ピクシブ百科事典

ヤナップ

やなっぷ

ヤナップとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.511
英語名Pansage
ぶんるいくさざるポケモン
タイプくさ
たかさ0.6m
おもさ10.5kg
とくせいくいしんぼう/しんりょく(隠れ特性)


※くいしんぼう:きのみを持たせると、いつもより早く使用する。(最大HPの1/2以下で使用する)
※もうか:自分の最大HPが3分の1以下になると、ほのおタイプのわざの威力が1.5倍になる

他言語版の名称

英語 Pansage
イタリア語Pansage
スペイン語Pansage
フランス語Feuillajou
ドイツ語 Vegimak


進化

棘猿


ヤナップヤナッキー(リーフのいしを使用)

概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)で登場したポケモン。
のようなの体色をした、ゆるキャラっぽいデザインが特徴のモンキーである。

おててつないで、はいポーズ!


ぱっちりとした目つきで、頭毛のふさや尻尾の先が植物になっており、その他の身体的特徴は、同系統のバオップヒヤップとほぼ同じ。

深い森に生息し、木の実を探すのが上手。頭に生えた葉っぱには疲れを取る効果があり、食べると疲れがウソのように消える。
この葉を元気のないポケモンにちぎって分け与える優しさを持ち、あちこちで集めた木の実も仲間に与える事があるという。

名前の由来はおそらく「野菜」或いは「柳」+「エイプ(尾の短い猿)」。
他二体の特徴を見るに、モデルとなった見ざる聞かざる言わざるの内、「言わざる」をイメージしていると思われる。
またくさタイプのお猿さんとしては、後にサルノリ族が続く事になった。


BW1ではポカブを選択した場合、「夢の跡地」にいる女性からもらうことが出来る。
ポカブ以外のイッシュ御三家を選択してバオップ・ヒヤップをもらった場合でも、少し先に通る「ヤグルマの森」と、BW2では最初の出現スポットとなる「迷いの森」で、両所とも揺れる草むらから出現することがある。他の2匹も同じようにして捕まえよう。

こおりではないためパナップでもなければ、魔法使いでもないためヤナックでもない。

アニメのヤナップ

デントのヤナップ

デントさん詰め☆



声優は藤村知可
BW編におけるサトシの旅の仲間デントのパートナー。性別は♂。
サトシとのサンヨウジム戦で初登場。タイプ相性もあってミジュマルを追い込むが、最後は「シェルブレード」を受けて敗れた。

デントとの関係は良好で、ポケモンソムリエである彼のテイスティングに合わせてポーズを決めたり、アイリスキバゴの特訓のため技の手加減を指示するデントにスムーズに応えたりと、息の合った連携が多く見られる。

デントの兄弟であるポッドのバオップや、コーンのヒヤップとは仲が良い。また、ポッドと喧嘩したバオップを宥めた時の様子はポッドに対するデントそのもので、彼に似て紳士的で優しい性格であることがうかがえる。

Da!編18話では、ポッドとコーンに圧勝した道場破り・ドラゴのユキノオーとバトルすることに。相性の悪さとパワーで追い込まれるが、デントとの絆の力で逆転。「がんせきふうじ」で勝負を決め、見事サンヨウジムを守り抜いた。

XY&Z特別編にてデントと共に再登場。地下のトンネルに迷い込み暴れていたシビルドンに対し、シトロンハリマロンと共に「つるのムチ」で応戦した。

使用技は「ソーラービーム」「かみつく」「あなをほる」「タネマシンガン」「がんせきふうじ」「くさぶえ」「つるのムチ」。サンヨウジムのジムリーダーでもあるデントの考えにより、どんなタイプのポケモンにも対応できるようバランス良く技を覚えている。
なお、分類が『くさざるポケモン』ゆえか、ソーラービームを発射する時の構えはどう見てもアレである。

関連イラスト

連れ歩きヤナップ
ヤナップ



関連タグ

ポケモンBW くさタイプ バオップ ヒヤップ 三猿
料理 ハーブ 野菜 木の実 収穫

関連記事

親記事

くさタイプ くさたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤナップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2501648

コメント