ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

○○太郎

まるまるたろう

○○太郎とは、ネットスラングの一種。作品の登場人物に対しての蔑称。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 株式会社菓道から発売されている「菓道の太郎シリーズ」の駄菓子の名称
  2. 特定の創作物の主人公に対しての蔑称 →この項目で解説。

概要

特定の創作物の主人公に対して用いられる、「覚えにくい大それた名前のくせに大した個性がない、本名を覚えようと思う程度の親しみすら持てない(ので「○○太郎」で十分)」というキャラヘイトのニュアンスを含んだ蔑称である。 「太郎」が、古くから「書類記入例などに用いられる定番の仮名」であるのも関係している。


基本的には異世界ものの主人公に対してことごとく言われており、同ジャンルによく見られる「他者から受諾された不相応な力で活躍し称賛される」というテンプレ作風を嫌った者からこう言われる事が多い。

近年では、ベクトルこそ違えど同じ立場に落ち着き易いソシャゲの主人公なども言われるケースが増えている。 勿論、頭ごなしの蔑称である為、「どうせテンプレ作品だろ」と一括りに見下されたくない各作品のファンからは忌避されている。


性別を選択できる作品においても、男性主人公と女性主人公ではファンの受けが異なり、女性主人公に対してこのような揶揄はあまり見られないため、現状としてアニメやゲームにおいて男性主人公がいかに受け入れられにくいかをよく表している(女性主人公を指して「○○花子」という表現はごく一部に留まり、ほとんど定着していない)。


最近では、作品の主人公に対してのみでなく、そうした作品の消費者(特に熱狂的なファン)に対する蔑称にもなるなど、初期以上のマジックワードと化している。


発祥

スマホ太郎を参照。


なお、利根川の別称である「坂東太郎」などのように、特定分野の代表格に対して「太郎」の付いた別称を付ける文化自体は古くから存在する。ただし、この場合は蔑称ではなく尊称の意味合いで付けられていることが多いため別物と考えるべきである。


関連タグ

レッテル貼り 蔑称 キャラヘイト

ネットスラング なろう系


妓夫太郎・・・命名理由が本項と一部共通するため。

異世界喰滅のサメ・・・○○太郎を体現したタローン・ナローケというキャラが登場。

関連記事

親記事

蔑称 べっしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4847

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました