ピクシブ百科事典

おつきみやま

おつきみやま

カントー地方に存在するニビシティとハナダシティをつなぐ山。
目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズのカントー地方のニビシティハナダシティの中間に位置する山。3ばんどうろ4ばんどうろを経由する。英語名はMt.Moon。
入り口付近にはポケモンセンターがあるが、どの世代でもそらをとぶのショートカットエリアには含まれない。

名前の通りとの関連性が深く、つきのいしが入手出来たり、低確率で野生のピッピが生息していたりする。しかしもっと先に進むとコインで楽に入手できるため実際はそこまでプレミア感はないのだが…

世代ごとのおつきみやま

第1世代

意地の悪いNPCが3ばんどうろを塞いでいるためタケシに勝たないと先に進めない。
山なので、一応やまおとこもいるが一人だけしかいない。またピッピ目的で来たのか女性トレーナーも複数いたりする。

「洞窟内部には古代ポケモンの化石がある」という噂を聞きつけ、ロケット団員が紛れ込んでいる。一部団員とは強制戦闘となるため、プレイヤーはここで初めてロケット団の存在を知る事となる。

ロケット団との戦いを終えて最奥部に進むと今度は見つけた化石を二つともネコババしようとするりかけいのおとこが強制的に勝負を仕掛けてくる。手持ちポケモンはベトベタービリリダマドガース。勝負に勝つとかいのかせきこうらのかせきのどちらかをもらえる。

相手はそう強いわけではないのだが、とにかくドガースのスモッグが厄介。
勝負に勝ったとしてもこの技を食らって追加効果を発動されていると手持ちのポケモンに毒を残されるという最悪の置き土産をされた状態で洞窟を出る事となる。さらにロケット団との連戦で手持ちの体力が弱っている事やハナダシティまでをつなぐ4ばんどうろも結構長い事から、ポケモンのHPや手持ちの数次第ではハナダのポケセンにたどり着くまでに毒でポケモンが力尽き強制ゲームオーバーになる可能性も有る。マジ外道。もしものためにどくけし位は持って行ったほうがいいかもしれない。

ピカチュウ版ではりかけいのおとこがムコニャに変わっている。相変わらずコジロウ枠でドガースがいるが、出現ポケモンが大幅に改良され強いポケモンが入手しやすくなっているためまだマシな方。

第二世代

容量の都合上かダンジョンは非常に狭くなり、二つの山が連なる形に変化。山と山の間にはおつきみやま広場があり、隣には朝昼限定営業の店が開店している。

ストーリーの関係上来るのは終盤。初めにここに来た時入り口付近でライバルから6度目、シナリオ上は最後の勝負を挑まれる事となる。以後はポケモンリーグ前で隔週でのバトルに。

月曜日の夜の時間帯のみ(月曜0時を境にした夜中ではない)広場でピッピが踊っている可愛らしい儀式を見る事ができる。途中で気付かれて逃げてしまうものの、ピッピたちが去った後の岩場をいわくだきで壊すとつきのいしが手に入る。この時いわくだきを覚えたポケモンを連れていないとつきのいしが入手できないので注意。取りに戻るといわくだきの岩が消えてしまう。
また、この世代から「もちもの」の概念が登場したため、野生のピッピの一定確率でのもちものにつきのいしが設定された事で、上述の儀式含めつきのいしの無限回収が手間こそかかるものの可能となった。

なお、クリスタルバージョンのみ夜限定で3・4ばんどうろにもピッピが出現する。

第三世代

初代リメイクのFRLGで登場。だいたい初代と同じであるが、フロアごとの出現ポケモンが一部変更されている。
例として、出口付近のフロアにはパラスしか出現しなくなった。
そのパラスは技マニアから技を教えてもらうために必須なおおきなキノコ(ちいさなキノコ)を所持している事、基礎ポイント攻撃+1のため、キノコ回収と攻撃努力値稼ぎ目的でポケモン廃人から絶好の努力値狩りスポットにされた。

第四世代

金銀リメイクのHGSSで登場。こちらもこれといった変化はないが、ピッピの儀式でつきのいしを入手するのにいわくだきが必要なくなっている。
また、例に漏れずホウエンサウンドやシンオウサウンドを使う事で他の地方のポケモンが飛び出してくる事がある。

関連タグ

ポケモン カントー RGBP GSC FRLG HGSS
ピッピ(ポケモン) つきのいし
ロケット団 化石ポケモン オムナイト カブト
パラス 基礎ポイント ポケモン廃人 おおきなキノコ
イワヤマトンネル

pixivに投稿された作品 pixivで「おつきみやま」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2043

コメント