ピクシブ百科事典

ギガドレイン

ぎがどれいん

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場する草タイプの技。
目次[非表示]

データ

初出第2世代
威力60(〜第4世代)→75(第5世代〜)
命中100
PP5(〜第3世代)→10(第4世代〜)
タイプくさ
分類特殊
攻撃範囲相手1匹
直接攻撃×
効果与えたダメージの1/2を回復する
英語名Giga Drain


概要

第2世代から存在する技。
すいとる」・「メガドレイン」の上位互換に当たる技である。

登場当初は下位互換である「メガドレイン」の低いPPが災いしたのかたった5しかPPが無く、持久戦自体も「のろい」を積んで「ねむる」で回復』した方が強かった為か使用率は芳しくなかった。

しかし第4世代で大きく状況が変わった。
「すいとる」系統のPP補強の恩恵を受けて、10に倍増しようやく耐久型のポケモンに採用されるようになった。
更に第5世代では威力が15上昇し75になり、耐久型御用達の技として広く使われるようになった。
またこの第5世代ではこの技の物理攻撃版にあたる「ウッドホーン」も新たに追加されている。
また第5世代からは技マシンから除外されてしまったが、代わりに教え技の常連となっている。

この技を覚えられるのはくさタイプはもちろんのこと、吸収系の技のせいかむしタイプもやたらと覚えられる。
その他にもクロバットクイタランネイティオゲンガーなど意外と沢山の種族が覚えられる。
一方でマッシブーンは覚えられない。仮に覚えても特攻53なのでお察しください

吸収技としては破格の性能になったせいかくさタイプの主力技としても特殊アタッカーのサブウェポンとしても採用率が高い技である。但し第7世代ではきゅうけつがまさかの大強化で威力が80となったが幸いあちらは物理攻撃なのですみ分けは十分になされている。こうげきが高いポケモンにはきゅうけつ、とっこうが高いポケモンはギガドレインと使い分けられる。
回復効果はない上に威力がたった5しか違わないエナジーボールが涙目になったとも言われていた(それもあってなのか、XYでは威力上昇している)。

関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技絵 ポケモン技一覧 
くさタイプ わざマシン一覧 ヘドロえき 

他のドレイン技

くさ:すいとる メガドレイン ウッドホーン
でんき:パラボラチャージ
むし:きゅうけつ
ひこう:デスウイング
エスパー:ゆめくい
かくとう:ドレインパンチ
フェアリー:ドレインキッス

関連記事

親記事

ポケモン技一覧 ぽけもんわざいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガドレイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 850366

コメント