ピクシブ百科事典

パラセクト

ぱらせくと

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.047
英語名Parasect
ぶんるいきのこポケモン
タイプむし/くさ
たかさ1.0m
おもさ29.5kg
とくせいほうし/かんそうはだ/しめりけ(隠れ特性)

※ほうし:直接攻撃を受けたとき、各10%の確率で相手をどく状態にするか、まひ状態にするか、ねむり状態にする。
※かんそうはだ:みずタイプのわざを受けると、最大HPの1/4回復し、天気が雨の時、毎ターン最大HPの1/8回復する。かわりに、ほのおタイプのわざを受けると通常の1.25倍の威力になり、天気が晴れの時、毎ターン最大HPの1/8ダメージを受ける。

進化

パラスパラセクト(Lv.24)

きのこな世界



概要

パラスの進化系、弱点が多くしかも四倍が二つあるという酷い耐性である。
能力値も、「こうげき」を除けば全体として低く、「キノコのほうし」使いのお株も、いまや後発のキノガッサモロバレルに奪われている有様。
しかし、特性の「かんそうはだ」は雨パーティで強く元々炎技は4倍ダメージで到底耐えられないのでデメリットもほぼない、さらに「こうそくいどう」も使えるなど、後輩たちには真似できない芸当が出来るため、いまだ存在感は小さくない。能力値も、低いとはいえ配分は結構バランスが良い。
可愛いと一部で評判で熱心なファンが存在するのも事実である。

成長しすぎた「とうちゅうかそう」によって思考が完全に乗っ取られてしまい、いまやキノコが本体で、虫の自我は殆ど消えているという嫌な設定がある。改めて見てみると、パラスの時と違って、目が白目を剥いてしまっているのがわかる。『ポケモンGO』のグラフィックでも常に体をフラフラと揺すった不安定な立ち方をしており、今にも倒れてしまうのではないかと心配になるほど。『超不思議なダンジョン』では、『ボク、キノコ!乗っ取り完了です!』と言っている。
ちなみに、「とうちゅうかそう」とはもちろん、虫に生えるキノコである冬虫夏草がモデルだが、実際の冬虫夏草はパラセクトの背中にあるような典型的(?)な姿のキノコではなく、綿棒のような形状のものが多い。

四天王パラセクト

ポケモン不思議のダンジョン 赤・青の救助隊』では本編でのマイナー不遇ぶりが嘘のような強さを見せる。
今作最難関である、「きよらかな もり」というダンジョンの深層に出現し、部屋全体効果+命中率100%の「キノコのほうし」で眠らせ、
近づいてきたところを「きゅうけつ」などの技で襲いかかってくる。
本編での「きゅうけつ」は7世代までは、大したことはないが、「きよらかな もり」で2番目の物理攻撃力を持つこいつが使う場合は話が別。
さらにパラセクト自体の他のステータスもありえないほど高水準。
他のポケモンと連携されるとさらにどうしようもないうえ、不用意に攻撃すると特性「ほうし」によりこちらを状態異常に陥らせる可能性があるため近づかせるのも危険。
しかも、出現し始めたが最後、ダンジョンクリアまでコイツは出続けるので、厄介なことこの上ない。
まさに死神のような凶悪さを誇るため、危険なポケモン四天王の1匹に数えられている。残りはカゲボウズモルフォンプテラ

この功績が認められ、『時・闇の探検隊』ではステータスの大幅な弱体化を受け、敵として出現しても前作ほどの怖さはなくなった。それでも技は優秀である。

捕獲要員

基本的に序盤から登場し、また第2世代では「キノコのほうし」がパラス系統かドーブルのみということもあり、捕獲要員と言えばパラセクトと認識している人も少なくないだろう。
同じ技構成が出来るキノガッサ、ドーブルと比較した場合、

  • 「キノコのほうし」の習得が20前後と早め
  • 特性「かんそうはだ」で炎に弱くなるが、水を無効に出来る
  • 地面のダメージを1/4にまで軽減出来る
  • 隠れ特性「しめりけ」により「じばく」「だいばくはつ」を回避できる
と言った違いがある。

なお、2017年5月現在、対戦にて、ハサミを活かすメインウェポンたる技が存在しない。

関連イラスト

047
祝!タネばくだん習得



関連タグ

ポケモン一覧 むしタイプ くさタイプ
ポケモン RGBP FRLG
パラス 
キノココ キノガッサ
タマゲタケ モロバレル

pixivに投稿された作品 pixivで「パラセクト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 478817

コメント