ピクシブ百科事典

かゆいうま

かゆいうま

CAPCOMの初代バイオハザードに登場した有名なファイル「飼育員の日記」に書かれている一番最後の言葉のこと。
目次[非表示]

CAPCOMの初代バイオハザードに登場した有名なファイル「飼育員の日記」に書かれている一番最後の言葉のこと。


「飼育員の日記」

最初の舞台となる洋館のとある部屋にあるファイル。全10ページで構成されている。
日記の書き手である飼育員が、ウィルスに感染した末に徐々に人間性を喪失していく様を間接的かつリアルな文体で表現した秀逸な文章である。
特に、文字の種類が多く表現内容が多彩な日本語での原文のインパクトは非常に強く、徐々に漢字、平仮名、が入り乱れ、文節も乱れていく様が狂気的な雰囲気を演出している。

バイオハザード作品の恐怖を文章で表現したものとして非常に有名で、以降もこれに類似した日記を続編で見ることができる。また、スタッフのブログでもたまにネタになる。

※注意!ここから先にはネタバレが含まれます。


May 9, 1998
夜、警備員のスコットとエリアス、研究員のスティーブとポーカーをやった。
スティーブの奴、やたらついてやがったがきっといかさまにちがいねェ。
俺たちをばかにしやがって。

May 10, 1998
今日、研究員のおえら方から新しい化け物の世話を頼まれた。
皮をひんむいたゴリラのような奴だ。
生きたえさがいいってんで、豚を投げこんだら、奴ら、足をもぎ取ったり
内臓を引き出したり遊んだあげくやっと食いやがる。

May 11, 1998
今朝5時頃、宇宙服みてえな防護衣を着たスコットに突然たたき起こされて俺も宇宙服を
着せられた。なんでも、研究所で事故があったらしい。
研究員の連中ときたら、夜も寝ないで実験ばかりやってるからこんな事になるんだ。

May 12, 1998
昨日からこのいまいましい宇宙服をつけたままなんで、背中がむれちまって妙にかゆい。
いらいらするんで、腹いせにあの犬どもの飯を抜きにしてやった。
いい気味だ。

May 13, 1998
あまりに背中がかゆいんで医務室にいったら、背中にでっけえバンソウコウを貼られた。
それから、もう俺は宇宙服を着なくていいと医者がいった。
おかげで今夜はよく眠れそうだぜ。

May 14, 1998
朝起きたら、背中だけでなく足にも腫物ができてやがった。
犬どものオリがやけに静かなんで、足引きずって見に行ったら数が全然たりねえ。
めしを三日抜いたくらいで逃げやがって
おえら方に見つかったら大変だ。

May 15, 1998(※この日付と内容は英語版のみ掲載・和訳)
相変わらず気分が悪いが、ナンシーに会いに行くことにした。
この屋敷にきてようやくの休みだ。
ところが、玄関のところで警備の連中が俺を止めやがった。
連中がいうには、屋敷から人っ子一人外に出すなとの、本社からきついお達しだと。
電話すらかけられねえときた。
一体こいつはなんの冗談だ?!

May 16, 1998
昨日、この屋しきから逃げ出そとした研究いんが一人、射さつされた、て はなしだ。
夜、からだ中 あついかゆい。
腕のはれ物 かきむし たら 肉がくさり落ちやがた。
いったいおれ どうな  て

May 19, 1998
やと ねつ ひいた も とてもかゆい
今日 はらへったの、いぬ のエサ くう

May 21, 1998(※英語版にはこの日付は存在せず、内容はMay 19の後半にまとめてある)
かゆい かゆい スコットーきた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ  です。

