ピクシブ百科事典

漢方

かんぽう

「漢方」とは、中国から伝来し日本で独自の発展を遂げた医療。
目次[非表示]

概要

漢方」は、中国から伝来した中国伝統医学をもとに、日本で独自の発展を遂げた治療中心の医学。狭義においては、指圧などを除き、漢方薬を処方する内科医療のみを指す。中国伝統医学が近代になって再編された中華人民共和国中医学韓国の韓医学とはその起源を同一とするが、理論や重視する処方などに多くの違いがある。ただし中医学や韓医学はその成立にあたって漢方医学の成果に大いに影響を受けており、現代に至るまで相互に交流がある。

江戸時代には古医方を初めとする諸流派が生まれ、「蘭方」、あるいは、「洋方」の医学に対しての「漢方」と呼ばれるようになった。

漢方の成分

生薬」とは、草根木皮や動物や鉱物など、自然界に存在する天然物をそのまま使う薬である。「漢方薬」とは、医師が漢方的な診察で体質()などを判断し、数種類の「生薬」を組み合わせて処方する薬のことである。つまり「生薬」は、「漢方薬」を構成するものである。ただし、西洋医学においても生薬は一部で用いられ続けており、また庶民の生活の知恵から生まれた生薬も漢方の証の理論に基づいたものではないため、生薬=漢方薬ではない。

あくまでも漢方は独自の理論に基づいて合理的に説明できるものであり、西洋科学の知見とは合致しないことが多いものの雰囲気アナログ的に使われるものではない(ベテランの医師・薬剤師であれば瞬間的に処方を決定することもできるが、思考法や観察力と言った部分での「慣れ」の問題でありそれは西洋薬でも同じである)。

現代の漢方の使われ方

現代でも医療現場で漢方薬がよく使われているが、漢方の理論を深く理解している医師や薬剤師は少なく、漢方薬は西洋医学的発想で使われることがしばしばある。このような現状には賛否両論があり、各地の医学部や薬学部で漢方医学の教育が徐々に行われるようになってきている。また、伝統的理論に全く依拠せず、統計学的手法に基づいて効果が確認された漢方薬を西洋薬と同様の使い方をすることもよく行われている。このような使われ方の例としては、に効く漢方薬はないものの、抗がん剤や放射線療法の副作用を抑える効果に優れているため、癌治療においては重要なポジションを占めている。また一部のタイプの認知症に効くものもあるが、これは本来子供に使われていた薬であり西洋科学によって新たな効果が見出されたと言える。

海外

中国台湾韓国の伝統的な薬も「漢方」と呼ばれることがあり、実際に共通する処方もある。しかし日本の漢方薬には日本人の体質に合わせた調整や、材料入手の点や交通事情などから生まれた創意工夫があるため全く同じものではない。中国の伝統薬は現地では「中医薬」などと呼ばれており、漢方とは区別すべきだろう。ちなみに、これらの国では農薬や水質、土壌の規制、薬に含まれる成分の許認可と言った公衆衛生政策が異なるため、使用には注意が必要である。
アメリカでは「中国の伝統的なハーブ」としてひとまとめにされている。

関連イラスト

漢方製剤保険適用外化反対署名運動
漢方など保険適用外の可能性が。が。(参照サイト変更)


漢方薬参状(かんぽうやくじんじょう)
漢方店の主



関連タグ

医術 蘭方 皇漢医学 医学 生薬 漢方薬
神農 

外部リンク

漢方薬 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「漢方」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69148

コメント