ピクシブ百科事典

批判

ひはん

相手の良し悪しを判断し、評価する事。

概要

相手の良し悪しを判断し評価する事。
もしくは相手の失敗や欠点を取り上げ、その根拠を示しながら改善を求める事。

ここで注意しなければならないのは批判というのはあくまで「冷静かつ論理的に対象の問題点を明確にし、同時に次に活かすべき改善点を導き出す」事を目的とした至って建設的な行為だという点である。
上から目線でただ感情に任せて中傷暴言、あるいは愚痴皮肉混じりの言葉で対象の悪い所だけを論ってその存在を根本から否定してしまおうというのは正しい意味での批判とは言えない
混同されがちだが、対象の欠点のみを強調したり感情のままに攻撃する事は「批難(非難)」として区別される。

その批判が自身の感情から来るものにせよ理屈から来るものにせよ如何に具体的な理由を述べていたとしても、肝心の文言が恣意的あるいは中傷的過ぎたりすると批判としての価値が無くなってしまいかねないため、批判をする際には使う言葉の選択やその表現の仕方には尚の事慎重になる必要がある。
例えば単に悪い点を引き合いに出すのではなく、対象に共感できた部分も盛り込みつつ評価する事もまた正しい批判を行う上で重要となる。

また、例え具体的な改善案や対案を出していたとしても、それが現実的に反映困難あるいは不可能な要望だとやはり批判としては不適当だったりするため、批判やそれに基づく改善要求を行う際にも相手側の事情と状況についてそれなりに考慮する事も視野に入れておくべきである。

世の中(特にネット界隈では)にはただの文句不満を書き連ねただけのような主張をさも正当な批判意見であるかように使い、そしてそれを他人に反論されたり咎められたりすると「信者か関係者が言論弾圧している」とか「批判を許さないなんておかしい」などと逆恨みじみた反発に出る者もおり、さらに極端な例だとアンチがその対象を最初から完全に否定する為のロジックとして「批判」という言葉を使ってくるケースも少なくない(当然ながらこれは批判ではなく批難である)。

批判自体はいかなることにおいても出てくるものであるが、いくら厳しく批判されたからといってそれをアンチの難癖と見なして拒絶する事は決して好ましくない。その一方で批判する側もその対象の純粋なファンのことも考えて節度と程度を守りつつ周りの評価に流されずに冷静かつ丁寧に己の意見を述べ、例えその批判を反論、否定されてもムキにならずそれも受け入れてその対象への理解を深めたり、さらに対象のより良い今後を考えるという目的で行うべきとされている。
その批判が「対象の事を思って」というのなら尚更である。

何より本当に対象の事を「自分には受け入れがたいor許せない」と思ったとしてもアンチのようにそれへの批判に執着したりせず、さっさとそれから離れた方が健全であろう。

参照リンク

批判的思考

pixivに投稿された作品 pixivで「批判」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99199

コメント