ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サンドパン

さんどぱん

サンドパンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0028
カントー図鑑No.028
ジョウト図鑑No.049
ホウエン図鑑No.113
イッシュ図鑑No.114
マウンテンカロス図鑑No.098
アローラ図鑑No.329
ヨロイ島図鑑No.169
キタカミ図鑑No.117
ローマ字表記Sandpan
ぶんるいねずみポケモン
タイプじめん
せいべつ50%♂・50%♀
たかさ1.0m
おもさ29.5kg
特性すながくれ/すなかき(隠れ特性)
おとしものサンドのツメ
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語サンドパンsand(英語で砂)+pangolin(英語でセンザンコウ)
英語・スペイン語・イタリア語Sandslashsand(砂)+slash(切りつける)
ドイツ語SandamerSand(砂)
フランス語Sablaireausable(砂)+blaireau(アナグマ)
韓国語고지고슴도치(goseumdochi、ハリネズミ)+두더지(dudeoji、モグラ)
中国語穿山王穿山甲(chuānshānshǔjiǎ、センザンコウ)+王(wáng)
ロシア語Сэндслэш英語名の音写
ヒンズー語सैंडस्लैश英語名の音写
タイ語แซนด์แพน日本語名の音写
ヘブライ語סנדסלאש英語名の音写
リトアニア語Žvyrius英語名より

進化

サンドとサンドパン

初期最終
サンドサンドパン(Lv.22)

リージョンフォーム

こおり

基礎データ

タイプこおり/はがね
たかさ1.2m
おもさ55.0kg
特性ゆきがくれ/ゆきかき(隠れ特性)

サン・ムーン』から登場する、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたサンドパンのアローラのすがた。→アローラサンドパン


概要

第1世代『赤・緑』から登場。サンドがレベル22で進化するポケモンで、バージョンによっては野生でも生息している。

砂漠や荒地に生息。皮膚が硬くなったトゲや爪で身を守っており、体を丸めて防御や逃走、攻撃に加え日射病を防ぐ事に活用するなどオールラウンダーな凄いやつ。また、これらの部位を欠損してもすぐに生え変わる。

また、森林の生活にも適応しており、爪を使っての木登りも得意で、敵からの襲撃を防ぐ為に寝床にしたり、木の上から丸まった姿で奇襲する辺り、かなりの頭脳派。


爪やトゲは農具に加工されるらしく、ここからじめんタイプらしい地面を掘り進む能力にも優れている事が窺える。脚もそれなりに早く、砂地を走り回って砂煙を起こすといった芸当もできる。


名前の由来はおそらくサンド+パンゴリン(センザンコウ)。漢字表記では「穿山王」とかっこいい表記になっている。ねずみポケモンだが、センザンコウやアルマジロに近くあまりネズミっぽくない。センザンコウは、昔はアルマジロやアリクイなど貧歯目(現在ではアルマジロは被甲目、アリクイは有毛目に分けられている)に分類されていたが、食肉目(猫や犬などを含むグループ)に近いということがわかっている。他にハリネズミ目(旧来の食虫目はハリネズミ目とトガリネズミ目に分割)のハリネズミ齧歯類ではヤマアラシがモデルに入ってると思われる。ちなみに、フランス語だと「Sablaireau」(スナ+アナグマ)と表記している辺り、アナグマと認識されているらしい。

名前にちなんでサンドイッチを食べているネタや一日三食パンを食べていると言うネタを公式から投下された事がある。後年、本当にサンドイッチが作れるようになってしまったが肝心のサンドパンと進化前は不在であった…


デザインが格好よくもあり、可愛いくもあるので、一定のファンがいる。進化して欲しいような、しかし進化して変なデザインにならないか心配されているポケモンである。


ゲームでの特徴

初代FRLGピカブイ

  • 第1世代では進化前のサンド共々、アーボアーボックとで出現するバージョンが異なっていた。サンドとサンドパンは『緑』『青』『ピカチュウ』で、アーボとアーボックは『赤』でのみ野生で出現していたため、図鑑を満たすためには出現するバージョンで捕獲した個体と交換する必要があった。
  • 『ピカブイ』でもサンドが『Let's Go!ピカチュウ』版のみ登場する。


  • ストーリーにおいては、ピカチュウバージョンのみグリーンの手持ちで登場。

金銀クリスタルHGSS


  • 金銀のリメイク版である「HGSS」では、両バージョン共にジョウト地方のサファリゾーンに出現するようになっている。

RSEORAS


DPtBDSP


BWBW2


XY


SMUSUM


ソード・シールド


スカーレット・バイオレット


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代7510011055-※65405
第2世代以降75100110455565450

※第1世代での「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた


  • 初代は「きりさく」「つるぎのまい」アタッカーとして99カップを主戦場に活躍したが、世代を追うごとに環境に置いていかれ不遇ポケモンとなってしまった。普通に物理型をやらせても劣化にしかならず、素早さも中途半端。おまけに昔は自力で強力なじめん技を覚えられなかった(『BW2』以降から「マグニチュード」「じしん」などを自力習得できるようになっている)。

