ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

バーチャルYouTuberのファンの事を揶揄する蔑称。かつては「カオナシ」とも呼ばれた。

オタク(特に男性)のことを豚と表現する習わしは、声豚サカ豚などと同様。蔑称だがあえて自称している者もいる。


バチャ豚は一般にモテないオタクの弱者男性というイメージが固まっている。また、高額スパチャする者は「ATM」とも揶揄される。


類似の表現として、「V豚」などもSNSを中心に使用されている。近年のVTuberブームに伴い、バチャ豚の増長ぶりも多くの反感を買っている。


VTuberファン同士の諍いも多く、価値観の異なるファンが互いにバチャ豚と罵り合ったり、あるいは自虐や自嘲を込めてバチャ豚を自称する人もいる。そのため大手のVTuber事務所は「価値観が異なることを認め合うことが必要です」という旨のガイドラインを出す有様にまでなっている。


分かりやすい例

  • VTuberのTwitterのリプ欄や配信のコメント欄で異常なまでに気持ちの入ったメッセージを送りつけ、周囲をドン引きさせる。
  • 非常に大きな金額の投げ銭を行い続け、日常生活に支障をきたしている。悪化すると組織の金を横領してでも投げ銭を行ってしまう。
  • 推しのVTuberがいくら不祥事を起こしても盲目的に擁護し、手当たり次第にアンチ認定して他の界隈を攻撃したり、時には版権が悪いのだと主張する。
  • てぇてぇ」等と百合営業を好み、それを強要するメッセージを送り付ける。逆に、配信者同士の不仲説が流れると無実な関係者に攻撃的なメッセージを送るようになり、引退に追い込もうとする。
  • 正式に公開されていない中の人の情報をインターネット上で流す。その中には恋人持ち説や、「過去はこんなクズな奴だったんだ」等の真偽不明の風評被害もある。
  • 推しの同接数や登録者数が多いほど偉いと考え、他の推しのファンにマウントを取る。
  • 大手事務所所属タレントのファンを盾に個人勢や新人VTuberを荒らし、挙句の果てに引退に追い込む。
  • 推しが配信中のゲームにゴースティングをし、推しや他のプレーヤーに迷惑をかける。
  • 推しのグッズを身に着けた上でゴミを不法投棄する。
  • Vtuberのノリなどを現実に持ち込む

このように、具体的なケースを挙げ始めるとキリがないほどある。

ただ、対立する特定の界隈の層が、バチャ豚を装ってVTuberを叩いたり配信を荒らしたりするケースがかなり増えているため、上記の事例も必ずしもファンが行っているとは限らない点には留意。


杞憂民

杞憂民とは、配信者がアンチ派に叩かれることを過度に杞憂する視聴者のこと。


配信者のメッセージを間違った方向に解釈し、「こういう活動するから叩かれるのだ」とか「この内容では再生数が伸びないぞ」などと過度に杞憂するあまり、配信者の活動にケチをつけるようになったり、指示厨として振舞ったり、果てには他のリスナーを叩き始める者も珍しくない。


この言葉がVTuber界隈で有名になったのは、バチャ豚と呼ばれる層の中でも特に有害なリスナーの典型として知られるためで、年齢層の高い人が多い時期もあったが、近年は大学生も増加傾向にある。

事実上はアンチと何も変わらないという意見もある。


ピクシブ百科事典では

ピクシブ百科事典においては、てぇてぇやデザイン担当が同じ理由で強引なこじつけを行う繋がり荒らしや、他ユーザーの記述や画像の編集を受け付けない削除荒らしも存在する。女性配信者に対して即座にチェックリストを入れている他、短時間での同一記事の連続編集も多い傾向も高い。

上記の主な世代による編集合戦が多い他、編集内容を入力することを面倒くさがり、「追記修正。」と書かれていることも多い。

大手や準大手の事務所所属タレントのファンほどその傾向が強く、pixivユーザー同士で冷ややかな目で見られている。


当記事も一握りの利用者によって幾度も編集されており、バチャ豚を批判しているのはバチャ豚という構図をよく表している。


関連タグ

蔑称 声豚 萌え豚 絵畜生 ドルオタ

VTuber バーチャルYouTuber


外部リンク

バチャ豚- ニコニコ大百科

関連記事

親記事

蔑称 べっしょう

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました