ピクシブ百科事典

サンドパン

さんどぱん

サンドパンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.028
英語名Sandslash
ぶんるいねずみポケモン
タイプじめん
たかさ1.0m
おもさ29.5kg
とくせいすながくれ / すなかき(隠れ特性)


進化

サンドサンドパン(Lv.22)

サンド+パン



概要

サンドがレベル22で進化するポケモン。バージョンによっては野生でも生息している。

名前の由来はおそらくサンド+パンゴリン(センザンコウ)。
ねずみポケモンだが、センザンコウやアルマジロに近くあまりネズミっぽくない。
センザンコウは、昔はアルマジロやアリクイなど貧歯目(現在ではアルマジロは被甲目、アリクイは有毛目に分けられている)に分類されていたが、食肉目(猫や犬などを含むグループ)に近いということがわかっている。
他にハリネズミ目(旧来の食虫目はハリネズミ目とトガリネズミ目に分割)のハリネズミ齧歯類ではヤマアラシがモデルに入ってると思われる。

デザインがかっこよくもあり可愛くもありと案外サンドパンのファンは少なくはない。
進化して欲しいような、しかし進化して変なデザインにならないか心配されているポケモンである。

初代は必殺「きりさく」で猛威を振るったが、以降世代を追うごとに周りが強くなり埋もれ気味になった。
結構器用なのだが普通の物理型をやらせても劣化扱いされがちで、素早さも中途半端。
その上昔は自力で強力なじめん技を覚えられなかったが、『BW2』以降「マグニチュード」「じしん」などを自力習得できるようになっている。

特性は「すながくれ」しかなかったが、第5世代で「すなかき」を入手。
中途半端だったすばやさを一気に強化でき、また同特性持ちが少ない(じめん単タイプでは唯一)こともあって独自のアイデンティティを手に入れた。
現在ではこの「すなかき」を中心にしたアタッカーとしての採用が主。ドリュウズとの違いはタイプ耐性や「いかりのまえば」「はたきおとす」など。

なお、背中に立派なハリがあるが、これを活かしていると思われる技は「どくばり」くらいしかない。

主な使い手


リージョンフォーム

アローラサンドパンちゃん!


基礎データ

タイプこおり/はがね
たかさ1.2m
おもさ55.0kg
とくせいゆきがくれ / ゆきかき(隠れ特性)

ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたサンドパンの姿。
アローラサンドパン

ポケモンGO

GO子アレンジ


進化前であるサンドの出現率がやや低めなので、必然的にサンドパンの入手も少々困難な部類に入る。

じめんタイプの中では中堅的なポジションであり、ダグトリオガラガラよりかは強力だが、ゴローニャサイドンには及ばない…といったところ。それでも最大CPは2300前後とそこそこのところまではいくので、じめんタイプの数が足りない時の穴埋めとしては十分使える。技も通常技で出の早い「マッドショット」、ゲージ技で「じしん」「じならし」といったタイプ一致の強力な技を覚えられるので扱いやすい。

レイドボス

2017年11月5日以降はレイドボスとしても抜擢される。
ランクは★★なので、ソロでも攻略は可能。
防御力がやや高めだが、弱点を付けるみずくさこおりタイプのポケモンを中心にPTを組めばそこまで苦労はしないだろう。

関連イラスト

サンドパン
すながくれ



関連タグ

ポケモン一覧 じめんタイプ
ポケモン RGBP FRLG

pixivに投稿された作品 pixivで「サンドパン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 656150

コメント