  • 特性は「すながくれ」。しかし特筆すべきは第5世代で手に入れた「すなかき」である。中途半端だったすばやさを一気に強化でき、この特性を持つポケモンは少ない(じめん単タイプでは唯一)ので、サンドパンのアイデンティティとなっている。そのため現在ではこの「すなかき」を中心にしたアタッカーとしての採用が主流。



使用トレーナー

ゲーム版

※1 『ピカチュウバージョン』のみ

※2 『BW2』

※3 『ポケモンスタジアム金銀

※4 ポケモンマスターズのバディーズ


アニメ版

  • ユウジ(無印141話)
  • エリコ(無印204話)
  • シンタロー(無印219話)
  • ダツラ(AG135話)
  • コジロウ/ロケット・ガチャット(新無印52話)
  • ソラオ(ミュウツーの逆襲)

漫画版


番外作品

ポケモンGO

GO子アレンジ

  • 進化前であるサンドの出現率がやや低めなので、必然的にサンドパンの入手も少々困難な部類に入る。じめんタイプの中では中堅的なポジション。ダグトリオガラガラよりは強力だが、ゴローニャサイドンには及ばない…といったところ。それでも最大CPは2300前後とそこそこのところまではいくので、じめんタイプの数が足りない時の穴埋めとしては十分使える。技も通常技で出の早い「マッドショット」、ゲージ技で「じしん」「じならし」よりも火力と速さに優れた「ねっさのだいち」といったタイプ一致の強力な技を覚えられるので扱いやすい。

  • レイドボス
    • 2017年11月5日以降はレイドボスとしても抜擢。ランクは★★なので、ソロでも攻略は可能。防御力がやや高めだが、弱点を突けるみずくさこおりタイプのポケモンを中心にPTを組めばそこまで苦労はしないだろう。

ポケモンマスターズ

  • ナナセ&サンドパン
    • なんと「観光案内 メイっぱい!」のクリア報酬として女性のかんこうきゃくのナナセがプレイアブルキャラクターとして実装され、そのバディとして登場した。

  • 主人公&サンドパン
    • タマゴイベントの報酬であるタマゴから孵化したサンドを主人公のバディにでき、進化させる事ができる。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • ソラオのサンドパン
    • 劇場版ミュウツーの逆襲のゲストキャラの手持ちとして登場。手持ちでは動きが一番鈍いためにすぐ捕まってしまうがサトシに救出される。

  • 無印71話
    • ミヤザキやまの一際大きい個体のイワークに挟まっていた。それがイワークが暴れている理由であり、シバによって巨大イワークと共に助けだされる。

  • ユウジのサンドパン
    • 無印141話でサトシとヒノアラシの取り合いになったユウジの手持ちとして登場。「すなかけ」や「スピードスター」で攻撃しないヒノアラシに襲い掛かる。しかし木に爪を引っ掛けて動けなくなった時に頭上からヒノアラシが体当たりをかまして気絶した。

  • 無印204話
    • 岩山にトンネルを掘っていたエリコの手持ちとして登場。

  • シンタローのサンドパン
    • 無印219話では銀岩島でしか取れない銀岩石から銀色の羽根を作れる職人シンタローの手持ちが登場。シンタローの幼なじみであるユリコに渡す本物の銀岩石で出来たブローチを作る時に磨きの作業を手伝った。ブローチをロケット団に奪われた時ロケット団の攻撃を「すなあらし」で防ぎ、「スピードスター」でアーボック達を攻撃した。ユリコに告白できずにいるシンタローの足を踏みつけて告白させている。

  • AG135話
    • ダツラの手持ちと思われる個体が登場。

  • DP8話
    • ロケット団の偽ジム・ポワゾジムに挑戦に来た少年トレーナーの手持ちとして登場。サンドパンを使ってジムリーダーのプリンセス・ポワゾン(ムサシ)のグレッグル(後のタケシの手持ち)と対戦するがどくづきの一撃で敗れてしまい、ムサシ達がポケモンをジムに預ければもっと強くすると言われ預けられてしまう。ロケット団がやられた後は返された模様である。

  • 新無印52話
    • ロケット・ガチャットで排出されたポケモンで登場し、コジロウが使用。モグリューと共にドリルライナーで地中に潜ったダグトリオを攻めたが、じならしによって返り討ちにされた。

その他


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 3章にてエンテイに助けられうずまき島で意識を取り戻したゴールドシルバーの前に大集団で襲撃。実はルギアが表れた事で我を忘れるほどに大慌てで避難していた。その途中でゴールドとシルバーにボコボコにされたが
  • 4章ではマグマ団の下っ端の手持ちとして登場している。

関連イラスト

サンドパンすながくれ

サンドパンズバァ!


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RGBP FRLG LPLE

ポケモン一覧 じめんタイプ


0027.サンド(アローラサンド)→0028.サンドパン(アローラサンドパン)→0029.ニドラン♀


関連ポケモン等

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1609727

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました