ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第4世代
威力60(第4世代)→75(第5世代~)
命中100
PP5(第4世代)→10(第5世代~)
タイプかくとう
分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
効果ダメージを与えた後、与えたダメージの1/2を回復する
英語技Drain Punch


概要

第4世代から存在する技。
殴った相手の体力を吸収すると言う、ポケモンの技の中でもトップクラスに理屈のわからない技。
しかもタイプは吸収がお家芸のくさタイプではなくかくとう技。しかも物理攻撃。もはや意味不明である。
当然パンチ技なので特性「てつのこぶし」で威力が上がり、吸収技なのでアイテム「おおきなねっこ」で吸収量が増える。

かくとうタイプでは唯一の体力回復技であり、有効活用できる場面は多い。
しかし、初登場の第4世代では威力60(当時の「ギガドレイン」と同じ)というテクニシャン持ち以外喜ばない威力の上PPが5という持久戦に使うにはあまりにも弾数が足りないと言う問題があった。

そもそも覚えるポケモンに肝心のかくとうタイプが少ない上、その当時のかくとうタイプが耐久不安な奴だらけという天邪鬼っぷりで殆ど使われなかった。

第5世代では「ギガドレイン」と同じく威力が75にアップし、PPも10に増えて格段に使い勝手がよくなり十分主力技候補にできる技となった。
この頃になると、耐久も高いローブシンズルズキンなどが習得できるようになり、更にビルドアップと組んで耐久・火力を同時に強化する通称「ビルドレイン戦法」が確立されるようになった。
技マシンは第4世代限りだったが、第5世代以降は先の「ギガドレイン」共々教え技になっている。

第8世代では技マシン経由で覚えられるようになり、ミミッキュなどに覚えられるようになった。

ポケモンGOでは

2022年4月23日に、ヌイコグマコミュニティ・デイに併せて実装された。
現時点ではキテルグマ専用の技となっている。

威力はジム・レイドバトルでは50、PvPでは20で、回復技の概念がない本作では、使用後に防御力を確定で一段階上昇させるという効果に変更されている。早い話が、「グロウパンチ」の防御アップ版である。
ただ、本作のトレーナーバトルでは、防御よりも攻撃を上昇させた方が有利になりやすく、それに加えて威力があまりに貧弱すぎるためにプレイヤーからの評価は現状ではイマイチ。せめてトレーナーバトルでの威力が40程度(調整前のグロウパンチと同威力)であればまた違った評価になっていたかもしれないのだが…。

今後の開発側の調整に期待したいところ。

また、原典で回復技であったこの技が防御上昇効果を持つ技として実装されたことから、今後「ドレインキッス」、さらには今後実装される可能性のある「ギガドレイン」や「パラボラチャージ」といった他の回復技も同じような効果の技として設定される可能性が出てきたことになる。

余談

バトル漫画の吸血鬼キャラの中でも、ジョジョの奇妙な冒険DIOなど、手で触れた部分から相手の血を吸い取る者がおり、こういった描写を見慣れている人であれば、「拳で殴って吸収する」ことに違和感をさほど感じないかもしれない。

関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵
かくとうタイプ わざマシン一覧 
てつのこぶし ヘドロえき
他のドレイン技
くさ:すいとる メガドレイン ギガドレイン ウッドホーン
でんき:パラボラチャージ
むし:きゅうけつ
ひこう:デスウイング
エスパー:ゆめくい
フェアリー:ドレインキッス
他パンチ技(かくとう)
きあいパンチ ばくれつパンチ マッハパンチ スカイアッパー アームハンマー グロウパンチ 
他パンチ技(非かくとう)
メガトンパンチ ピヨピヨパンチ れんぞくパンチ ほのおのパンチ かみなりパンチ れいとうパンチ コメットパンチ シャドーパンチ バレットパンチ アイスハンマー

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドレインパンチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5024

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました