ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エルレイド

えるれいど

エルレイドとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ編集

全国図鑑No.0475
シンオウ図鑑No.160
セントラルカロス図鑑No.067
ガラル図鑑No.123
ヒスイ図鑑No.104
パルデア図鑑No.065
ローマ字表記Erureido
ぶんるいやいばポケモン
タイプエスパー/かくとう
たかさ1.6m
おもさ52.0kg
せいべつ100%♂
特性ふくつのこころ/きれあじ(第9世代より)/せいぎのこころ隠れ特性
タマゴグループふていけい/ひとがた(第8世代より)

各言語版での名称と由来編集

言語名称由来
日本語エルレイドearl(英語で伯爵)+elbow(英語で肘)+blade(英語で刃)
英語・スペイン語・イタリア語Galladegallant(勇敢な)+blade(刃)
ドイツ語Galagladigalant(勇敢な)+Gladiator(剣闘士)
フランス語Gallamegallant(英語で勇敢な)+lame(刃)
韓国語엘레이드日本語名の音写
中国語艾路雷朵日本語名の音写

進化編集

Relaxingメガ進化

ラルトスキルリア(Lv.20)→サーナイト(Lv.30) →メガサーナイトメガシンカ、サーナイトナイト)/エルレイド(「めざめいし」使用・♂限定) →メガエルレイド(メガシンカ、エルレイドナイト)


概要編集

『ポケットモンスター ダイヤモンドパール第4世代)で初登場したポケモン。第4世代で新たに進化系統が増えたポケモンの1匹。

キルリアの「めざめいし」を使用すると進化し、タイプ2がかくとうタイプとなる。


進化前と同様、人間に近い容姿をしたポケモン

男性的な外観で、両肘に刃物のような突起が付いている。突起は自由に伸縮可能。

体格も華奢な外見であったサーナイトと比べるとバランスが取れたものとなっており、足腰もしっかりしている。このため、サーナイトとは異なり、長距離を移動する際には走って移動する

ちなみに足元は足袋のようにも見え、下記設定を含め和のテイストが強く出ている。

名前の由来は恐らく「エル(エルニーニョ:スペイン語で男の子またはエルボー:英語で肘)+レイド(ブレイド:英語で刃)」であろうか。


礼儀正しいポケモンで、居合の名手でもある。誰かを守ろうとした際に、肘を伸ばしての様にして激しく戦う。しかし、下手に力を乱用することはなく、誰かを守る戦いでのみ、肘の刀の力を解放するという

また、相手の考えを敏感にキャッチするため、相手より先に攻撃することが可能。


サーナイトと同様に図鑑には野生での生態が書かれていない。石で進化する場合もあり、サーナイトと同じく人間環境下でのみ進化するポケモンかと考えるプレイヤーもいたが、ガラル地方ワイルドエリアヒスイ地方パルデア地方キタカミの里ではサーナイト同様に野生の個体と遭遇できる。


同世代で登場した技サイコカッターと一番似合っているポケモンであろう。Pixivに於いて「サイコカッター」のタグが付いたイラストの多くがエルレイドで占められている。

ゲーム上の特徴編集

サーナイト同様、ひ弱であったキルリアより一気に強くなり、頼もしいポケモンとなった。

能力HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計値
エルレイド68125656511580518
サーナイト68656512511580518

サーナイトの「こうげき」と「とくこう」の種族値を入れ替えたステータスをしている。

エスパータイプのポケモンとしては珍しく「こうげき」の方が「とくこう」より高い。

チャーレムメタグロスなどと並び貴重な物理エスパーである。

加えて「とくぼう」もかなり高く、弱点タイプの特殊技も高確率で耐えることが可能。


ラルトス一家の例に漏れず、多種多様な技を覚える。

攻撃技候補としては、タイプ一致の「インファイト」「ドレインパンチ」「サイコカッター」などを軸に、「ストーンエッジ」「れいとうパンチ」「リーフブレード」など。チャーレムと異なり「つじぎり」や先制技「かげうち」があるためエスパー・ゴースト相手でも止まらない。


補助技候補としては、「でんじは」「あやしいひかり」「みちづれ」「つるぎのまい」「ビルドアップ」「ちょうはつ」などが挙げられる。

特に、手間を掛ければ「さいみんじゅつ」「くろいまなざし」「みねうち」を全て覚えられるので捕獲要員としても役立つ。

また、ORASで新たに「ファストガード」「ワイドガード」を得て、「フェイント」「てだすけ」などと組合わせて複数戦サポート要員にも名乗りを挙げた。


ただし、タイプ上では「エスパー / かくとう」と「かくとうに強いかくとう」ではあるが、サーナイト同様「ぼうぎょ」が低く、物理技が大半のかくとう技を受けるのにも限度はあるので注意が必要。


