2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケモンの進化において主に「石進化」で使用するアイテムの総称。英語での総称はEvolutionary stone。
進化の石は本体から進化エネルギーを放っており、その光を浴びる事で一部のポケモンが新たな姿へと進化する。
なお、第三世代ぐらいまでのイーブイの図鑑説明では「石から出る放射線が突然変異を起こす」となっていたが、ちょっと微妙過ぎる設定のためか最近はあまり触れられない。
進化の中では石を消費するだけなので最も手っ取り早いうえ、進化前の自力で覚えられる技が進化後基本技になるので技を早く習得できる。
第七世代までは石で進化するポケモンは進化前に比べて自力で覚えられる技の数は一気に減ってしまっていた。
第二世代まではヒマナッツキマワリのように習得レベルにダブりがあるポケモンはどちらかを諦める必要があったが、第三世代から習得レベルを過ぎてしまった技を思い出す事が出来る技教えマニアが登場した事により、進化後のレベル技を気にかける心配はなくなった。

初代(及びそのリメイクのFRLGLPLE)と第七世代のSM/USUMでは専用の店でみず/ほのお/かみなり/リーフのいしを購入できるが、それ以外のソフトでは基本的にお金で買う事は出来ないレアアイテムとして扱われている。
世代によって入手方法も変わっており、特に金銀クリスタルRSEは集めるのに相当苦労する。

そして第六世代では新要素であるさかさバトルや裏スパトレの景品として進化の石をもらえるようになったため、その気になればいくらでも手に入れることが出来る。また、XYでは、ミアレシティの石屋にほのおのいしみずのいしリーフのいしが売っており、ORASではスーパーひみつきちで仲間に得意技「いしザクザク」を使ってもらうことで、一人につき一日一回(プラチナランクなら二回)ランダムで入手できる。

第八世代の剣盾では日替わりでワイルドエリアのげきりんのみずうみの丘方面にある巣穴周辺の大きな石近くに落ちている。また、近くには天気に応じたイーブイ系の野生ポケモンが徘徊している。
他にもあずかりや付近にいる穴掘り兄弟に穴掘りを依頼すると見つかる時がある。
ちなみに同作ではガラル地方から一部のポケモンが締め出しを喰らったと話題になったが、石進化ポケモンは何気に2~3系統ずつ均等にガラル図鑑に採用され、進化の石は全て続投した。
また、ジバコイルグレイシアリーフィアなど、第7世代まででは「特定の場所でレベルアップ」が進化条件だったポケモンが軒並み石進化に変更されている。

その他

進化の石のカテゴリーの中でも上記の定義に当てはまらない特殊な例がかわらずのいしまんまるいしである。

本来ならカテゴリーから外すのが妥当だろうが、いずれも進化に関係する石である事や一般的な入手方法が他の進化の石と共通している(地下通路での壁掘り、砂煙など)事からカテゴリーに含まれる事が多い。

余談だが、とある漫画では「元に戻る石」なんてのが登場したとか……

かわらずのいし
ポケモンに持たせると勝手に進化しなくなるという特徴を持ち、持たせても消費される事はない。

まんまるいし
ポケモンの進化に使用するアイテムという点こそは共通しているが、特定のポケモン(ピンプク)に持たせて朝昼にレベルアップで進化するという一線を画した使用方法を持つ。するどいキバするどいツメと同じ形式だが、まんまるいしにはこれらとは異なり戦闘向けの効果がない。

ポケモンGOでは

ゲーム本編に登場する「たいようのいし」と、オリジナルアイテムである「シンオウのいし」「イッシュのいし」の3種のみ実装されている。
これはそのポケモンの属する世代ごとに進化の仕様が微妙に変更されており、「本来アイテム進化するポケモンであってもポケモンのアメを消費して進化する進化方法に置き換える」仕様である世代と、「アイテム進化するポケモンはアメ+特定のアイテム(特定のタスク)を用いて進化する方法に設定する(原作と同じアイテムとは限らない)」世代に分かれているため。

具体的に言うと、

  • 第1世代:本来アイテム進化するポケモンであってもポケモンのアメを消費して進化する進化方法に置き換える
  • 第2世代:アイテム進化するポケモンはアメ+原作通りのアイテムで進化
  • 第3世代:第1世代と同じ
  • 第4世代:全てのアイテム進化のポケモンを1種類のオリジナルアイテム(シンオウのいし)で進化させる
  • 第5世代:ほぼ全てのアイテム進化のポケモンを1種類のオリジナルアイテム(イッシュのいし)で進化※
  • 第6世代:相棒にし、そのポケモンの特徴に沿ったタスクを行って進化※
  • 第7世代:アローラのすがたのポケモンについては第1世代と同じ。ただし進化前がリージョンでないポケモンはそもそもアローラのすがたに進化不可
  • 第8世代:ガラルのすがたについては第7世代と同じだが、例外もいる
となっている。

※たいようのいしを用いた進化のみ例外で、第2世代と同じ仕様

シンオウのいしとイッシュのいしについては以下の通り。
これらのアイテムはゲーム内でかなり入手が厳しいため、ユーザーからは改善を望む声が絶えない。

シンオウのいし
ダイヤモンドとパールの意匠を混合させた石。第4世代で新たに追加されたアイテム進化組に使用。

イッシュのいし
黒と白の太極図のような意匠の石。第5世代で新たに追加されたアイテム進化組(たいようのいしを使うポケモン以外)に使用。

進化の石一覧

第1世代
みずのいし
ほのおのいし
かみなりのいし
リーフのいし
つきのいし
第2世代
たいようのいし
かわらずのいし
第3世代
追加無し
第4世代
ひかりのいし
やみのいし
めざめいし
まんまるいし
第5世代・第6世代
追加無し
第7世代
こおりのいし
第8世代
現在追加無し


余談

ポケモン世界における『石』は進化以外にもポケモンの姿を変化させたり、パワーアップさせる性質があり、キーアイテムとして度々登場する重要なファクターでもあり、『進化の石』以外では次の物が該当する。

超古代ポケモン」の制御装置のようなもの。前二者はORASでは原初の姿に戻す効果がある事も判明した。

デオキシス」のフォルムチェンジに使用。

シンオウ三龍」の持つタイプと同じ技をパワーアップさせる。はっきんだまはギラティナの姿を変化させる効果を持つ。

ブイズ(リーフィア・グレイシア)」の進化条件である岩。第7世代まではここでしか進化できなかった。

  • でんきいしのほらあな
第五世代で登場した電気を纏った電気石が浮遊しているダンジョン。本作でのジバコイルダイノーズの進化条件になった。

進化を超えた進化メガシンカ発動に必要な鉱石。

必殺技クラスの威力を持つZわざの発動に必要な鉱石。USUMではあるポケモンフォルムチェンジ条件であったりする。

  • ねがいぼし
ダイマックスバンドに収められている鉱石であり、任意のダイマックスキョダイマックスの発動に必須。

ちなみに例のあの作品でも鍵となるアイテムはやはり『石』であった。

関連タグ

進化 ジュエル プレート

関連記事

親記事

どうぐ どうぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「進化の石」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「進化の石」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73592

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました