ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ニコニコ動画で公開されたウィンター氏作の二次創作MADシリーズ。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ(鉄血)」と「異世界はスマートフォンとともに。(イセスマ)」のクロスオーバーを中心に描いている。
タイトルはメインとなる両作品のタイトルの一部を無理やり抜き出したものであるため、オルフェンズの「オル」とガンダムの「ガ」のフォントサイズが合っておらず「異世界オルガ」とも表記される。

オルガピピックを始めとした他作品に鉄血を絡めるMADの先駆けであり、転じて「鉄血+他作品MAD」の総称としても使われているため、差別化のために「スマホオルガ」とも呼ばれている。

概要

「鉄血」本編で壮絶な最期を遂げたオルガ・イツカが「イセスマ」冒頭の神様のもとに呼び出されて…という内容の一発ネタであったが、好評を得てシリーズ作品となった。

「イセスマ」のアニメ放送をベースに鉄血を始めとした様々なジャンルの作品の要素を混ぜ込んで茶化しながらも再構成という形式で、イセスマのアニメ放送に合わせて全12話で完結。
本編の死亡シーンを持ちネタおよび特殊能力としてフル活用、元々無関係な別ジャンルの作品のネタをその場のノリと勢いでねじ込むなど多少見る人を選ぶ作風ではあるが、テンポの良さと構成力の高さから二次作品としての完成度も高く、有志による小説版も執筆されている。

その反面「オルガを他作品にねじ込めばウケる」と安直な発想からクオリティの低い二番煎じが作られたり、ベースとなっているイセスマに対して「異世界オルガの素材以上の価値がない」と貶めるための引き合いに使われるなど、様々な弊害も生み出している。(イセスマの評価が高いとは言い難いのも確かなのだが……)

同作者の別シリーズ(続編とは明言されていないが事実上の続編扱い)に「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」と「鉄血のオルフェンズ」のクロスオーバー「デスマーチから始まる異世界オルガ」(通称:デスマオルガ)がある。
……が、こちらは第9回で作者から打ち切り宣言が出された為、原作アニメ最終話まではいっていない。
更に別シリーズとして「百錬の覇王と聖約の戦乙女」とのクロスオーバー「百錬オルガ」が作られている。

注意

この作品はあくまでもクロスオーバーを題材としたMAD作品であり、作品を乏しめるものではありません。
なのでいくらどちらかの作品が気に入らずとも、この作品を免罪符にして原作を叩きに行くのはやめましょう。
また、この記事に関係のない場所にてこの作品の事をコメントするのもやめましょう。
全ての作品のファンが楽しめるような環境づくりを皆でしていきましょう。

また、近頃では動画内のネタなどを本家や関係のない動画で流す行為が見受けられます。
そうした行為は異世界オルガファンや本家ファンを不快にさせますから、自重してくださるようお願いいたします。

あらすじ

平凡な高校生だった望月冬夜はある日、神様の手違いで止まるんじゃねぇぞ...してその短い生涯を終えたオルガ・イツカと出会う。
相棒の三日月・オーガスに神様への落とし前をつけさせたオルガは、異世界で第二の人生を歩むことになったが、その際何の能力もなく転生した直後に殺されて神様のもとに出戻ったため、死亡しても合言葉「止まるんじゃねぇぞ…」があれば即座に復活できる力と、召喚魔法を手に入れた。

オルガは愛用のスマートフォンと無限の魔力を行使する冬夜と、自身が召喚した相棒の三日月とその乗機「ガンダム・バルバトス」をはじめとする仲間たちと共に、ファンタジーな世界に新たな風を吹き込んでいく――。

登場キャラクター

CV:細谷佳正
「だからよ、止まるんじゃねぇぞ…
本シリーズの筆頭主人公にして鉄華団団長。転生したことで前世の重荷から解放されたからか生き生きとしており、頼れる兄貴分で良識派のポジションだが最大の特徴はすぐ死ぬ事、そしてその直後に何事もなかったかのように復活する死に戻りあるいはどこぞの神ばりのコンティニュー機能と、召喚魔法で相棒三日月・オーガスと乗機ガンダム・バルバトスを呼び出し使役する事。
最初は刺殺、爆死などオチで盛大に死んでいたが、話が進むにつれて自転車に轢かれる程度など些細な事でどんどん死にやすくなっていく。
加えて本作では境遇故の上昇志向がより強く出ており、「」になることについて拘りを見せるが、それを諌められることも。

