ピクシブ百科事典

サリエリ

さりえり

北部イタリアのヴェローナとロヴィーゴの中間にある小都市「レニャーゴ」生まれの作曲家。ヴィーンで宮廷楽長を務めていた。慈善・教育方面でも、多大な功績を残している。
目次[非表示]

本名、アントーニオ・サリエーリ (Antonio Salieri)
1750年8月18日生 - 1825年5月7日没

父親は同姓同名のアントーニオ・サリエーリ
母親はアンナ・マリーア・スカッキ
この二人の間に生まれた10人の子供達の内、8番目に生を得た。


波乱の境遇と人生を変える出会い


教会オルガニストの職に就いていた長兄フランチェスコ・アントーニオから
音楽の手ほどきを受け、続いてレニャーゴ大聖堂オルガニストのジュゼッぺ・シモーニ
ヴァイオリンとチェンバロを教わった。10歳のときから彼の音楽人生は花開いていたのだ。

しかし、両親を早い内に亡くし(母は63年2月3日に亡くし、父もサリエーリが七歳の時に既に商売が傾き、税金減免の嘆願書を提出するほど困窮し、消息か没したのかは文献からでも確かな情報が無い)、他の子供達と共に惨めな境遇に陥る。

だが彼が15歳になった時、父の知人で名家のアルヴィーゼ・ジョヴァンニ・モチェニーゴ
この一家の惨状を知り、ヴェネツィアのモチェニーゴ家に引き取られた。

音楽と演劇舞う美しいヴェネツィアでサリエーリは様々な音楽家に師事を仰いでいった。
そして、数奇な運命でヴィーン宮廷作曲家の
フローリアン・レーオポルト・ガスマンと出会い、弟子兼アシスタントとして
サリエーリをヴィーンに招き入れる。


ヨーゼフ二世との謁見、歴史に名を残す貴族達や音楽、芸術家達に囲まれて


ガスマンは、親身かつ周到な音楽教育をサリエーリに施し、ある日、彼を
神聖ローマ皇帝ヨーゼフ二世の待つ宮廷の室内楽演奏会に楽器奏者として
招き入れた。ヨーゼフ二世は兼ねてからサリエーリの事を聞かされていて興味津々であり、
彼としばらく談話したのち、難しい楽譜を初見で演奏させ、能力を試してみた。

上手くやり通したサリエーリに満足し、ヨーゼフ二世は、彼を演奏会に必ず連れて来る様に
ガスマンに命じた。

皇帝詩人ピエートロ・メタスタージオとも出会い、後にサリエーリがオペラ作家、
声楽教師として歩む技術の下地となる詩の朗読法を伝授し、
遂にはサリエーリは、自らの作曲家としての在り様を変えた偉大な作曲家
クリストフ・ヴィリバルト・グルックに出会った。

36歳年上のグルックを、亡くした父親のように慕い、その劇作理念に多大な影響を貰う。


ガスマンの死、そして宮廷作曲家への就任


イタリア・オペラを中心とした作品群を次々に作り出し、成功、失敗はあれど、順風万端とも
言えるサリエーリの本格的な作家人生が始まった。
が、1774年1月20日に恩師ガスマンが45歳で帰らぬ人となった。

師に恩返ししようとサリエーリはガスマンの遺族に経済的援助をし、二人の遺児に音楽教育を
施した。

その間、ガスマンの死で彼の兼任していた宮廷楽長と宮廷室内作曲家に空席が開いた事で
一悶着があったが、ヨーゼフ二世は楽長の後任に、高齢のジュゼッペ・ボンノを選び、
当時24にも満たぬサリエーリには何と、宮廷室内作曲家とイタリア・オペラ指揮者という、
極めて責任ある宮廷音楽家としてのポストが与えられた。

モーツァルトの敵視と、後の和解


サリエーリを語る上で、もはや良い意味でも悪い意味でも
外す事の出来なくなってしまったモーツァルトが何時、サリエーリと面識を持ったのかは
正確な時期は不明である。

ヴィーン滞在中に受けた様々な人物からの罵倒と、あたかも自分の作家活動に妨害を
加えてるようにしか見えない皇帝の横槍、そして当時のイタリアびいきの風潮が
モーツァルトの怒りを爆発させている。
書簡にも呪詛に近い文章や、陰謀論までが頭を駆け巡ってしまっていた。

この非難が後に、サリエーリの陰謀論として本当に持ち上がってしまった要因の一つでもある。

だが長年を経て、両者とも作曲家として円熟した際(サリエーリは宮廷楽長に就任していた)
プラハの聖ヴィートゥス大聖堂の重要な祝賀行事の数々で、サリエーリは自分の該当作を
一切使わず、中にはモーツァルトの作品を多数使用しており、むしろサリエーリは
モーツァルトを高く評価していたとも言える。しかも二人はイタリア歌劇場から
作品を求められず、新作オペラ発表の道を同時に閉ざされた時期に、
共感関係のようなものが生まれたのでは無いのかという見方もある。
当時、サリエーリ41歳、モーツァルト35歳、人間的、音楽的にも成長した彼らの間に
敵と言う感情はもはやなかったように思える。