4
かゆい
うま

補足事項

以上の中で重要点を上げると以下の事実が浮かび上がってくる。

  • 1998年5月11日未明にT-ウィルスの流出事故が起こった事。
  • “宇宙服(=防護衣)を着なくていい”、つまり皮膚の痒みが発症した時点で手遅れである事。
  • そこから僅か数日で皮膚の腐敗、著しい知能低下と食欲の増大といった症状が次々と表れ、やがて捕食対象が人間に移った事。
書き手の飼育員は恐らく事故発生直後(※T-ウィルスが変異を起こす前)の空気感染に見舞われたと思われる。
また、逃亡したという飼育されていた犬も、飼育員と同じくT-ウィルスに感染しケルベロス化したと思われ、これがラクーンフォレスト内で多発した猟奇事件の一翼を担い、後に調査に訪れたS.T.A.R.S.の面々に猛威を奮う事となる。
更に『バイオハザード0』にて、実はこの流出事故は何者かによって人為的に起こされたものであった事が明らかになった。

記述揺れ

機種やバージョンによっては最期の一文が「かゆ うま」となっているという説があるが、どの機種もどのバージョンでも「かゆい うま」となっており正確には「かゆうま」は間違いである。
また無印で「かゆ うま」だったのがディレクターズカット版で「かゆい うま」に変更されたという説があったが、実際には無印の頃から「かゆい うま」となっており、リメイク版など全てのバージョンで「かゆい うま」となっている。

余談

オリジナル版ではこの日記が置いてある机に近寄ると同時に自動進行のイベントシーンが発生し、日記が置かれた机の背後のクローゼットから日記の書き手である飼育員本人と思われるゾンビが出現して襲い掛かってくる。

『0』では「幹部候補社員の日記」なる、マーカスの生み出した変異ヒルによって同期生と共にT-ウィルスに感染し、次第に心身が蝕まれていく飼育員の日記とよく似たファイルが発見可能。内容から察するに、書き手の幹部候補生はマーカスの人体実験の被検体に選ばれた事が示唆されており、感染せずとも悲劇は免れなかったようである。

ドラマCD『運命のラクーンシティー』でもかゆみに襲われながらゾンビ化していく人間の様子が描かれており、日本語の音声とかきむしる効果音も相まってかなり悲惨である。

また、人間でのT-ウィルスの感染症状における貴重なデータとして価値を見出されたのか、『バイオハザード5』の追加シナリオにて、スペンサーの私邸にてこの日記の写しが見つかる。


他作品での似たようなもの

  • ポケットモンスター - グレン島にある通称「ポケモン屋敷」に残る、とあるポケモンの研究日誌。
  • ブレイブリーデフォルト - 登場人物であるメフィリアが記した「メフィリアの手記」に含まれている日記で、最後に記した日の内容で狂気に苛まれている彼女の状態が記されている。
  • 零~月蝕の仮面~ - 舞台となる島に遅れて着いた主人公・流歌に残した友人・円香のメモの文章が、徐々に何かに蝕まれていく様子に変わっていく。
  • チョロQHG4 - イベント「幽霊屋敷ゲーム」のにっき2より、全部赤い字で初めに「あたしの、ボディが、さびてきた。かゆい、かゆい。」と書かれている。最後には「こ・こ・か・ら・だ・し・て。」とトラウマにさせる言葉が書かれている。
  • フラワーナイトガール - 特殊任務「怪奇?おかしな害虫を討伐せよ!」に登場する害虫の「ただのナメさん」及び「ナメさんだった何か」の庭園における虫図鑑の説明文。この特殊任務のステージ及び敵のスキル名はホラーがモチーフ。また「ナメさんだった何か」はとてつもなく硬くスキルダメージも異様に高いため別の意味でもホラーである。
  • 指輪物語 - おそらくこの手の日記の最も古い形態ドワーフの地底都市モリアの廃墟進む旅の仲間一行が、領主バーリンの墓の側で見つけた日誌。ドワーフ達が正体不明の敵に追い詰められていく様子が綴られ、終盤の一文がさらに恐るべきものの存在を仄めかしている。


関連タグ

バイオハザード 飼育員の日記 ケルベロス みんなのトラウマ
アルジャーノンに花束を・・・元ネタ

関連記事

親記事

バイオハザード ばいおはざーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かゆいうま」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397405

コメント