ピクシブ百科事典

非難

ひなん

対象や物事を悪く言う事。『批難』とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

物事を一方的に悪く言う事であり、類義語としてバッシング文句悪口ネガティブキャンペーン(ネガキャン)など。

なお、批判するのと非難(批難)するのは全くの別物であり、同一視すべきでない事をあらかじめ明記しておく。

批判』との同一視・誤用

本来の意味の「批判」とは、相手に敬意を持って冷静に良否を述べ、問題点や評価点・改善点を建設的に述べる“論理的意見”であって、非難」は相手は間違っている、お前はおかしいと、一方的に言いつける事が目的の“感情的姿勢を指す。

つまり、ネット・SNSでよく見かける、批判だとあたかも辛口意見のように称し、ただの文句や悪口、バッシングをしている行為は「非難」であって、批判ではない。故に非難的内容を他者から指摘されると、「批判するのは許さないなんておかしい」「褒めてる内容ばかりの方が問題だろ」などと反論する者がいるが、そもそも根本的な意味の違いを理解していない、筋違いの意見である。

当記事でもそうだったが、このように批判・非難を同一視する人は意外といるようで、これが日本人がディスカッション(討論)・ディベート(議論)が苦手である事を物語っている理由の一つかもしれない。
これらの詳細は『批判』の項目が詳しいので、参照されたし。

pixivにおける非難

特定のキャラクターや作品を非難するイラストのみならず、(主観的に)自分が気に入らないと感じたユーザー作品に非難的なタグコメントを書くユーザーがいるが、これはネットマナー(ネチケット)、pixivマナーとして問題ある行為であり、利用規約にも抵触する(これについても、そのタグやコメントで批判・非難を混同している者も少なくない)。

ピクシブ百科事典でも同様に、一部では特定のユーザーを非難する目的や、気に入らない展開・キャラクターを陥れるような非難的記事も散見され、記事のあり方も含め、利用者によって賛否が分かれている。
こちらも批判の項目に詳細があるので、気になる方は読んでいただきたい。


最後に重ねるが、批判と非難は全くの別物である。

関連タグ

批判 評価 文句 悪口 ネガティブキャンペーン(ネガキャン) アンチ

関連記事

親記事

批判 ひはん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「非難」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 317050

コメント