ピクシブ百科事典

わざマシン

わざましん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するアイテムで、ポケモンに新しいわざを覚えさせるアイテム。
目次[非表示]

概説

ポケットモンスター』シリーズに登場するアイテムで、ポケモンに新しいわざを覚えさせるアイテム

英語名はTechnical Machine略してTMと呼ばれる事が一般的。

通常、ポケモンはレベルアップでわざを覚えていくのだが、それでは覚えるわざの範囲が狭く、特に対人戦では覚えた技だけで勝てるほど現実は甘くないのである。
そこで本来はレベルアップでは覚えないわざを習得させる手段として、わざマシンが活用される。
なかにはわざマシン限定でしか習得できないものも少なからず存在する。

ただしポケモンには、種族ごとに覚えられるわざの種類に制限があり、何でも覚えられるというわけではない。
また一部の「たねポケモン」など、わざマシンそのものが使えない種族もいる。
逆に幻のポケモンミュウのように、すべてのわざマシンのわざを習得可能な種族もいる。

わざマシンは1度使用すると消滅するものだったが、第5世代以降は、ひでんマシン同様にいくら使っても消滅することは無くなった。そのため、店などで買えるものについては値段が大幅に上がっている。

ほとんどがシルフカンパニーで開発されたものだが、「かわらわり」のように、地元の空手家が職人技で長い歳月を経て作り出した例もある。

初代は形がハッキリしていなかったため、漫画、アニメなどでは独自の解釈で描かれていたが、第3世代で、ディスクタイプの形状に統一化されてからは、ディスク状で統一された。
例外はポケモンGOで、薄型のタブレット端末のような形状で描写されている。
もっともこのディスクや端末も、どう使ってわざを覚えさせているかについては、詳しい描写がないため今なお具体的な使用風景については分かっていない。

ひでんマシン

上位互換に、クエスト上重要とされるひでんわざを覚えさせることのできるひでんマシンがある。クエスト上必要なため消滅することは無い。
第7世代では、ポケモンライドの登場により廃止されている。

わざおしえ

第3世代から『わざおしえ』が登場する。
無償、コイン、ポイント等と交換して、NPCからポケモンにわざを教えてもらえる。

わざレコード

第8世代では、新たにわざレコードが登場する。
わざマシンとは違い、一度使うと消滅する。

ポケモンGOにおけるわざマシン

2017年6月23日に実装。レイドバトルやイベントの報酬で手に入ることがある。ノーマルアタックを変更することのできる「わざマシンノーマル」とスペシャルアタックを変更することのできる「わざマシンスペシャル」が存在する。新しく覚える技はそれぞれ種族ごとに決められた技から現在覚えている技とレガシー技を除いた技の中からランダムで1つ選ばれる。これらのアイテムの登場により、ポケモンの技の厳選が格段に楽になった。ただし、ケッキングメルメタル等、わざマシンに対応した枠の技を1つしか覚えないポケモンに対してはそもそも使用できない。
「すごいわざマシンノーマル」と「すごいわざマシンスペシャル」という上位互換にあたるものも存在するが、こちらは覚える技を指定でき尚且つレガシー技も殆ど覚えることができる代わりに入手手段が限られている。
いずれも一度使うと消滅してしまう

わざマシンの種類

わざマシンには01から番号が振られ、初代の50に始まり、現在では100まで存在する。
第八世代には00番も登場したが、その代わり99までとなっている。
シリーズごとに番号と収録されているわざは徐々に変化しており、初代から長きに亘り同じ番号を守っているものもあれば、次回作であっけなく番号を変えられるケースも珍しくない。

全世代のわざマシン・ひでんマシン・わざレコード一覧はわざマシン一覧を参照。

関連タグ

ポケモン わざ(ポケモン) ポケモン技一覧 わざマシン一覧
ひでんマシン わざレコード

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「わざマシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68183

コメント