ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

対象の良し悪しを判断し吟味すること。

ここで注意しなければならないのは、批判というのはあくまで、「冷静かつ論理的に対象の問題点を明確にし、同時に相手が次に活かすべき改善点を導き出す」事を目的とした、至って建設的な行為だという点であり、単に好き嫌いを論うこととは違うということである。また、批判の対象は他者だけでなく自分自身も含まれる(自己批判)。

ただし、批判というのはその性質上、「その対象に関する一部分、あるいは全体を一度は否定する」という側面もあることから、その対象を贔屓にしている者から反発を買ったり、挙げられた批判点は当たらないと考える者から反論(いわゆる批判への批判)される場合も十分ありうることには留意すべきである。

『批判』と『非難(批難)』について

『批判』と称して、揚げ足を取ってネガティブキャンペーン(ネガキャン)誹謗中傷罵詈雑言を浴びせるなど、ただ感情に任せてその存在を根本から否定したり、人格攻撃をする人が多いが、これは『非難(批難)』と呼ばれる全く別の行動である。

本来の意味の『批判』とは上述のように、論理的に行うもので、単に悪い点を引き合いに出すのではなく、同意できる点、良い部分も評価する事も批判に含まれる。

一方で、たとえその批判の内容自体は正当であっても、物言いが乱暴だったり、感情的な中傷を交えていたり、改善案もとても現実的ではなかったりすると、批判としての価値が無くなってしまいかねない。

ただし、いくら自身が肯定している対象を厳しく批判されたからといって、それをアンチの難癖と見なして頭から拒絶する事は決して好ましくなく、時には無視した方が良いこともある。
逆に自分が何かに触れた、あるいは知った際にそれが「自分には受け入れがたいor許せない」と思ったものであっても無理にそれへの批判、否定に執着したりせず、黙ってそれから離れた方が精神的にもずっと健全な場合もある。

Pixivにおける批判

pixivでもメイン画像のように、何かしらの対象への批判を目的とした内容のイラストは“批判”タグの有無に関わらず投稿されており、同時にイラストだけでなくそれに付随するキャプションやタグでもその対象への批判を行っている場合も少なくない。
中にはコラの素材元として作られたイラストを利用したいわゆるイメレスを使ってその主張を表現しているものもいくつかあったりする。

それに加えてユーザー自身が様々な分野および事柄の記事を自由に作成、編集できるピクシブ百科事典(ピク百)でも同様に、特定の対象記事の説明においてそれを批判するかのような記述が為されるケースや、あるいは最初から対象への批判を前提にした内容の記事が作成されるケースも珍しくなくなりつつある(主に「ショック記事」や「問題記事」と題されている記事がそうである傾向が強い)。

一方で、そのどちらも作者および執筆者の感情的な主観、あるいはネットなどの限定的なソースに基づいた主張や情報であることも少なくないため、それらを閲覧する際には本当にそれが正確な論理に順ずるものなのか、対象の評価において重要なものなのかをよく考える必要がある。
そもそもpixivでそういった批判目的の創作、記事の編集に関しては元より賛否の声も上がっており、pixivでの批判活動に関してはできるだけ慎重を期した方が良い。

なお、プライベートな事柄を持ち出してネガティブキャンペーン(ネガキャン)をしたり、偏見に基づく差別的感情を書きつけた場合、それが事実であるか否かを問わず、名誉毀損ヘイトスピーチに問われることがある。「事実であれば何を言ってもいい」ということはないことを知っておこう。

関連項目

非難 糾弾 議論 ネチケット ネットマナー

誤った批判による行為・思考
ネットイナゴ 2ch脳 ネット弁慶 レッテル貼り アンチ

参照リンク

批判的思考

関連記事

親記事

行動 こうどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「批判」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「批判」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184979

コメント