ピクシブ百科事典

概要

ギリシャ神話に登場するティタン神族の一人で先見の明を持つ賢者とされる兄プロメテウスの弟。
ただし、はっきり言って神話での扱いは散々で、これといった権能は有しておらず、名前が「後知恵」を意味するだけあってかなりの愚か者であるのでゼウス達オリュンポスの神々からも全く相手にされていなかった。特に代表的なエピソードは、「パンドラの箱」の一件だろう。兄貴が何度も「良いか? オリュンポスの神々からの贈り物は絶対に受け取るなよ?受け取るなよ?」と釘を刺したにもかかわらず、パンドラに惚れてしまったエピメテウスはホイホイと彼女を嫁に迎えてしまう。その結果、世界中に悪意や病魔が溢れたのは言うまでもない話である。人類に火を与えようとしたプロメテウスへの嫌がらせもあるだろうが、神々は彼の愚かさを熟知していたからこそこのような作戦に出たと考えられる。ティタン神族に取っては役立たずだった彼が、オリュンポスの神々の役に立つのはなんとも皮肉な話である。

テーバイ攻めの七将の息子達「エピゴノイ」のエピはエピメテウスと同じく「後」という意味である。

兄のプロメテウスが「先に、先を考える人」という意味なのに対してエピメテウスはその反対に「後で考える人」という意味で、「先の考えなしに行動に移してやらかして後悔する愚か者」を象徴する存在として扱われており、神話においても「反面教師」的な役回りを持たされで散々な扱いを受けている。

関連タグ

ギリシャ神話 プロメテウス パンドラ

関連記事

親記事

プロメテウス ぷろめてうす

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エピメテウス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エピメテウス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7932

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました