ピクシブ百科事典

ネット弁慶

ねっとべんけい

実生活ではおとなしいが、ネット・SNS上でだけは強気になり、他人や企業などに対して威圧的・攻撃的な内容を書き込む人間を表すネットスラングの一つ。
目次[非表示]

概要

インターネット上では強気な上、喧嘩腰で威圧的・攻撃的な内容を書き込むが、実生活では小心者おとなしい人物のことであり、『内弁慶(外では意気地がないが、家では威張り散らす人)』をもじったネットスラング
類似の言葉として、『サイバーカスケード』『2ch脳』『ネットイナゴ』など。

なお、ネット弁慶とは逆に「インターネット上で交流しているときはおとなしかったが、実際に会ってみると態度が大きい」という『逆ネット弁慶』なんてのもある。

なぜ人はネット弁慶になるのか

行動・言動については『2ch脳』の記事が詳しいので割愛するが、ネット弁慶になる背景には、

  • 匿名性によって感情の節制が取れなくなり、発言の責任を取らずに振る舞え、攻撃性が増大する(心理学者のジョン・スラー氏はこれを『オンライン脱抑制効果』を呼称している)。
  • コンプレックスなどにより自尊心が低く、自分自身に自信がない(または自尊心が高く自意識過剰)ため、心理的防御反応により攻撃的になっている。
  • 境界性人格障害アスペルガー症候群などといった、他者を思いやる事が非常に困難・実感が持てないような、何かしらの脳の疾患や障害を持っている。
  • 誹謗中傷や悪口を書き込むことに快感を覚え、薬物のように一種の依存状態になっている。
  • 単に精神的に幼い、もしくはネットでの叩きが当たり前と勘違いしている学生、ネット・SNS初心者など。

これらが主な原因として挙げられている。

『オンライン脱抑制効果』についてだが、2013年岐阜県のとある小学校で、生徒に匿名空間でチャットを行わせ、罵詈雑言誹謗中傷が蔓延した頃に実名を一斉に公表させる事で、ネットの怖さを教える授業を過去に行なっており、同効果を証明させるものになっている。

なお「私はネットとリアルでは人格が違うから」と、ネット弁慶である事を開き直る人もいるが、ネット・SNSは非現実なフィクションの世界ではなく、現実世界の延長線上にある空間だという認識を持たなければならない。
度が過ぎれば犯罪行為に繋がり、他者はもちろん自分自身の人生すら台無しにしてしまうため、行き過ぎた行為は現に慎むべきである。現に度が過ぎて、警察のお世話になってしまったネットユーザーは過去に数多く存在する。

言論の自由』とは、それによって発生したリスクやトラブルに対する責任と覚悟を背負うという、規範意識があってこそ成り立つ概念なのを、心に命じるべきであろう。

関連項目

タグ
武蔵坊弁慶 ネットスラング 性格 内弁慶 二面性 小心者 臆病者

魁!!クロマティ高校 - 主人公と同じ高校に通う田中牧男は、学校ではパシリにされるものの、ネット上で荒らしと化す『ネット弁慶』であり、逆に藤本貴一は学校では人に平気で暴力を振るう番長だが、ネットでは慎ましく礼儀正しい『逆ネット弁慶』である。

ネット弁慶に見られる行動・言動
自治厨 アンチ 荒らし 粘着(インターネット) ネット右翼(ネトウヨ) ネット左翼(ネトサヨ) 在日認定 ネットイナゴ レッテル貼り 2ch脳 なりすまし エナジーバンパイア

外部リンク

関連記事

親記事

ネットスラング ねっとすらんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネット弁慶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12749

コメント