ピクシブ百科事典

プロメテウス

ぷろめてうす

プロメテウスとは、ギリシア神話に登場する神である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ギリシア神話』に登場する神。本項にて解説。
  2. 小惑星帯に存在する小惑星
  3. 土星衛星
  4. フランツ・リストの交響詩。
  5. アレクサンドル・スクリャービンの交響曲第5番。
  6. アメリカ海軍工作艦
  7. ギリシア海軍補給艦
  8. オービタル・サイエンシズ社の垂直打ち上げ、水平着陸型の有人宇宙船
  9. アニメ超時空要塞マクロス』に登場する架空の空母。⇒プロメテウス(超時空要塞マクロス)
  10. 岡本好古小説『空母プロメテウス』に登場する架空の原子力空母。
  11. アーサー・C・クラークの小説『宇宙への序曲(英語版)』に登場する架空の宇宙船。
  12. アメリカSF映画。⇒PROMETHEUS
  13. テレビドラマ『スターゲイト SG-1』と『スターゲイト アトランティス』に登場する宇宙艦。
  14. テレビドラマ『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』に登場するネビュラ級航宙艦。
  15. テレビドラマ『スタートレック ヴォイジャー』に登場するプロメテウス級航宙艦一番艦。⇒USSプロメテウス
  16. 居村眞二の漫画『ウルトラ超伝説』に登場するウルトラ戦士。⇒プロメテウス(ウルトラ超伝説)


概要

プロメテウスは、『ギリシア神話』に登場する神で、ティターンの1柱であり、エピメテウスの兄である。
ティタノマキアの際に、オリュンポス神族に勝てないことを見越してオリュンポス側に付き、その結果戦後も自由を得た。だが、彼らの言いなりにはなったわけではなく、密かに同胞の仇討ちを画策していた。

ゼウスは人類から火を取り上げたが、プロメテウスはヘパイストスの作業場から持って来て人類に「火」を渡した。火を使えるようになった人類は、そこから生まれる文明をも手に入れることになった。
その行いに怒ったゼウスは、権力の神クラトスと暴力の神ビアーに命じてプロメテウスをカウカーソス山の山頂に張り付けにさせ、生きながらにして毎日肝臓をハゲタカについばまれる責め苦を強いた。プロメテウスは不死であったため、彼の肝臓は夜中に再生し、のちにヘラクレスにより解放されるまで半永久的な拷問が行われていた。

余談

現在では、肝臓は非常に高い再生力を持つことで知られており、3割も残っていればただの人間でも(流石に一晩でとはいかないが)元に戻る。
古代ギリシャの人々がそれを知っていたかどうかは定かではないが、偶然にせよ必然にせよなんとも理に適った拷問である。

関連タグ

ギリシア神話 ゼウス ヘパイストス  ヘラクレス ケイロン

pixivに投稿された作品 pixivで「プロメテウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 323793

コメント