ヴィーン劇場に彼を招待した時の模様を妻コンスタンツェに伝える手紙には
以前の敵対心や憎悪でなく、ただただ自分の作品を、感嘆の言葉で祝福してくれた
サリエーリへの賛辞と感謝と親愛の心がこもっていた。

この手紙が真実かどうか鵜呑みにするかどうかは各々の判断に任せるが、
これがモーツァルト最後の手紙であったのなら、どれだけ善い事なのであろうか…

それから、12月5日午前0時55分…モーツァルトは他界してしまった。

サリエーリはモーツァルトの遺児達にも献身的であった。
レクイエムについての感想は、もはや言葉では言い表せないとまで語ったという。


教育者、慈善家としての活動


サリエーリの活動は利他的な事柄が多い。
ヴィーン音楽界における教育が後の世に多大な影響を及ぼしている。
ベートーヴェンシューベルトなどの個人教育が良い例であるが、
サリエーリには、この百科では枚挙しきれないほど弟子(作曲者、声楽者など)がいた。

それだけに留まらず、楽友協会の歌唱学校(後のヴィーン音楽大学の前身)設立に
力を注いでもいた。

70歳を目の前にしたサリエーリは、弟子達の作る新しい時代の変化に戸惑いと寂しさを
感じてもいたが、それでも、歌の才能に恵まれた者や作曲家の卵達の後押しをし、
推薦状や能力証明書も多数書いた。

ヴィーンで働き、貧困にあえぐ音楽家達の現状にも彼は心痛めていた。
彼は宮廷楽長としての地位と信用を使い、彼らの提出する救済嘆願書を事実として証明し、
苦しみを代弁し、救済措置がとられるように尽力したのである。


晩年の絶望


何時ごろかは知れないが、突然降って沸いたモーツァルト毒殺疑惑

主な原因、背景を鑑みると、意図的に流された可能性が非常に高い。
イタリア・オペラ支持派とドイツ国粋主義者との対立が激化している最中に
人々の間で黒い噂として囁かれ始めたのだ。

モーツァルトが神格化され、その神の子にも等しき存在の躍進を妨害したのは誰か。
答えは簡単だ…生前と死後も成功者であり続けたイタリア人作曲家にして、
音楽家協会の要職を務め、宮廷楽長として君臨していたサリエーリを攻撃すれば…

これを事実無根と評する者も居れば、言われてみれば確かにそうかもと思う人間、
本当にやったのか?と疑問視する者もいた。

老いと恐らくはストレスによる入院も、無責任な噂を加速させる。
生贄にされた老人は、散々言葉による鞭を打たれ、
戦時中には妻にも先立たれ、自宅で孤独に老衰死する。

だが、彼の死でモーツァルト毒殺疑惑の関心が薄れることは無く、むしろ
疑いは、真実として半ば完成してしまうのである。


創作による死者への侮辱


ロシアの作家プーシキンが劇詩「モーツァルトとサリエーリ」を1830年10月26日に
創作する。彼は外交官から、モーツァルト毒殺説を聞き、事実と信じながら作家の
創造性を生かして、「凡庸な作曲家の天才への嫉妬」というテーマを鮮明に打ち出した。
この劇詩が引き金となって、様々な創作者に遺伝子の様に伝わり、遂には
現代期、1984年9月19日に映画アマデウスとして完成する。

冤罪が圧倒的なビジュアルと音楽で人々の心を傾けてしまったのである。

しかも、彼の作品のほとんどがもはや忘却の彼方に追いやられ、イタリア人オペラ作曲家達の
等閑視ぶりも凄まじいものである。

だが、生誕250年に当たる2000年に彼の故郷レニャーゴで
国際研究シンポジウムが開催され、連動する形で当地のサリエーリ劇場にて
「アントーニオ・サリエーリ・フェスティヴァル」が催された。
ヴィーンでも同年2月27日に宮廷礼拝堂で「サリエーリのミサ曲(ニ長調)」が演奏され、
5月18日には《イエス・キリストの受難》の批判校訂版による全曲世界初録音が行われる等
記念年に相応しい企画が各地で催された。

…が、日本では前述の映画の影響なのか、いわゆる映像の魔力と周到に組まれた物語に酔う
性質が根付いているのか、無視されたに等しい扱いであった。

だが、近年では再評価の動きが微弱ではあるが見受けられる。


創作物を作る人は留意した方がいい。情熱と純粋な心で創った作品が
無意識に人を傷付ける凶器と化すときもあるという事も。

ペンは剣より強しとは、まったくよく言ったものである。


関連タグ


イタリア
イタリア人
クラシック
歌劇
オペラ


外部リンク


アントニオ・サリエリ - Wikipedia
アマデウス (映画) - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「サリエリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22291

コメント