ピクシブ百科事典

オニゴーリ

おにごーり

オニゴーリとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.362
ホウエン図鑑No.172
新ホウエン図鑑No.180
シンオウ図鑑No.207
英語名Glalie
ぶんるいがんめんポケモン
タイプこおり
たかさ1.5m
おもさ256.5kg
とくせいせいしんりょく / アイスボディ / ムラっけ隠れ特性


進化

ユキワラシ ┬→ オニゴーリ(Lv.42) → メガオニゴーリ(メガシンカ)

      └→ユキメノコ(♀のみ、めざめいし)

オニメノワラシ



概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。
名前の由来はおそらく「オニ()+ゴーリ()」と思われる。

炎では溶けない氷の装甲を持つ、非常に強面な頭だけのポケモン。
ブラックゲッター真ゲッター1に似ているがユキワラシからの進化を考えるとモデルはおそらく秋田県の「なまはげ」。また、鬼ごっこの発展系の遊びである『凍り鬼』も元ネタであろうか。

氷を自在に操る能力を持ち、空気中の水分を瞬時に凍らせることも可能。獲物を凍らせて動けなくなったところを捕食するという。また、バニプッチが好物なんだとか。
また、この能力の作用でオニゴーリの周りには常にダイヤモンドダストが発生するらしい。

なお、ユキメノコ同様に元人間だったという説があり、オニゴーリの場合は登頂に失敗した登山家の生まれ変わりなのだという。

図鑑には「いわの からだを こおりの よろいで かためた」とあるが、いわタイプはついていない。代わりにタマゴグループが「鉱物」になっている。
後になっていわ・こおりタイプの後輩が誕生した。

ゲーム上の特徴

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ
808080808080


ゲームにおける能力はフィオネと同じで、種族値が全て80という微妙なポケモン。
普通に戦闘で扱うのは難しく、見た目の差もありユキメノコへのオファーのほうが(グッズも含めて)多かった可哀想なポケモン。

だが第6世代中期に特性「ムラっけ」を活かした戦術が登場した。
この特性は「ターンの終わりに能力のどれかが2段階上がる代わりに別のどれかが1段階下がる」という博打要素満載の効果で、かつオニゴーリは所有者の中で最も素早い。
オニゴーリ自身能力低下を無視できる「こおりのいぶき」や「ぜったいれいど」を習得できるので、「みがわり」や「まもる」でターンを稼ぎながら戦うことで無限戦法かつ運ゲーという一癖も二癖もある戦術が成り立つ。
上昇する能力は完全ランダムとはいえ戦術としてはバカに出来ない物があり、なんとさかさバトルのレーティングバトルにおいては使用率TOP12位の中に入るレベルになった。
そのためかタイプ相性が劣悪になってしまう通常のシングルバトルでもそれなりに見かけるようになった。

そして第7世代、この特性は弱体化されることなく留まり続けており、目下シングルバトル要注意ポケモンとして名が知られるようになった。
「まもる」や「みがわり」を使ったターンで1回でも回避率上昇を引こうものなら突破がかなり難しくなる。「すばやさ」上昇も先制「みがわり」で攻撃を防がれる可能性を残すためかなり危険。
そして「みがわり」が残ってしまえば後は「ぜったいれいど」を撃ち続けるのみ。

対策としてはみがわり貫通の「すりぬけ」や上昇値無効の「てんねん」、「ハイパーボイス」等の音技が優秀。それがなくても「はどうだん」や「スマートホーン」等の必中技や、「ロックブラスト」等連続攻撃技、「ほえる」や「ほろびのうた」等の流し技で無理やり引かせる等の手段などがある。みがわりも貫通する「スキルスワップ」で「ムラっけ」自体を奪ってしまうのも効果的で、上手くいけば逆に相手をハメてしまうこともできる。使用者がゴーストタイプに限るが「みがわり」を貫通・必中の「のろい」も効果的で、どれだけ能力が上がろうが毎ターン1/4減らせるので引く選択を迫る事も可能。

第7世代以降は「ぜったいれいど」がこおりタイプに無効になり、こおりタイプの突破は厳しくなったのでパルシェンアローラサンドパンで積みの起点にしたり、高速再生技を持ち、「くろいきり」で能力をリセットできるフリージオ等をぶつけるのもあり。

貴重なこおり単タイプで、ゲッターロボっぽいデザインが一部で(ネタとして)人気だったが、ORASにおいてまさかメガシンカが可能になるなんて誰が思ったかプリムのポケモンでメガシンカさせるとすればこいつかトドゼルガしかいなかったのは事実だが)。
もっとも、性能があまりに局地戦向け過ぎるせいで現在でも上記「ムラっけ」戦法が主流になっている。メガシンカが空気な例はこいつ以外にもいはするが