隠れ特性はサーナイトと違い「せいぎのこころ」である。あくタイプ技を受けると攻撃が上がるという優秀な特性であるが、他の多くの「せいぎのこころ」持ちと異なりあくタイプの技を軽減することができない。「ぼうぎょ」も低いため余り受け続けられないのが難点(流石に「ふくろだたき」でやられるようなことはないと思うが……)。

それでも通常特性「ふくつのこころ」よりかは優秀で、「ふいうち」を撃たれづらくなるという点は大きいのでメガシンカさせずに使用するならこちらで厳選しても良いであろう。

「せいぎのこころ」が一度でも発動すれば後述する第2特性「きれあじ」対象外の技も強化できるので、爆発力の高さではこちらの方が高い。


世代毎の変遷編集

剣盾』ではメガシンカを失ったが、DLC『鎧の孤島』では新たに「トリプルアクセル」を習得した。


LEGENDSアルセウスでも続投した。

今作の新規習得は「きあいだめ」と「れいとうビーム」。

前者は「サイコカッター」や「リーフブレード」で確定急所が狙えるようにはなった。

後者は特攻の低いエルレイドにはミスマッチ。

せめてサーナイトが貰えた「じこさいせい」を覚えられたら…

その他LEGENDSアルセウスにはオヤブン個体のエルレイドがキッサキ神殿奥に出て来る。

ストーリー上必ず通る位置にいるので、門番といった立ち位置か。

だが足が異常に速く、キッサキ神殿ではライドが使用不可で、戦闘もレベルがかなり高いので一筋縄ではいかない。

その分仲間にした際の恩恵もとても大きく、ヒスイクレベースに4倍弱点を突けたり、「さいみんじゅつ」と「みねうち」を活かした捕獲要員としても重宝する(LEGENDSでは状態異常技を覚えるポケモンが絞られており、みねうちと催眠技を両立可能なポケモンはエルレイドしかいない)。

捕獲は難しいが自信がある人はやってみよう。


SVでは念願の第2特性として切断系技威力が上がる「きれあじ」を獲得、さらに「せいなるつるぎ」と新技「アクアカッター」を習得した。特に前者はこれまで最高打点であった「インファイト」の威力120よりも高く、デメリットなしで使用することができるようになった。「きれあじ」の対象技も多く、豊富な切断技を思う存分に活かせるようになった。

この特性の威力倍率は1.5倍とかなり高く、エルレイドの攻撃性能を大幅に底上げしてくれる。メインウェポンとなる「サイコカッター」は威力105、「せいなるつるぎ」に至っては威力135の高火力。他2つの特性が汎用性にやや欠けるため、基本的にはこの特性を採用することとなるであろう。

タイプ一致技以外の対象技は、「きりさく」(ノ70→105)、「アクアカッター」(水70→105

)、「つばめがえし」(飛60→90)、「リーフブレード」(草90→135)、「シザークロス」(虫80→120)、「れんぞくぎり」(虫40→60)、「つじぎり」(悪70→105)の7つ。

その火力たるや、A特化こだわりハチマキ型でテラスタイプくさ状態の「リーフブレード」であればHB特化ヘイラッシャですら、「ステルスロック」のダメージ→「たべのこし」による回復→「リーフブレード」の順で入った場合、それら込みで確定1発になるのである。

余談ではあるがメガエルレイドしねんのずつきよりもきれあじエルレイドのサイコカッターの方が威力を出せ、ちからのハチマキを持たせればせいなるつるぎでメガエルレイドのインファイトに匹敵するダメージを出せる。現時点でメガエルレイドを使用できないため意味がない比較ではあるが。


更には新たな姿も……?


シーズン4辺りになると「きあいのタスキ」型がテツノツツミハバタクカミテツノドクガに対面勝ちする上にHAベースのセグレイブにも有利なことから一部で需要を得ている。


レギュレーションCになると四災にかくとうで一致抜群を突ける上にどくテラスタルをしてもエスパーでやはり一致抜群を取れることから使用率が回復。その決して狭くない技範囲より様々なタイプのテラスタルが採用されており、型の読みにくさも活躍の要因といえる。低い物理耐久を補う「きあいのタスキ」は当然の事、素早さを増強する「こだわりスカーフ」やそこそこの特殊耐久を活かした「とつげきチョッキ」を持たせた型も一定数存在する。「サイコカッター」、「つじぎり」、「リーフブレード」と悉く主力技が急所に当たりやすい技なので「ピントレンズ」型も根強い。


DLC藍の円盤ではトリプルアクセルを再習得し、環境トップのカイリューへの打点を手に入れた。また、レギュレーションFで解禁されたブリジュラスに対してはタイプ相性で有利な上、せいなるつるぎでじきゅうりょくによる防御上昇を無視しながら戦える点が評価点。


テラスタイプは基本的に主力技のいずれかを強化可能なタイプなら何でも使用されるが、パーティ補完になりやすいはがね、フェアリー、ゴーストテラスタルも需要が高い。


使用トレーナー編集

ゲーム版


アニメ版


漫画版


番外作品編集

ポケモン不思議のダンジョン編集

『探検隊』以降レイダースという探検隊のリーダーとなっている。他メンバーはロズレイドドサイドン

だが彼らは物語終了後ダグトリオを救出したところにちらっと出て来るだけで、どういう存在なのかは一切不明。


ポケモン+ノブナガの野望編集

ケンシンのパートナー。技は「サイコカッター」で、正面2マス攻撃。

「敵に回すと厄介、しかし味方とすると心強い」という性能ではあるが、ケンシンミュウツーを手にしてしまうとお留守番が多くなりがち。

ただしエスパータイプ唯一の「ししふんじん」持ちなので、一度特性が発動すれば強い。


ポケモンGO編集

  • 2019年2月1日、満を持して実装された。キルリア♂からの進化方法は「ラルトスのアメ100個+『シンオウのいし』」というもの。シンオウの石は現在のところフィールドリサーチの「大発見」(7日達成ボーナス)やトレーナーバトルの報酬などでしか入手方法がなく、非常に稀少。エルレイド以外にも進化先が沢山いるので使用は慎重に。
  • 性能はというと、かくとうタイプとしてはそれなりの性能といったところ。最大CPは高く3000を超える。技は通常技が「ねんりき」「けたぐり」「あまえる」(2019年7月追加)「サイコカッター」’2024年3月追加)の4つ。ゲージ技は「サイコキネシス」「インファイト」「リーフブレード」「シンクロノイズ」(限定技)の4つと多彩。
  • 通常技に「けたぐり」や「サイコカッター」があるため発生が早く、ジム・レイド攻略においては相手の技を避けやすい。かくとうゲージ技は「インファイト」しか覚えられないため、かくとうポケモンとしては現状カイリキールカリオローブシンに一歩劣っていると言わざるを得ない。ただ、「インファイト」は発生が早いため相手の攻撃を避けやすいという利点があり、小回りを重視するなら採用の余地がある。PvPでもゲージ消費量が少なくて済むため、高ランク帯では意外に重宝されることも。
  • エスパー複合故にジム防衛要員としてポピュラーなラッキーハピナスが使用してくる可能性がある「しねんのずつき」「サイコキネシス」といったエスパータイプの技を等倍で抑えられる。しかし「マジカルシャイン」を覚えていた場合はどうにもならない。
  • 一方、エスパータイプとして見た場合、通常技で「ねんりき」「サイコカッター」、ゲージ技で威力90の2分割ゲージ技である「サイコキネシス」を覚えられるので、それなりには使える。また、コミュニティ・デイ等のイベントで不定期に限定技として威力80の半分ゲージ技である「シンクロノイズ」を習得可能。ジム戦やレイドではただの「サイコキネシス」の劣化版にしかならないが、PvPでは追加効果こそないものの「サイコキネシス」よりも少ないチャージ量で技を放てるメリットがあるので、その点では差別化できている。
  • 「あまえる」は技の威力こそ高いものの、ゲージを溜めにくく硬直時間も長めであるため扱いづらい。一応かくとうタイプでは唯一の追加で、数多くいるドラゴンタイプへの牽制にはなるが、自らの弱点に対抗できるわけではない上にサーナイトと異なりタイプも不一致のため使いどころが難しい。ジム防衛でかくとう対策として使う場合に出番があるかどうかといったところ。
  • ジム防衛に視点を向けるとサーナイトがジム防衛で高く評価されているからかこちらも優秀。サーナイトと比べると対かくとうはあちらに軍配が上がるものの、耐性はサーナイトと異なり弱点もひこうゴーストフェアリーの3つと少なくジム攻略でメジャーなメタグロスに弱点を突かれないため棲み分けは十分できている。
  • また、GOバトルリーグのプレミアカップ(CP2500以下)では活躍が見込める。このルールは伝説および幻が使えないルールなのだが、
  • と追い風であり、格闘タイプの中でもカイリキーやニョロボンに並ぶ高評価を得た。ただ、フワライドトゲキッスに弱いのは注意が必要。耐久面もあまり過信しないように。

アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集

  • 劇場版『ディアルガVSパルキアVSダークライ
    • アラモスタウンのゴーディの庭園を見回っているポケモンで、庭園でサトシ達を案内していたアリスに異変を知らせに来た。
  • ノゾミのエルレイド
    • DP155話でキルリアであったが、シンオウグランドフェスティバルではエルレイドに進化。ニャルマーとペアを組みヒカリと対戦。ヒカリのポッチャマトゲキッスと激戦を繰広げ、見事に優勝を飾った。
  • XY51話
    • 劇団の主演ポケモンであったが、リハーサル中にブルーがダークルチャブルに虐められてると勘違いしたサトシが助けようとサトシのピカチュウの電撃を放ってしまったため、飛び込んだ際に脚を捻挫してしまう。作中では松葉杖をしている姿が見れる
  • ジンゴロウのエルレイド
    • XY85話で木の名医ジンゴロウのポケモンで登場し、セレナテールナーの思いを知るために勝負する。途中ロケット団の妨害があったが、撃退後にヤンチャムから貰った新たな枝を得たテールナーと再戦した。
  • リントのエルレイド
    • 新無印51話からリントのパートナーで登場。ゲンバのドテッコツとの公式試合後、リントが半ば浮かれていたサトシたちに釘を指すように助言し、サトシのカモネギと対戦。カモネギの攻撃を全て軽々とかわして「みねうち」の一撃で満身創痍にしている。
    • 第60話で再登場し再戦。騎士道の館で成長したカモネギを圧倒するも、サトシへの信頼と根性によりカモネギから3回連続の急所攻撃を受け、更に進化を果たしたネギガナイトと接戦の末、敗れた。
  • 特別編「最強メガシンカAct2」
    • イメージのみ登場。
  • 劇場版「氷空の花束
    • アバンのみ登場

漫画版編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

  • サファイアのきるる
    • 性別:♂️・特性:ふくつのこころ↔️せいしんりょく
    • 性格:まじめ・個性:こうきしんがつよい
    • 第13章に登場したサファイアの新しい手持ち。
    • サファイアはサーナイトに進化させるつもりだったが、ルビーのRURUと共に進化する直前にサファイアが蹴った偶然落ちていた「めざめいし」に触れた事でエルレイドに進化してしまった(その際、トレーナーの性別と真逆ながら性質は一致しているとエメラルドにからかわれた)。
    • 流星の民のおばば様から「エルレイドナイト」を貰ったが、初めて使用したのはルチアに嫉妬した事によるルビーとの喧嘩の時であった
〈サファイアの手持ち〉
どらら (ココドラコドラボスゴドラ♂️)
ちゃも (アチャモワカシャモバシャーモ↔️メガバシャーモ♀️)
ふぁどど (ドンファン♂️)
えるる (ホエルオー♂️)
とろろ (トロピウス♂️)
じらら (ジーランス♂️)
きるる (キルリア→エルレイド↔️メガエルレイド♂️)

  • 8章:コクランの主力ポケモンで登場。プラチナが挑戦したフロンティアブレーン戦では多彩な技を駆使してプラチナのギャロップとミミロップを倒しており、プラチナはその強さに勝負を諦めかけるほどであった。

関連イラスト編集

エルレイド詰め落書きエルレイド

キリキザンvsエルレイドエルサナ


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン DPt BDSP

ポケモン一覧 エスパータイプ かくとうタイプ

ラルトス キルリア サーナイト テツノブジン


0474.ポリゴンZ0475.エルレイド(メガエルレイド)→0476.ダイノーズ


同複合タイプ編集

メガミュウツーX

アサナン/チャーレム


♂️しかいないポケモン編集

ニドラン♂/ニドリーノ/ニドキング ケンタロス

バルキー/サワムラー/エビワラー/カポエラー

バルビート ラティオス

ガーメイル ダゲキ ナゲキ

ワシボン/ウォーグル トルネロス ボルトロス ランドロス

ベロバー/ギモー/オーロンゲ


「武士」「騎士」繋がり編集

ダイケンキ/シュバルゴ/ネギガナイト


「剣」「切る」繋がり編集

ストライク/キリキザン/ギルガルド/カミツルギ/ザシアン/ソウブレイズ


第4世代追加進化編集


CPタグ編集

エルサナ メガエルサナ

関連記事

親記事

キルリア きるりあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18823485

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました