ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

技プロフィール

初出第2世代
タイプどく
分類特殊
威力90
命中100
PP10
直接攻撃×
範囲単体
効果30%の確率で相手をどく状態にする。
英語名Sludge Bomb

概要

第2世代から登場。

汚いヘドロの塊を投げて攻撃する技で、たまに相手を毒に冒す。

「ばくだん」だけにぼうだん持ちには防がれてしまうが、毒タイプの攻撃技の中では威力・命中率とも安定しているので使いやすい。

威力で勝る分「ヘドロこうげき」(威力65)の上位互換だがPPは10とやや少なめ。

 

金銀USUMに至るまでわざマシン36の技の座を維持していた(わざマシンが一新されたLPLEでもわざマシン52として登場)。


初代ではヘドロこうげきの65だったどくタイプ最高威力を更新した…が、習得者の基準がよく分からないことになっていた

スピアーアリアドスは習得できるのにニドキングクロバットは覚えずラフレシアウツボットは覚えるのにフシギバナは覚えない、どういうわけかキマワリナッシーモンジャラとどくタイプがないくさタイプが覚える……などなど。

第3世代からはニドキングクロバットフシギバナらも習得できるようになった。


性能自体は優秀なのだが、第5世代まではどくタイプはくさタイプにしか弱点が突けず、威力に反してサブウェポンとしては使いにくい技であった。

メインとしての採用も微妙で一番使えそうなゲンガーでさえ入れているか怪しいレベルと言えば、どく技の不遇が目に見えるだろう。

第3世代ではメタグロスルンパッパ対策に採用される場合があり、ガマゲロゲ弱点対策で必然的に入れなければならなかったが。


第6世代ではフェアリータイプにも弱点がつけるようになり、この技の価値も相対的に上昇。

ゲンガーを始めとしたどくタイプがメイン採用しやすくなった他、ヌメルゴンがフェアリータイプ対策として採用する事もある。

一方で「ばくだん」という名前のせいで新特性のぼうだんで防がれる対象になってしまった。


よく「何故ばくだんなのに第4世代に特殊技になったのか」と言われる。因みにくさタイプのタネばくだんは物理技である。

しかし前述の通り一応ヘドロをぶつけるだけの技なので仕方ないのだろう。


爆弾だけあってアニポケでは、爆発物として描写される事もある。


関連タグ

ポケモン ポケモン技絵

どくタイプ ヘドロこうげき

ヘドロウェーブ(より威力の高いどくタイプ技)

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10936

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました