ピクシブ百科事典

スマホ太郎

すまほたろう

『異世界はスマートフォンとともに。』およびその主人公に対する蔑称。
目次[非表示]

概要

以下、解説に不快な表現が含まれます。




当初は『異世界はスマートフォンとともに。(いせスマ)』の主人公「望月冬夜」に対する蔑称として用いられ、その後作品全体を指す用例も増えていった。

基本的に作品を貶める目的でのみ使用され、純粋なファンはまず用いない。
そのため関連作品へのタグ付けなども非推奨である。

由来

2ちゃんねるのアニメ板に立てられたスレッド「異世界はスマートフォンとともに その5」で交わされた以下のやり取りに端を発する。

>496 風の谷の名無しさん@実況は実況板で@無断転載は禁止 (ワッチョイ bfc1-KArU) 2017/07/21(金) 16:33:56.50 ID:TUlmDpFx0
>そういえばまだ主人公の名前を覚えてなかった事に気が付いた

>497 風の谷の名無しさん@実況は実況板で@無断転載は禁止 (ササクッテロル Sp1b-5fVZ) 2017/07/21(金) 16:34:59.58 ID:GKlBt2Wxp
>>>496
>確かスマホ太郎だったはず

ここから「名前を覚える必要も無い」という意味を込めて「スマホ太郎」と呼ばれることとなったのである。


とは言え、このやり取りは同作がアニメ化され、さらに相当時間経過した後のものである。
かなり突発的な思い付きの愉快犯であった可能性が高く、本来であれば内輪ネタとしてもごく局地的な使用に終わるはずの単語であった。

ところが、『いせスマ』が所謂「なろう系」の代表作としてまとめサイト等で盛んに取り上げられたこと、MAD素材としてアニメ系のコミュニティ全般で広く流行したことから、作品と共にこの単語も盛んに拡散されてしまう

それにより信者アンチの垣根を越えて使用者が増えてゆき、単なる作品の略称の一つと捉える者から「なろう系」や「クソアニメ」そのものの代名詞と捉える者まで、各人が思い思いの用法で濫用するという事態が発生するに至った。
しまいにアニメの垣根すら越えてゲーム等にも「とりあえず太郎」レベルの雑な使われ方がなされるようになり、一時は「太郎」と呼びたいがためにツッコミどころを探すという本末転倒大喜利じみた悪ふざけも流行した。


以上から最早何を侮蔑しているかも分からなくなった単語であるため、使用自体を推奨しない。

関連項目

風評被害
異世界オルガ:MADブームの火付け役。無駄にクオリティが高い。

外部リンク

望月冬夜

関連記事

親記事

○○太郎 まるまるたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スマホ太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170233

コメント