ピクシブ百科事典

バルキー

ばるきー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.236
英語名 Tyrogue
ぶんるい けんかポケモン
タイプ かくとう
たかさ 0.7m
おもさ 21.0kg
とくせい こんじょう/ふくつのこころ/やるき(隠れ特性)


こんじょう:状態異常のとき、こうげきが1.5倍になる。やけどによるダメージ半減は無視される。
ふくつのこころ:ひるむと素早さが1段階上がる。

進化

     ┌→ サワムラー(攻>防)
バルキー ┼→ カポエラー(攻=防)
     └→ エビワラー(攻<防)

案内の挿絵だったもの2



容姿

見た目はかなり人間の子供の姿によく似ている。
分岐進化前のポケモンゆえに、個性を若干抑えたデザインとなっている。

概要

『ポケットモンスター』(第2世代)に登場したポケモン。
当時、分岐進化ができるポケモンとしてはイーブイに次いで多く、ロマンあふれるポケモンであった。

pixivでは、彼とその進化系であるサワムラーエビワラーカポエラーらと共に描かれることが多く、
非常にほのぼのとした気分にさせてくれるポケモンである。

進化条件は以下の通り(それぞれLv.20で進化)。
「こうげき」が「ぼうぎょ」より高いサワムラー
「こうげき」が「ぼうぎょ」より低いエビワラー
「こうげき」が「ぼうぎょ」が同じ数値カポエラー

そして、入手の際にスリバチ山へ行き、カラテだいおう-ノブヒコに勝利し、
いざ受け取ろうとしたらてもちが6ひきで受け取れなかった苦い思い出を、多くのプレイヤーに与えたポケモンでもある。

ポケモンGO』でも金銀組の登場に伴い実装。
バルキーが実装されたことに伴い、これまでサワムラーとエビワラーとで分かれていたアメが「バルキーのアメ」に統一され、一本化されて扱われるようになった。
攻撃値が高いとサワムラー、防御値が高いとエビワラーに進化するのは原典と同様だが、カポエラーに進化させたい場合はHP値が優れた個体を用意する必要がある(複数の能力が高い値を示した場合には進化先がランダムになる模様)。タマゴ、野生の個体のいずれも入手確率が低いため、中々お目当ての個体に巡り合えず、難儀しているプレイヤーは多い。

メディアミックスでの特徴

アニメ

無印編 234話 バルキーとカラテおうノブヒコ! に登場。
スカーフを首に巻いた姿が印象的で、メイン画像のように今でもその姿で絵を描く絵師は少なからずいる。

ポケットモンスター(漫画)

穴久保幸作が描く、コロコロコミック長寿漫画である今作に金銀編中期から、まさかのレギュラーキャラとして登場した。
ボケとツッコミの両刀使いであるが、最近は彼のトレーナーであるレッドと共にギエピーのツッコミ担当であった。

ギャグがメインの今作であっても、けんかポケモンらしく大きな格闘技大会に出場経験がある。
何故か最近では、電車自転車に対して異様に物知りになった。

そして、月刊コロコロコミック2010年10月号にて、
自身の進化系達(サワムラー、エビワラー、カポエラー)に一人前と認められ、
2001年3月号の初登場からの9年6ヶ月の冒険に終止符を打ち、故郷へ帰って行った。

ともあれ、バルキーをここまで取り上げた漫画は他にはなく、
バルキーの新しい魅力を発見する可能性も秘めているため、バルキーファンが目を通す価値はあると言える。

ゴールデン・ボーイズ(漫画)

主人公であるゴールドにそだてやさんから、敢闘賞(かんとうしょう)として譲り渡されたポケモン。
バトルでは相性のいいウソッキーはもちろん、
ライバルのブラック操るネイティオに対し、相性の悪さも覆した戦いを見せた。

関連イラスト

インファイト!

マクドにて



関連タグ

ポケモン サワムラー エビワラー カポエラー 金銀 HGSS
かくとうタイプ からておう ギエピー ゴールデン・ボーイズ スカーフ

pixivに投稿された作品 pixivで「バルキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128055

コメント