…と、流石に「ムラっけ」型の悪名が高くなり過ぎた為か、第8世代にてバトルディレクターの森本氏直々に弱体化が施されることが確定した。因みにバトルディレクターからその強さについてコメントが出されたポケモンは他にミミッキュカプ・テテフ等がいるが、オニゴーリの強さのベクトルは方向が違うので何とも違和感が…。

そして来るべき第8世代。「ムラっけ」で変化する能力から回避率と命中率が抹消された。当初こそこの調整は微妙扱いされた(回避率に関しては問題ないが上がるのも下がるのも外れ枠だった命中率も抹消されたことで他の能力上昇が狙いやすくなった為)ものの、数ターンで化けることが少なくなり安定しなくなった他、TODの復活等環境の向かい風もあり個体数を大きく減らした。これによりこのポケモンは元のギャンブルポケモンへと戻ることとなった。
因みにこの型に対して数少ない好感を持てる要素として受けループ対策の適正が挙げられていたが、そちらに関しては時間を掛けることが多い故むしろ強化されている。果たして今後はプレイヤーからどのような評価を得ていくのか…。

ポケモンGOでは

2017年12月22日、第3世代ポケモン登場の第2弾として実装された。

野生のオニゴーリがごくごく稀に存在するようだが、基本的にはユキワラシを進化させることで手に入れることになる。
12月前後に発生するイベントで入手できるが、そうでない期間で手に入れようとなるとかなり難しい。天候ブーストも雪なので冬でないと厳しい。
ただし進化前のユキワラシがレイドボスに選ばれることがある(★)上、最近ではフィールドリサーチのタスク報酬にもなっているため、これらを利用して高個体を狙いがてら少しずつ集めるのも手。
また進化前共々色違いが実装されている。とはいえ、ユキワラシと比べると目が赤くなる以外の違いがあまりなかったりするが。

原作通り能力は平坦で、これといった特徴はない。だが貴重なこおりタイプなのでこおり技を覚えさせればドラゴン退治に役立ってくれる…かもしれない。また、CP値があまり高くないことを利用してトレーナーバトル(CP値に上限のあるハイパーリーグやスーパーリーグ)で活躍させてあげるのも良いだろう。
何故かこおり技以外のゲージ技がシャドーボール」「ジャイロボールだったりするが、丸いからだろうか?

ちなみに2019年2月2日にユキメノコが実装された事に伴い、進化に必要なアメの数が従来の50個から100個に増えてしまっている
アメの数が減った例は幾つかあるものの(例:追加進化が実装された事に伴うタッツーシードラ等)、アメの数が増えた例は今回が初である。

アニメ

アニメではユキワラシから進化してサトシの手持ちでもあった。
何気に無敗のポケモンであり、相性で不利なはずのリザードンメタングに、一対一で勝利を得たことすらある。だが登場時期の関係で手持ちにいた時間が短かったため、映画への出演は果たせていない。

DP編では密猟者のポケモンとして登場した(何故かターゲットは、進化前のユキワラシだった)。
その後『ボルケニオンと機巧のマギアナ』でジャービスの手持ちがメガオニゴーリとして初めての映画出演を果たした。この個体での中の人はあばれる君
新無印編の番外編アニメ「オーロラからのメッセージ」では、ロケット・ガチャットの排出ポケモンとして、コジロウが使役した。

このように、サトシ以外のポケモンで登場する時はその風貌からか、悪役として対峙することが多い。
それでも「サトシの手持ちの中では無敗」という所がある為、ネットではアニポケ登場ポケモンの中で上位カーストに位置される事が多い。

関連イラスト

オニゴーリのちょうはつ!
オニゴーリ



オニゴーリ擬人化」として「頭がオニゴーリの人間」が描かれることが多々あり、擬人化という言葉を疑うことも多い。

オニゴーリ♂の擬人化



関連タグ

ポケモン一覧 こおりタイプ

種族値完全同値仲間

ポケモン種族値(同値)
ヒマナッツ30
バルキー35
メタモン48
ユキワラシ50
パッチール60
ポワルン70
オニゴーリフィオネ80
シルヴァディ95
ミュウセレビィジラーチマナフィシェイミ(ランドフォルム)・ビクティニ100
アルセウス


ブラックゲッター 真ゲッター1 ゲッターロボ ギニュー
こおりおに(恐怖の!こおり鬼。『それいけ!アンパンマン』に登場する氷の怪物)

舛添要一:見た目が似ているのではないかと一時期ネットで話題となった。

関連記事

親記事

ユキワラシ ゆきわらし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オニゴーリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 475815

コメント