ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

一覧

くさタイプ  ヤナップヤナッキー

ほのおタイプ バオップバオッキー

みずタイプ  ヒヤップヒヤッキー


概要

くさほのおみず三すくみ状態を知ってもらうために用意されたポケモン。このタグの名称は、当然ながら日光東照宮の「三猿」に由来している。


その後「サンヨウジム」がレストランで、そこのジムリーダーウェイターということで、料理を作るポケモンへと発展した。

c a f e

そして、ハーブのような葉っぱを持っている役(ヤナップ)、料理に使うおいしいを見極める役(ヒヤップ)、加減を見る役(バオップ)といった具体的な設定が用意され、熱い物を運ぶために手をミトン型に、物を運ぶことから器用なをモチーフにしようとなった。


以上の内容は『Nintendo DREAM』2011年1月号で開発者が述べている。


それぞれの種族値はHP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの順に「75・98・63・98・63・101」と統一され、ポケモン御三家を意識するかのように♂と♀の比が7:1となっている。


特性はみんな「くいしんぼう」。隠れ特性は、ヤナップ・ヤナッキーが「しんりょく」、バオップ・バオッキーが「もうか」と、ヒヤップ・ヒヤッキーが「げきりゅう」なっており、より御三家を意識したものになっている。


この様に共通点が多い事からも同種族である可能性が高く、アニメのあるミニコーナーでは、「元々は一つのポケモンで、それぞれが住み着いた場所に合わせて身体を変化させたらしい」と、リージョンフォームに近い出自を持つ事が語られている。


もしかしたら、今後の作品でイーブイバルキーの様な共通する進化前、あるいは古代のパラドックスポケモンのポケモンが登場するかもしれない。


BW

ゲーム開始時に選択した御三家によって、それぞれ異なるポケモンが「ゆめのあとち」の女性からもらえる。

具体的には、ツタージャの場合はヒヤップ、ポカブの場合はヤナップ、ミジュマルの場合はバオップ、といったように最初のポケモンの相性補完となるポケモンが選ばれる仕組みである。

御三家と相性補完ができる上、「いあいぎり」も覚えるため序盤は重宝するだろう。

実は覚える技もLv.22で「タネばくだん」・「はじけるほのお」・「ねっとう」と(バオップはともかく)最終まで使える主力技の獲得が早く、意外と戦力になる。

問題はそれでもちょっと物足りない火力、ストーリー中は殆ど活かせない特性と貴重な上に技を覚えなくなる石進化というこれから先に覚える技の分からないストーリーで使うには色んな意味で悩む進化条件。

特にBWは超火力のほのおタイプのポケモンが近い時期で手に入り、バオップの競争相手は開始早々中々に厳しい。


XY

BWの次世代シリーズのXYでもシナリオ序盤のハクダンの森に3匹揃って生息している。

XYではカロス御三家に加えカントー御三家も序盤で貰えるためBWほど重要な役目はないが、序盤でほのお・みず・くさの3属性を揃えたいというこだわり屋さんには嬉しい配置か。


SM

アローラ地方には生息していないため影が薄いが、USUMではそれまで御三家の専売特許だった「誓い技」を習得可能に。これにより御三家以外で唯一「ほのおのちかい」「みずのちかい」を覚えるポケモンになった。

……ただし何故か「くさのちかい」だけはシルヴァディも覚える。ヤナップは泣いていい。


剣盾以降

剣盾以降ではリストラされている。

ちなみにイッシュのポケモンで剣盾・SV共に未内定のポケモンは三猿とミネズミ系統のみとなった。一応、特殊な手間を挟む様なポケモンでもない為、枠さえあれば内定はできるだろう。


ポケモンGO

地域限定ポケモンである。三猿は、それぞれのイメージに合った場所で出現する。

ポケモン場所
ヤナップアジアオセアニア太平洋地域
バオップヨーロッパ中東インドアフリカ
ヒヤップ北アメリカ

又、進化後の共通点として、

が挙げられる。

また、原作同様種族値も3匹で共通しており、合計CP値は同じ。


地域限定や技構成の類似である理由として、上記の「環境に合わせて姿を変えた」という仮説が反映されたという説がある。


2022年の「Pokemon GO Fest 2022」のグローバルチャレンジ達成のリワードとして、3種共に期間限定で全世界でレイド&野生出現した(同時に色違いも初実装)。このため、現在は該当する地域に居住していないユーザーであっても全種をコンプリートすることが可能となった。


余談

ほのおタイプである猿ポケモンとして、登場時点で既にゴウカザル一族が存在していた(特性「もうか」を持つ点も同じ)。

さらに第8世代では、くさタイプである猿ポケモンゴリランダー一族も登場。こちらも御三家であり、特性「しんりょく」を持つ。

ひょっとしたらそのうち、みずタイプかつ猿ポケモンの御三家も登場するかもしれない。


上述の通り、BW出身でありながら次世代のXYを最後に3世代、6年以上の間野生出現が一切ない。剣盾以降は他のポケモンと枠を争う中で、

・3系統セットなので絶対に6枠使う

・どうやっても御三家とタイプが被る

・石進化枠の競走がある

・みずタイプ、くさタイプ、ほのおタイプはポケモン数がそれぞれ1位、3位、8位といずれも多く競争率が高い

・悲しいことにあまり人気がない

…と一般ポケモンとしてはなかなか苦しいポジションにいる。猿たちの明日はどっちだ。



関連イラスト

3っぷティーパーティー

ようこそポケモンカフェへ!バオ・ヤナ・ヒヤ


関連タグ

ポケモン組み合わせタグの一覧 トライアルトライアングル

ポッド デント コーン(トレーナー) 料理 レストラン

ポケモン御三家 イッシュ御三家


猿系ポケモンの仲間

マンキー/オコリザル/コノヨザル

エイパム/エテボース

ヤルキモノ/ケッキング

ヒコザル/モウカザル/ゴウカザル

ヒヒダルマ

ナゲツケサル

ヤレユータン

サルノリ/バチンキー/ゴリランダー

ザルード

マシマシラ

関連記事

親記事

猿ポケモン さるぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2748

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました