドが多く見られるが、勿論これらは二次設定であり公式ではない。
二次設定であると自覚し、特に前者は「pixivレッド」タグを付けることが推奨されている。

関連イラスト

「レッド」と一括りに言っても、投稿者の作品によってどのレッドかは異なる。
ポケモン(特にピカチュウ)やグリーン等と描かれているものが多い。

赤・緑・青・ピカチュウ版(初代主人公

レッド
初代



ファイアレッド・リーフグリーン版(リメイクレッド



THE ORIGIN版(ORIGINレッド

オリジン
レッド&ピカチュウ



サン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン

レッドとグリーン
アローーラ!


※一緒に登場しているためか、グリーンと描かれている事が多い。

関連タグ

関連記事

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レッド(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15663956

コメント