ピクシブ百科事典

ピッピ(ポケモン)

ぽけもんのぴっぴ

ピッピとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.035
英語名Cleairy
ぶんるいようせいポケモン
タイプノーマルフェアリー(第六世代より)
たかさ0.6m
おもさ7.5kg
とくせいメロメロボディ/マジックガード/フレンドガード(隠れ特性)


進化

ピィピッピ(なつき進化)→ピクシー(つきのいし)

ピッピ。



概要

赤緑においてはファンシーポケモンの代表格として、ピカチュウプリンと共にファンシー御三家と称されていた。
その中でもこのポケモンはゲーム内のアイドル枠として位置づけられていた。
やがて、ポケモンが大ヒットしピカチュウがアニメの主人公となると同時に、今や世界を代表するゲームキャラクターへと成長。プリンもまたアニメの準レギュラーになったりスマブラへの出場を果たす。一方で、ピッピにはアニメ、本家除くゲーム共にメディアミックスで目立った活躍がない。まぁ、あの漫画があるので・・・。
しかし、今でもゲーム中に登場するアイテム「ピッピにんぎょう」やGSC/HGSSの毎週月曜夜に行われるお月見山イベントはその名残とも言えよう。

ポケモンXYではフェアリータイプが追加され、過去作の一部ポケモンにもフェアリーが付随するとアナウンスされたため、分類が「ようせいポケモン」ということで殊更タイプ変更が注目されていた。
そして、ゲーム発売後やはりフェアリータイプとなった。しかも第五世代までのノーマルタイプは消滅したためまさかのフェアリー単である。

バトルにおいては、第5世代でしんかのきせきフレンドガードを獲得したことで第一線に躍り出るようになった。
ダブルバトル・トリプルバトルにおいて「このゆびとまれ」で味方をサポートしつつ、同技の対策である範囲攻撃も「フレンドガード」でばっちり軽減できる。
また第一世代ではミュウと並びゆびをふるを自力で覚えられる数少ないポケモンで、同技の代名詞的存在でもある。
これもあって『ポケモンスタジアム2』では「ピッピのゆびふり教室」というミニゲームも存在していた。

野生の個体は「つきのいし」や「すいせいのかけら」を所持している場合もあるため道具収拾に狩られることも。

アニメで登場する際には宇宙人と思しき描写をされることが多い。
初登場した際に「ゆびをふる」で「だいばくはつ」をぶっ放して以降、アニメでは「ゆびをふる」=「だいばくはつ」というイメージが定着した。これがカスミのとある手持ちに継承されることとなる。
また、あの落書きプリンと激しい戦いを繰り広げたこともあった。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズではアイテムのモンスターボールから登場する(64DX)。「ゆびをふる」で様々な効果を及ぼす。

ポケモンGOでは

「平地ではレアな反面、山間部などの傾斜地ではわんさか湧いてくる」というかなり偏った出現傾向を持つ。
とある場所に偏って出現するポケモンは他にコイルビリリダマ等がいる。
2016年2月に行われた「バレンタインイベント」では体色がピンク色ゆえに出現率アップの対象ポケモンとなった……のだが、平地ではやっぱり出現率が低かった。

関連イラスト

ピッピでマチキャラ

035


ノーマル娘

ピンク



このようにピッピは今も元祖ファンシーポケモンとして親しまれている。



・・・ことを許さなかった1匹のピッピがいた。



ギエピー

ギエピー!



ピッピを語る上でこいつの存在を忘れてはならない。通称:穴久保ピッピことコロコロコミックの漫画『ポケットモンスター』に登場する、あのピッピのことである。

詳しくはギエピーの記事を参照するッピ。

関連イラスト(ネタ系)

ポケモン初めて描いてみました
落書きピッピ


ピッピのビルドアップw
ミュウスリー再臨



関連タグ

ポケモン一覧 ノーマルタイプ フェアリータイプ
ポケモン RGBP FRLG おつきみやま つきのいし
ピィ ピクシー
星形妖精組
アカネ
穴久保幸作 ギエピー ミュウスリー ピンクの悪魔 赤井勇

pixivに投稿された作品 pixivで「ピッピ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11261

コメント