CV:福原かつみ
「イセスマ」側の原作主人公。
基本的には問題が起きて困っている相手を見過ごしておけない性格なのだが、敵意を向けてくる相手や悪人には一切容赦がなく(殺傷力は低いとはいえ)人に当たれば骨折は確実なブツを平気でぶっぱなしたりと、浮世離れした感性からか荒んだ人生を送ってきた少年兵と変わらないメンタルを持つ。
そのおかげかオルガをよくうっかり見捨てて止まるんじゃねぇぞ…させてしまう(ちなみにメンバーで一番オルガの死因を作って止まるんじゃねぇぞ…させている。 )が、その一方で三日月とは息が合っているのか彼を「ミカさん」と呼んで一目置いている。
最終回で「イセスマ」世界を去るオルガ達とは別れることになった、と思われたが…

CV:河西健吾
「うん。行こう!俺たち……みんなで!」
「鉄血のオルフェンズ」側の原作主人公。乗機ガンダム・バルバトスと共にオルガに召喚されて戦う。
似た者同士なのか冬夜からは「ミカさん」と呼ばれて一目置かれており(イセスマに「ミカ」というキャラがいる関係で音声素材が有り、名前をよく呼ばれる。)、自身もまた前世での経験から彼を気に掛けているため、戦闘ではタッグを組んで弱点を補いあったり共に融合素材となってガンダム・バルバトス ルプスレクスを召喚している。
愛機バルバトスを持ち出して海で遊んでいたり、迷子の子供を仲間たちと一緒に親元まで連れて行ったりなど異世界生活をエンジョイしているようである。

CV:内田真礼
CV:福緒唯
オルガが異世界で最初に出会った双子姉妹。作中特筆する活躍はない。

CV:赤﨑千夏
2話で加入した遥か東方の島国「イーシェン」出身の。前衛担当。あまり役に立っていない。

CV:高野麻里佳
4話で加入。
魔法を少々使えるらしく、小説版の9話にて彼女が召喚したシルバーウルフガンダム・バルバトス ルプスレクスを召喚するための融合素材となっている。本人はそんなに活躍しない。

CV:山下七海
8話でメンバーに加入した公爵の娘。「いせオル」中では目立ってない。

CV:上坂すみれ
ミスミドの妖精族の主。『古代遺跡に連れて行ってほしい』と依頼してきた。ヒロイン組の中では多少出番が多い。

  • 白帝/琥珀
CV:甲斐田ゆき
5話から加入したマスコット枠。西の聖域を守護する神獣。あまり役には立っていない。

CV:内匠靖明
「お前がぁぁぁぁっ!」
鉄華団所属のMS乗りでガンダム・グシオンのパイロット。
最終話にてある理由で召喚された。

  • オリガ・アストランド
CV:井上喜久子
名前がオルガに似てる。リオン・ブリッツと結婚する予定。小説版において、CV絡みからかある人物が「どことなく???に似ている」と語っている。

CV: 斉藤壮馬(リオン時)/???モンターク(???)時)
バエルを持つ私の言葉に背くとは……」
6話から登場するベルファスト王国第一騎士団の騎士。その正体は…(両者の外見が何となく似ていたため本作では同一人物と扱われる。)

  • ミカ
CV:原紗友里
リフレットの宿屋「銀月」の看板娘。名前が三日月に似てる。

CV:大久保瑠美
空中庭園にいた『魔法生命体と機械の融合体』で、11話のやべーやつ。
「きつい」byウィンター氏

  • レジーナ・バビロン
CV:寿美菜子
空中庭園とフランシェスカの制作者。彼女もまた『やべーやつ』。

  • 神様
CV: 立木文彦
死んでいいやつ。オルガが転生する原因を作ったが、落とし前を付けられ射殺された。
がその後復活した模様。

  • 恋愛神
CV: 堀江由衣
死んでいいやつ。

その他のゲスト

CV:小野賢章
2話ラストから登場する自称「エンタメデュエリスト」で、死んでいいやつ。
9話冒頭でオルガとのデュエルを繰り広げる。

CV:安元洋貴
3話に登場した、家を爆裂魔法で焼かれてしまったデュラハン
作者曰く「このすばアニメ新企画始動おめでとうございます。」。

7話にてイメージとして登場。みんみー。
作者曰く「例の顔すきです。」

ジャンルとしての異世界オルガとその作品


現在では異世界オルガそのものが一つのジャンルとして確立されており、最初は小説家になろうが原作となっているアニメにオルガを乱入させると言う動画だったが、今では好きなアニメにオルガを乱入させてストーリーそのものを動かしてしまう、と言う最早一種の二次創作アニメーションとなっており、編集技術の高い投稿者による様々な異世界オルガが投稿されている。
ここでは完結した異世界オルガのみをまとめて行く。

異世界オルガ


異世界はスマートフォンとともに。と鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
異世界オルガの元祖であり、異世界オルガそのもの。
ストーリー自体に変化が及んだりはしておらず、基本的に異世界スマホダイジェストのようにも思える作品。

祝福オルガ


この素晴らしい世界に祝福を!と鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
異世界オルガで二番目に完結した作品であり、現在は2も投稿されているが更新は止まっている。
また、フミタン・アドモスが登場したり鉄華団面々が大勢いたりと少し珍しい作品。
異世界オルガ同様にストーリーに大本な変化はないが、佐藤カズマが受ける理不尽や罪などを大体オルガが背負っている。

ナイツ&オルガ


ナイツ&マジックと鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
タイトルにオルガ、と入っているが主人公は元の主人公であるエルネスティ・エチェバルリアに憑依した伝説のバエル馬鹿ことマクギリス・ファリドでありオルガはた作品でのマクギリスの立ち位置に収まっており、この作品もマクギリスが主役と言うことからか珍しい作品である。
ストーリーに大本な変化はないが、中の人繋がりで頭ガンダムVS頭ガンダムが実現した。

デスマーチから始まる異世界オルガ


デスマーチから始まる異世界協奏曲と鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
異世界オルガと作者は同じであり、実質的に続編に近い物語。
前作主人公のような立場で望月冬夜が出てきたりする。
打ち切りと作者が宣言しているものの、纏まり方はちゃんとしているので完結作品とカウント。
ストーリーに大本な変化はない。

艦隊オルガ


艦隊これくしょんと鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
オルガが転生してきて艦娘たちに混じって戦うお話であり、提督はマクギリス。
ストーリーに大本な変化はない。

オルガーベイベー


キルミーベイベーと鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。

Re:オルガ


Re:ゼロから始める異世界生活と鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
無限に蘇れるオルガが死に戻りまで手に入れてナツキ・スバルと死にまくり人生を歩むお話。
ストーリーは基本的にRe:ゼロそのものだが、細かい部分が変化していてオルガが良い兄貴分になれていたりする。
ガエリオ・ボードウィンが本格的に登場した作品。

オルライブ!


ラブライブ!と鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
オルガたちの転生、と言うのが最も正しく使われているのか幼児時代が描かれていたり、同じ学校に通って同年齢だったりと転生らしい転生をしている作品。
ストーリー自体は基本的に原作のラブライブ!と変わらないが、オルガが衝撃的なことをやったりメンバーの数や展開の変更等カップリングも生まれていたりする。
現在は2が投稿されており、2も完結間近。

インフィニットオルフェンズ


インフィニット・ストラトスと鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
初めて鉄血のオルフェンズ以外のガンダムキャラが明確な姿になって登場した作品であり、ゲストキャラとしてキラ・ヤマトが登場したりしている。
ストーリー自体にも変化はあり、戦闘描写等にも変更が加えられている。
続編の2も完結しており、オルガがモビルスーツに乗って戦う素材が増えるキッカケだったり、オルガの便利なIS走りもここから生まれている。

Fate/Grand Orhpans:ファーストオルガ


Fate/Grand Orderと鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
全四話と短いように思えるが、クオリティ一つ一つはこれまでの異世界オルガと別格、と言われる程の合成技術やキメラ語録、中の人繋がり、シーンの繋ぎやキャラクターに変化を及ぼしていたりする作品。
ストーリー自体に大きな変化はない。

オルガ細胞


はたらく細胞と鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
最早オルガ・イツカですらなく鉄血球となって体の中を駆けまわっているが、ノベライズ版によるとオルガ・イツカの体の中だそうなので結局オルガである。
ストーリー自体に変化はない物の、鉄血球が各所で死にまくっていたり細胞一つ一つに兄貴分のように寄り添う姿が描かれて、感動的なシーンに仕上がっていたりする。
EDが特殊に出来ており、様々なトラップをオルガが死ぬごとに学習しており、一回ごとにEDがちょっとだけ長くなっている。

オルガーロード


オーバーロードと鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
ガエリオ・ボードウィンがメインキャラクターとなっていたりする。

殺戮のオルガ


殺戮の天使と鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
世界観について不明なところは多いが、主人公である少女のレイチェル・ガードナーが最初からアグレッシブになっており、水を飲む感覚でオルガが殺されている。
また、敵が全て殺人鬼であると言うことから死ぬことについては事欠かなく、死なない話が一話たりともなかったりする。
また、異世界オルガの中では珍しいことにモビルスーツが滅多に出て来なく、最終話直前や最終話で出てきただけ。
そして、視聴者にとって鉄血のオルフェンズが放送されていた時からの夢のカードであるガンダム・バルバトスVSガンダム・バエルのバトルが行われている。
ストーリー自体に変化も及ぼしており、最後の写真ではアイザック・フォスターとレイチェル・ガードナーが死なずに鉄華団へ入団しているのでは?と推測されている。
また、他作品では出番が少なめであるイオク・クジャンラスタル・エリオン等が登場していたりする。

バーチャルさんはオルガみている


バーチャルさんはみていると鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。

ハッピーオルガーライフ


ハッピーシュガーライフと鉄血のオルフェンズを混ぜた作品。
主人公の松坂さとうの行動に原作と大きな変化が及んでいたり、神戸しおを連れて生活している部屋が画家の物ではなく、オルガと三日月の部屋であることから家族団らんのような雰囲気が出ていると思えば、急に視聴者を笑わせに来るギャグや、オルガのBBを余すことなく使ってギャグ感を満載にしていたり、原作で不遇だったり死亡したキャラクターが生存する展開が存在したりと、原作のハッピーシュガーライフからはとても想像出来ないストーリーとなっている。
更にストーリー自体も原作とは大きく違っており、結末すら収束しない程の変化が起きている。
また、バエルが二機出てきてオルガや三日月と交戦していたり、その際の戦闘が高い編集技術に比例するかのようなカオスっぷりである。


関連タグ

デスマーチから始まる異世界オルガ
ニコニコ動画 止まるんじゃねぇぞ… 二次創作 MAD
鉄血のオルフェンズ オルガ・イツカ 三日月・オーガス
異世界はスマートフォンとともに。
オルガピピック
インフィニットオルフェンズ
鉄血のアークフレンズ

転生したらスライムだった件
アニメ放映当初からオルガMODの対象になっていたが、無法者たちの頭で上層部から捨て駒にされて別の権力者の支援を受けて成り上がるヨウムという登場人物のCVが細谷佳正氏に決定した。

外部リンク

異世界オルガ(ニコニコ大百科)
異世界オルガ(ニコニコ動画)
異世界オルガ(ノベル版)
デスマオルガ(ニコニコ動画)

関連記事

親記事

止まるんじゃねぇぞ… とまるんじゃねぇぞ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「異世界オルガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74085

コメント