2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第1世代
いりょく70
PP20
めいちゅう100
タイプノーマル
わざ分類ぶつり
攻撃範囲相手1匹
直接攻撃
効果急所に当たりやすい
英語名Slash


概要

初代から存在する技。ひっかくのほぼ上位互換といったところである。鋭い爪や刃で文字通り相手を切り裂いて攻撃する。「切り裂く」だけあってかツメを持ったポケモンの習得が多い。

クレセリアのようにあの頭で切り裂いていそうなポケモンもいる。
あのカモネギもタイプ一致で使える。そしてやっぱりダグトリオも覚える

威力こそ70とあまり高くないが、初代では急所の発生率が素早さに依存していたため、素早さの種族値が一定値以上あるポケモンが使えば必ず急所に当たる(実質威力140)というとんでもない技だった。リザードンに使わせて無双したプレイヤーも多いかもしれない。毎ターン使える疑似はかいこうせん(しかもPP20)とまで称されたほど。
(俊足ポケモンでなければ使いこなせないイメージがあるが、実際は素早さ種族値64以上で確定急所になるため、サンドパンなどあまり素早くないポケモンでも主力にできた)

対戦では威力150の「はかいこうせん」の存在からあまり採用されることはなかった。
ただポケモンスタジアム2ではかいこうせんが弱体化してからは、この技とのしかかりが代わりに使われるようになった。タイプ一致でこの技を扱えるペルシアンの採用率が上がるなど、環境にも少なからず影響を与えた。

第2世代でははかいこうせんが弱体化してこの技の価値が上昇するかと思われたが、急所の仕様が変更された為、採用率が逆に低下した。
同世代では安定したおんがえしが登場したのとすてみタックルの強化された事で安定しない急所を狙うよりこれらの技を使った方が安定してダメージが与えられるからである。
更に第6世代では急所の倍率が2倍から1.5倍に下げられ、急所に当てても最大威力の「おんがえし」と大差ない威力になった。

特性・きょううんピントレンズを活かして急所を狙う戦法で使われる事はある。
ただ一致で狙えるポケモンがあまり多くなく、第6世代で急所の仕様変更もあった為、わざわざ「きりさく」で狙う意義が無いのも現状である…。

ポケモンカードゲームでは

低火力・追加効果なしのダメージ技として存在。
序盤の補助技やわるあがきの意味合いが強いか(反動は無い)。

関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵
サイコカッター つじぎり シャドークロー クロスポイズン

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「きりさく」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「きりさく」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312675

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました