ピクシブ百科事典

フシギバナ

ふしぎばな

フシギバナとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.003
英語名 Venusaur
ぶんるい たねポケモン
タイプ くさ / どく
たかさ 2.0m
おもさ 100.0kg
とくせい しんりょく / ようりょくそ(隠れ特性)


進化

フシギダネフシギソウ(Lv.16) → フシギバナ(Lv.32)

フシギ


メガシンカ

フシギバナメガフシギバナ

MEGA



概要

ポケットモンスター赤・緑』(第1世代)から登場したポケモン。
名前の由来は、恐らく「フシギ(不思議) + バナ(花)」。
『緑』及びリメイク版である『リーフグリーン』のパッケージポケモンを務めている。

フシギソウだった頃のつぼみが成長し、大きな花が咲いた。
その花から漂う香りは、戦うものの気持ちをなだめる効果がある。
葉っぱも大きくなり、そのうち1枚が頭の上に覆い被さっている。
しかしこれ程巨大な花が咲いたにも関わらず分類は引き続きたねポケモンである。何故。

フシギダネフシギソウの体の表面には緑の不規則な形の模様があったが、フシギバナに進化すると皮膚と同じ色のイボができる。目も三角目から半目に変わった。
日光に引き寄せられるように日陰から日向へ移動する。
フシギソウの頃までは二本足で立つこともできたが、ここまで大きくなると殆ど立てない。

ダイヤモンド・パール』から、メスは花の中心からめしべのようなものが出たグラフィックになっている。

花を含めた高さは2.0mとカントー御三家の中では最大の大きさに成長するが、一部のゲームやメディアなどではリザードンやカメックスより小さく描かれることもある。
なお、トロピウスとは高さ・重さが全く同じ

また、XYでメガシンカした姿メガフシギバナが登場した。

英語名のVenusaurの由来はVenus Flytrap(「ハエトリ草」。女神の長いまつ毛に見立ててVenusと付く)+saur(恐竜の名称の語尾によくつく「-サウルス」。
本来の意味はトカゲ)が有力とされている。
日本ではやたらカエル呼ばわりされるが、海外では恐竜と見られているようだ。
教え技ながら「げきりん」を覚えられるのはこの名残りかもしれない。
しかし、フシギバナのどこをどう見たらハエトリ草なのだろうか…。
初代だけでも分類からしてハエとりポケモンはいるのだが。

ゲーム上での特徴

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
80828310010080


フシギソウがレベル32になると進化する。カントー御三家の中では最終進化が一番早い。
なお、近作では進化直後に「はなびらのまい」を習得できる。
「とくこう」「とくぼう」の種族値が高く、他の能力もバランスが良い。「すばやさ」も鈍重そうな外見に反して遅くない。

特殊技は「ソーラービーム」「リーフストーム」「エナジーボール」「ギガドレイン」「ヘドロばくだん」等を覚えられる。
ただ、タイプ不一致のサブウェポンに恵まれておらず、どうしても欲しい場合は「めざめるパワー」を粘らないといけない。
物理技は「パワーウィップ」「はなふぶき」「じしん」「はたきおとす」「げきりん」などを覚えられる。残念ながら物理どく技は一切覚えない。

くさタイプらしく補助技も豊富。
特に「やどりぎのタネ」や「ねむりごな」は非常に強力なため覚えさせておいて損は無い。
この他「つるぎのまい」「のろい」「あまえる」「せいちょう」「ドわすれ」「こうごうせい」「みがわり」等が有用だろう。
ただし何故か「しびれごな」を覚えられない。他2つは自力で覚えられるのだが。

主な戦法としては、「ねむりごな」「やどりぎのタネ」「こうごうせい」の3つを駆使した持久戦タイプやその派生形、特殊型、物理型などが挙げられる。
弱点こそ多いものの4倍がなく、くさ/どく複合では随一の能力バランスの良さを誇る為、一発では倒されにくく、何らかの仕事を確実にこなすことができる。
技の命中率にやや不安が残るのが最大の弱点。特に「ねむりごな」「やどりぎのタネ」が外れた後の隙はカバーしにくい。
また、くさ/どく両方が通りにくいはがねタイプの対処がしづらいのも難点。「やどりぎのタネ」も通らないナットレイは天敵と言える。
「めざめるパワー」炎を粘るか、そうでなければ大人しく引くのがよい。

隠れ特性は「ようりょくそ」。
この特性を持つポケモン中ではダーテングと同じ「すばやさ」を持ち、個体値最大なら特性発同時に努力値を振らずとも「すばやさ」130族と同速となる。
ただでさえ補助技が強く能力バランスがよいので、高速で動けるようになればかなり大きなアドバンテージを持つことができる。
また、「せいちょう」が晴れ状態であれば「こうげき」「とくこう」が2段階上昇となる為、積極的に攻撃しても強い。
登場した第5世代当時はBW発売前に発売された雑誌の特典としてランダムで手に入るという鬼畜そのものの入手難易度だったが、第6世代で「フレンドサファリ」に出てくる為大幅に改善された。

第6世代ではメガシンカを獲得した
特徴や戦い方などは該当ページを参照されたい。

外伝作品での扱い

ポケスペでは主人公レッドの手持ちでも有名。
フシギバナへはシルフカンパニーでのロケット団との最終決戦で最後の三鳥との一騎打ち直前で進化した。
この時点ですでにグリーンヒトカゲリザードンブルーゼニガメカメックスに進化していた為、オーキド研究所のカントー御三家では一番遅い進化となった。
なお、性別はオスで、大人しい性格。
彼に影響されてNNを「フッシー」にした者も少なくないだろう。

大乱闘スマッシュブラザーズでは初代DXに登場。初代ではヤマブキシティステージのシルフカンパニーの屋上の倉庫から登場し、「はっぱカッター」を使用する。DXではアイテムのモンスターボールから登場。「じしん」で周囲の相手を攻撃する。

ピカチュウげんきでちゅうではスオウかいがんに登場、公式設定の「たかさ:2.0m」とはかけ離れた巨体を持っている。
スイカ割りゲームの結果に応じてアイテムをくれる。

主な使用トレーナー

  • レッド:『赤・緑・青・ピカチュウ』及び『FRLG』の主人公
  • グリーン:『赤・緑・青・ピカチュウ』及び『FRLG』のライバル兼リーグチャンピオン
  • リーフ:『FRLG』の女性主人公


関連イラスト

フシギバナ
003



関連項目

ポケモン一覧 RGBP FRLG

カントー御三家・最終形態
ほのおタイプ:リザードン
みずタイプ:カメックス

他の地方のくさタイプ御三家最終形態
ジョウト地方:メガニウム
ホウエン地方:ジュカイン
シンオウ地方:ドダイトス
イッシュ地方:ジャローダ
カロス地方:ブリガロン
アローラ地方:ジュナイパー

pixivに投稿された作品 pixivで「フシギバナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2344804

コメント