ピクシブ百科事典

フランツ・リスト

ふらんつりすと

ハンガリーのロマン派作曲家・ピアニスト。
目次[非表示]

彼の死後百年以上経った今でさえ、彼を越えるピアニストは存在しない。

概要

ピアノの魔術師」の異名を持つ、ハンガリーロマン派のイケメン作曲家ピアニスト。1811~1886。
ピアノの腕も、×××の腕も、自他共に認める超絶技巧
代表曲:愛の夢(第3番だけが一人歩き)、ラ・カンパネラ(ラ・カムパネッラ)、ハンガリー狂詩曲(第2番だけが一人歩き)、超絶技巧練習曲シリーズ、等。

ピアノの詩人ショパンとの関係は有名。ピアノの狂人宮川彬良との関係は不明。

早い話が「ピアノの神様」であり「実在したドン・ジョヴァンニ」である。

人物

編曲

様々な作曲家の作品(ピアノ曲ではないものも)をアレンジする事で有名。
ただピアノ向けに編曲するだけでなく、「いかに難しい曲に構築し直せるか」というのが彼の編曲スタイルだった。
というか「楽譜どおりに弾け」と言われても勝手にアレンジしまくって弾いてばかりいたので、よく怒られたとか…。

超絶技巧

彼はピアノの腕においてはもちろん、性的な意味においても「超絶技巧」だった。
リストといえば、驚愕の女性遍歴。常に精力が有り余っていた彼は何人もの女性をとっかえひっかえ、彼の周りには常に複数の女性が付きまとい、上でも述べたようにコンサートでも異常な数の女性ファンを独り占めしていた。
容姿、演奏技術、恋愛テクニック…
他の男性ピアニスト達は、全てにおいて彼に適わない事を認めざるを得なかった。

故に同業者の男性達からは常に嫌われていたとかいなかったとか。

悪魔

鬼のアルペジオ、悪魔のオクターブ、夢魔の速弾き、そして手の力。彼の演奏スタイルは「悪魔」そのものだった。
故にピアノの方が彼の演奏についてゆけず、よく破壊されてしまっていた。
コンサートではピアノを三台用意し、壊れたら次のピアノに移動して演奏していた。

余談だが、彼の演奏は明らかに当時のピアノのポテンシャルを超えていたため、職人達は彼に追いつくようにピアノを改良していったという。
故に、「現代のピアノ」が存在するのは彼のおかげ、といっても過言ではない。

彼の手は大きく、指も長かった。
しかし、彼の演奏は「神そのもの」だった為、当時聴衆から「リストには指が6本あるのではないか」と本当に信じられていたらしい…

評価

ファンアート

ファンアートとして描かれる場合、ショパンとのツーショットが多いが、ショパンは極端な草食系で病気、リストは度を越えた肉食系でビョーキとして表される事が多い。
これらは、彼らの有名な逸話に基づいた事である。

なお、リストはよく不敵な笑みを浮かべていたり、悪魔のような形相で描かれてしまう場合が多いのだが…実際のリスト(肖像画)はとっても優しい顔をしている。

人気

当時、リストの人気(特に女性達からの人気)は異常なものだった。
国内は勿論、テレビやインターネット等のメディアが全くなかった時代であったにもかかわらず、海外からもファンが殺到。
演奏会では興奮しすぎた女性ファンが次々と失神。
今で言う超人気ロック歌手のようなものだった。これは、クラシック音楽の分野では異例の事。
そしてリスト自慢の伸ばしたつやつやの髪は、女性ファンが毟り取って行く始末。リストに熱狂する女性達は「リストマニア」と呼ばれた。

逸話

(心の)師匠

リストが超絶技巧に拘るようになったのは、若い頃にパガニーニの超絶技巧曲を聴いて衝撃を受けたため。
代表作の一つであるラ・カンパネラはパガニーニのバイオリン曲をピアノに編集したものであり、曲名も「パガニーニによる大練習曲 S.141 より第3曲 嬰ト短調『ラ・カンパネッラ」』」が正式名称。
これを含めた計六曲をアレンジし、ピアノ練習曲にしたものが「パガニーニによる大練習曲」(または「パガニーニによる超絶技巧練習曲」)として発表されている。

連弾

リストはよく演奏会でショパンと連弾(一台のピアノを高音部、低音部に分けて二人で同時に弾く事)をしていた。
連弾とは本来、恋人同士が行うデュエットのようなもので、男同士の連弾は珍しかった。
二人の間にそういう関係があったかどうかはご想像にお任せする。

関連動画

作業用クラシック




関連タグ

リスト 音楽家 作曲家 ピアニスト ピアノ 音楽 クラシック / クラシック音楽
フレデリック・ショパン ドン・ジョヴァンニ ファウスト
ロマン派 神曲 魔術師 超絶技巧
スパイラル~推理の絆~ トムとジェリー ルーニー・テューンズ

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「フランツ・リスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22856

コメント