ピクシブ百科事典

かわらずのいし

かわらずのいし

進化の石の一種。廃人御用達。
目次[非表示]

データ

初出第二世代
英語名Everstone
野生で持っているポケモンイシツブテゴローン(第二世代~)、ダンゴロガントル(第五世代~)

概要

第二世代から登場した進化の石の一つ。見た目はごく普通の白っぽい石。
洞窟ではうざいほど出てくる定番のイシツブテゴローンが5パーセントの確率(第二世代のみ8パーセント)で持っているので入手するのは非常に簡単。さらに第五世代では二代目洞窟岩ポジションのダンゴロガントル50パーセントという高確率で持っておりさらに入手は楽になった。

他の進化の石アイテムと違ってこちらはポケモンの進化を止めるための道具で、この道具を持たせたポケモンは一定のレベルを越したり通信交換しても進化しないという効果を持つ。
道具を持たせなければならないという仕様上、他の道具を持たせられないという欠点があり、特にトレーナー戦などで経験値稼ぎをする際におまもりこばんがくしゅうそうちを持たせられないのはあまりに痛く、決して使いやすい道具とはいえなかった。

しかし、この道具の需要が急増したのは第三世代のエメラルドからである。
育て屋で預けたポケモンの♀の方にこの道具を持たせると50%の確率で♀の性格を遺伝するという機能が追加され、これにより廃人たちによりゴローン達がメタモンと共に一斉に狩られ始める事態になった。
さらに第四世代のHGSSでは♂に持たせても遺伝の効果が引き継がれるようになった
そして第五世代のBW2ではついにどちらの親に持たせても性格遺伝率が100%になった(♂♀両方に持たせた場合は♂♀どちらかの性格になる)。
第三世代エメラルドでの仕様変更以降ポケモン廃人には欠かせないアイテムとなっており、だいたい廃人たちの(ロム内の)パソコンはこの道具かパワー系を持たせたメタモンで埋まってるボックスがある。

また、第五世代では進化前のポケモンの耐久が上がるしんかのきせきなるアイテムも登場したため、きせきを使うポケモン(特にゴーリキーなどの通信進化やラッキーなどのなつき進化)を進化させない目的で本来の効果での需要も少しは増えそうである。

そして、第7世代ではこのアイテムが別の意味で重要な役割を果たす事となる。
それはリージョンフォームが確認されているポケモンの突然変異を止め、原種をタマゴから産む効果である。
リージョンフォームによる突然変異が起きたポケモンはアローラのあずかり屋に預けた個体が原種同士の場合でも突然変異によってリージョンフォームが生まれてしまう。
しかし原種の♀に限り、かわらずのいしを持たせて預けた場合突然変異は発生せず、原種がそのまま生まれるわけである。
イリマが言っていたかわらずのいしの隠し効果とはこの事だと思われる。

ただしこのアイテムを持たせた場合本来の効果である性格固定の効果も抱き合わせで付いてくる事に注意。原種を厳選する時にその個体が理想の性格でない場合は理想の性格を持った同じタマゴグループの♂にもかわらずのいしを持たせて両方の親がかわらずのいしを持っている状態にし理想の性格の♀を産む手間が必要になる。

余談

ダイヤモンド・パールのキッサキシティ内民家でゴーストチャーレムと引き換えてくれる女性がいるが、なんとかわらずのいしを持たせてゲンガーに進化できないようにしている。
誰もが思ったろう、何の嫌がらせだと…いつもの黒い任天堂である。
(ただしダイヤモンド・パールではダブルスロットで直接ゲンガーを入手出来る)

スマホ向けゲーム「はねろ!コイキング」にも登場。そちらのゲームの目的はコイキングのジャンプ力を競うリーグの制覇という物で 、間違ってギャラドスに進化させない様にコイキングに持たせられている。しかし、ホームでコイキングを突きすぎると、石が壊れてしまい、ギャラドスに進化できる状態になってしまうため、コイキングが引退する事になってしまう。即引退させたい人や図鑑埋めしたい人以外はやらない様にしよう。

関連タグ

みずのいし ほのおのいし かみなりのいし リーフのいし つきのいし
たいようのいし
ひかりのいし やみのいし めざめいし まんまるいし

pixivに投稿された作品 pixivで「かわらずのいし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7867

コメント