ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

タマゲタケ

たまげたけ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

よく間違われるが、タマゲケではなくタマゲケである。


基礎データ

全国図鑑No.0590
イッシュ図鑑No.161
マウンテンカロス図鑑No.053
ヨロイ島図鑑No.077
パルデア図鑑No.205
ローマ字表記Tamagetake
ぶんるいきのこポケモン
タイプくさ / どく
たかさ0.2m
おもさ1.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいほうし / さいせいりょく(隠れ特性)
タマゴグループしょくぶつ

各言語版での名称

英語Foongus
ドイツ語Tarnpignon
フランス語Trompignon
韓国語깜놀버슬
中国語哎呀球菇

進化

Foongus & Amoonguss

タマゲタケモロバレル(Lv39)


概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)で初登場した、小さなきのこポケモン


何故か笠の模様や色合いはモンスターボールそっくりで、何故似ているのか多くの人間が疑問に思い研究しているが、その意味や理由は未だに謎である。


嘘のような記述だが、実際ポケモン図鑑にそう書いてあるのだから仕方がない。

名前の由来も恐らく「玉+たまげた+茸」であろう。もしくは、実在するキノコのタマゴダケか。


キノコらしく湿った環境を好んで殆ど動かないが、目立つ笠で他の生物を誘い、捕まえようとした者に毒の胞子を吹きかけて撃退する。

この矛盾した生態の理由も不明だが、生物学的に考えると、胞子を浴びせてから追い払うことで種の拡散を狙いつつ自分自身の身も守っていると考えられる。


ちなみに胞子を吹き出す部位は口ではなく両手で、胞子はよく乾かす事で腹痛止めの薬になる模様。


再度書くように、モンスターボールに似ている理由は不明。

ミミッキュよろしく偶然出てきた流行りのアイテムに外見を寄せた可能性はあるものの、たまたま似ていただけなのかもしれない。

特に近年では、文明なき太古の先祖と思われるポケモンも同じ柄をしていた事が判明し、「モンスターボールの開発者がタマゲタケ好きだった為に似ている」という胡乱な説も紹介されるなど、ますます謎が深まっている。


ゲーム上の特徴

同じくモンスターボールに似たビリリダマの後続ポジションで、野生では普通に出現するものとアイテムボールに化けているものがいる。

間違ってアイテムだと思い調べたプレイヤーは「たまげた」はずである。きっと…。


素早さは僅か15しかないので先手はまず取れないだろう。

進化先のモロバレルでも30しかないのでトリックルーム下で使えると良い。

この点はパラセクトと同じだが、こちらには4倍弱点が無く、耐久も高水準。


ドーブルを除いて3系列目の「キノコのほうし」を覚えられるポケモン。

対戦だけでなく捕獲要員としても活躍してくれる技なのだが、

肝心の習得レベルがLv50と遅いので、クリア前の捕獲要員としては使えない。


もう一つ重要な技である「いかりのこな」は「このゆびとまれ」と同じ効果の技。

ダブル・トリプルバトルではかなり有効な技なのでこちらも覚えさせておきたい。


「しんかのきせき」を持たせてもあまり有用ではない。

「キノコのほうし」や「いかりのこな」を覚えさせたらさっさと進化させよう。


使用トレーナー

アニメ版


漫画版


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • BW32話
    • 野生で10匹登場し、サトシのズルッグのずつきを受けて怒り、どくのこなで反撃。さらに駆けつけたピカチュウ達も巻き添えを食らってしまう。
    • 周辺にポケモンセンターもなく毒消しも持っていなかった為、サトシ達はシレット水草を取りに行く事となるが、これがきっかけでサトシはガマガルデントマッギョと出会う事となる。

その他

BW51話・53話・54話(写真)・56話・67話・69話・80話・83話・85話・87話・90話・107話・127話・136話・138話
XY59話・64話(回想)・71話
劇場版破壊の繭とディアンシーココ

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • テペンのタマゲタケ
    • 28話で登場。テペンがロイの持ついにしえのモンスターボールを見ているフリをしてタマゲタケとすり替えモンスターボールを盗む。ロイ達が食事をとっていた際に、ロイのリュックからタマゲタケ飛び出して逃走した事でロイはモンスターボールがない事に気づく。
    • 終盤で彼の手持ちである事が判明し、リコのニャオハロイのホゲータカイデンを「超強力ねむりごな」で眠らせるが、自身も眠ってしまった。
    • 元々はテペンが冒険者だった頃に出会ったポケモンらしい。

  • 41話:画像で登場。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

ファイツ生誕祭2021

  • ファイツのダケちゃん
    • 性別:♂️・特性:ほうし
    • 性格:むじゃき・個性:おっちょこちょい
    • 10章にてファイツがプラズマ団の共同住居から出る際、連れてきたポケモン(従来の幼なじみポケモンに相当する)。
    • Nへの信仰心が強いファイツがモンスターボールに抵抗がある為、ボールに入れられていない。
    • 相性不利なはずのシンボラーを撃破したり、ホミカが苦戦するほどのプラズマ団員を相手に「クリアスモッグ」の一撃で撤退させたりと、高い戦闘能力を誇る。
    • ボールに入れられていない分、彼女の意思を先回りして行動することも多くピンチを救ってきたが、ファイツを守ろうとする意識がとても強い為に彼女を傷つけると判断した者に対して容赦なく「キノコのほうし」を食らわせようとしたり、戦闘に巻き込まれたファイツを慌てて眠らせてしまったりと、逆にトラブルを生むこともある。
    • プラズマフリゲートでのN曰く、ファイツを助ける理由は「頼りない人間をほっとけないから」との事。
    • エピローグにて、一端は元の持ち主の所へ返されようとしたが、「いらなくなった時にプラズマ団の演説を聞き、解放した」との事でそのままファイツの元に残った。なお、この際「これで心置きなくファイツ"を"手持ちと言えるようになった」と発言している(Nの通訳を聞いたファイツは流石にその発言に慌てていた)。
    • 12章エピローグにも登場しているが、戦闘でもしたのかファイツ共々ややボロボロになっていた。
〈ファイツの手持ち〉
ダケちゃん (タマゲタケ♂️)
チョボマキアギルダー
???♀️

関連イラスト

草タイプ!タマゲタケ詰め

タマゲタケで表情練習タマゲタケ


関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ どくタイプ

ポケモンBW ポケモンBW2 イッシュ アラブルタケ

タマゲダケ:誤記


0589.シュバルゴ0590.タマゲタケ→0591.モロバレル


同複合タイプ

フシギダネ/フシギソウ/フシギバナ ナゾノクサ/クサイハナ/ラフレシア マダツボミ/ウツドン/ウツボット

スボミー/ロゼリア/ロズレイド


キノコポケモン

1 パラス/パラセクト

3 キノココ/キノガッサ

7 ネマシュ/マシェード

9 ノノクラゲ/リククラゲ アラブルタケ


薬が採れる仲間

パラス/パラセクト冬虫夏草
シードラ漢方薬の材料になるヒレと骨
ツボツボ漢方薬
ガバイトウロコでできた漢方薬
グレッグル/ドクロッグ毒を薄めた薬/強壮の薬
ヤナップ/ヤナッキー薬草
チュリネ薬草
ボクレー万病に効く緑の葉を煮出した汁
アブリボン花粉団子のサプリメント
アママイコ剥がれ落ちた皮をすり潰した腹痛の薬
ネッコアラヨダレを薄めた麻酔薬
ヒメンカ治癒効果のある花粉

ポケモン関連

関連記事

親記事

くさタイプ くさたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1082090

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました