ピクシブ百科事典

ウルトラネクロズマ

うるとらねくろずま

ポケモンシリーズに登場するポケモン「ネクロズマ」の新たに見つかった姿。
目次[非表示]

「シ…シ…シカリ…!!」

データ

分類プリズムポケモン
タイプエスパー/ドラゴン
特性ブレインフォース
高さ7.5m
重さ230.0kg

※ブレインフォース…効果抜群になる技のダメージが1.2倍に上昇する。

概要

エネルギー源のに飢え続け、その光エネルギーを膨大に宿すソルガレオルナアーラの体を取り込んで支配した姿を見せたネクロズマだが、秘密はそれだけではなかった。
とある場所でまばゆい光に包まれて姿を変えると、現れたのは光の身体を持つ金色の巨大なドラゴンであった。



全体的に体格が大きくなり、元のネクロズマで腕だった部分が後ろ足に、足だった部分が前翼を兼ねた腕になっている。そして後翼と尻尾も生え、ドラゴンらしい姿になった。また、体は大きくなったが体重は元のネクロズマと同じ230kgに減り、結果として身軽になった。


かつてのネクロズマは「かがやきさま」と呼ばれ、ウルトラメガロポリスに光をもたらす、まさに光ののような存在であった。
そして、その光がウルトラホールを通じてアローラにももたらされ、それがZクリスタルのZパワーや、ぬしポケモンおよび他世界のウルトラビーストのオーラになっていたのである。

しかし、自らの科学力に驕りその力をコントロールしようとした先人の過ちにより、身体の一部を失う事になってしまった結果、食らった光エネルギーを正常に処理する事が出来なくなり、光を求めながらもその光に苦しんで暴れ出す荒神となってしまったのだった。
それまで知られていた姿は、分解した身体をかき集めて命を繋いだ結果の凝縮形態であり、真っ黒な体表も器官の喪失によって不純物が蓄積したものである事が判明した。

この結末を悼んだメガロポリスの住人たちは、科学力によってネクロズマの活動を苦しみごと鎮静化し、闇の中、互いに望まぬ形で現在まで過ごしてきたのだという。


当初はこの姿が本来のものと思われがちだったが、公式ページでは「誰も見たことのない新たな姿」「ネクロズマ自身も経験したことのない、新たな姿」「光あふれるドラゴンとして、この姿では初めて発見された」と再三に渡り記述され、本当の姿とは別である事が判明した。

太陽光そのもので構成された体の温度は6000度に達し、爪で切り裂かれた個所は高温でドロドロに溶け、全身から全てを焼き貫くレーザー最大射程30kmで放つなど凄まじい力を持っている。さらにこの状態でも自然やポケモンに光で影響を与えるという。
本来の姿に戻る途上なのか別に分岐した姿なのかははっきりしないが、この姿からさらに真の力を取り戻す可能性があると考えると恐ろしいものである。

ソルガレオとルナアーラは、欠けた身体機能を光エネルギーでカバーする為の触媒として使われているようであり、ライオンやコウモリの要素は一切加わっていない。

またこの姿を現す時、OPムービーにも出ていた内部に様々な色の入った三角柱の結晶が出現している。これこそがネクロズマのブレインプリズム」であり、日食ネクロズマ月食ネクロズマの額に挿入される形で見えていた他、今までのネクロズマの顔の様に見えていた部分の正体でもある。


ストーリー中では、ポニ島で敗れたネクロズマが、ウルトラメガロポリスのメガロタワーに逃げ込み、そこでアローラで集めた光を取り込んで変身し、襲いかかってくる。
なお、この戦闘ではネクロズマを捕まえることはできない(捕まらないのではなく、ボール自体が使えない。ブラックキュレムホワイトキュレムと同じ仕様)。

レベルは60。オーラによって全ステータスが上がっている上に、後述のように元々の素早さ・攻撃が非常に高く、生半可な耐久力ではまともに受けきれない、難敵の中の難敵。
確実に攻撃を耐えられるばけのかわがんじょう持ちですら、特性貫通効果を持つ「フォトンゲイザー」の前では無力であり、初見殺しされ全滅したプレイヤーも多数。

ぬしポケモンとのバトルと同じようにしっかり対策を立ててから挑もう。最低でも先手を取れるポケモンか、攻撃を一回は耐えられるポケモンが必須となる。
幸い「どくどく」が効くので、猛毒状態にした後「まもる」や回復アイテムで持久戦に持ち込めば戦いやすい。
また、習得している技が全て鋼タイプで威力を半減出来るので、鋼タイプのポケモンを多めに用意すれば、苦戦することなく倒せるだろう。特に、フェアリー複合のクチートクレッフィ、あく複合のキリキザンは相性が良い。
他にも、最初の三匹達の追加タイプで効果抜群を与えられるので、レベルを上げれば結構な体力を削れる。

また、ゾロアークでエスパータイプの技が効くポケモンにイリュージョンで化けるだけで(「パワージェム」に注意すれば)ほぼ完封できたりする。「フォトンゲイザー」を無駄撃ちさせるのが目的なのでエスパーさえ効けば何でもいいのだが、フェアリータイプならタイプ一致の「りゅうのはどう」を撃ってくることもなくなるのでより安心である。


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ネクロズマ(通常)971071011278979600
たそがれのたてがみ(日食)9715712711310977680
あかつきのつばさ(月食)9711310915712777680
ウルトラネクロズマ971679716797129754


詳細はウルトラバーストも参照。
戦闘後に日食、もしくは月食の姿に戻った上でソルガレオとルナアーラに分離することができる。

据え置きのHPと若干低下した防御以外は、通常のネクロズマを大幅に強化、攻撃的な数値にした感じの種族値であり、合計は754という、あの創造神の合計種族値を上回る驚異的な数値である。その上昇値はメガシンカゲンシカイキキズナ現象をも超えた154であり、フォルムチェンジした状態から見ても74上昇している。

日食/月食に比べるとかなり攻撃的なステータスになっており、攻撃・特攻がともに167という圧倒的な高さになっている。素早さも129あるため先手を取りやすく、上から高火力で殴っていくスタイルのポケモン。特性は「ブレインフォース」で、弱点を突いた時の威力を1.2倍にするという特性版「たつじんのおび」のような物。

ウルトラバーストした次のターンから使用可能になる専用Zワザ天焦がす滅亡の光威力200で攻撃・特攻の高い方に依存し+相手の特性貫通という圧倒的な性能で、禁止級にふさわしい強さを誇る。

ドラゴンタイプを持つためゼルネアスを始めとしたフェアリーは本来苦手であるが、日食から変化させる場合はがねタイプを持つため一筋縄では対策させないのも強みの一つ。そうでなくても「メテオドライブ」を使えるため上から叩けて削り切れる状況なら返り討ちである。
逆にほのおタイプを出されようものならこちらにチェンジして優位を取れるため隙なく立ち回れる。

短所として、伝説にしては低めの耐久に加え、追加されたドラゴンタイプが弱点を突きにくくブレインフォースと相性が悪い、かつ「りゅうせいぐん」を覚えられない所が挙げられる。また、4倍弱点こそないものの弱点が6つと多い点にも注意。
とはいえ一般ポケモンから見たら平均より少し上程度の耐久を持つため、速さで1上回り一致弱点を突いてくるカプ・コケコ程度の火力なら耐えて返り討ちに出来るが、強みのエスパー技が無効、かつ特性の効果で威力を倍増させてくるイベルタルはこの形態に限らず全形態で天敵中の天敵ルナアーラもやや厳しい。
また、上から叩かれる場合は不意のZワザによる事故にも気をつけたい所。

ウルトラネクロズマは持ち物固定だがZワザが撃てる。これは、持ち物自由だがZワザが撃てないメガレックウザとは対称的である。ただし他のタイプのZワザは使えないというこちら特有の悩みも持つ。

余談

上記の種族値を見て気付いたかも知れないが、種族値が素数で固められているウルトラビーストにおいてすばやさが素数ではない値である(3×43であり3の倍数)。素数でない数値を持つあのウルトラビーストと同じようにバランス調整した結果なのだろうか……?

なお、ウルトラネクロズマのデザインには有賀ヒトシ氏も参加していた事が本人のTwitterで明かされた。

関連キーワード

 ぬしポケモン ウルトラビースト エスパータイプ ドラゴンタイプ
光竜

ラティアスラティオス……同じタイプ。ともに光を使う専用技・「ミストボール」「ラスターパージ」がある。

ジガルデパーフェクトフォルム/ときはなたれしフーパ…追加された姿つながり。ジガルデは、3体セットの伝説組にて圧倒的な合計種族値を得る点も似ている。

キュレム…相方達を取り込む点が共通していて、こちらも真の姿があるとされている。

シャガルマガラ…顔や翼が特徴的、闇から光へ転生するという点で共通する。

エンシェントグレイモン…「比較的に特徴的な姿」、「世界を守る力がある聖なる竜」、「退化または限定的な力の発現状態ではパーツが入れ換わった姿になる」点が共通している。

テ・フィティ…本来なら「世界に豊穣をもたらす神」であるが、人(または元人)の過ちにより大切なものを失い、まったく異なる姿になって暴れたことは共通点といえる。また、どちらもハワイやオセアニアまたはポリネシアなどを文化的背景の一部としており、映画の公開とSMの発売はほとんど同時期だった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラネクロズマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40197

コメント