ピクシブ百科事典

止まるんじゃねぇぞ…

とまるんじゃねぇぞ

TVアニメーション作品『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物、オルガ・イツカの遺言である。
目次[非表示]

俺は止まんねぇからよ

お前らが止まんねぇかぎり
その先に俺はいるぞ!
だからよ、止まるんじゃねぇぞ…。

概要

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第48話(二期23話)「約束」でヒットマンから仲間を守るため銃撃を受けて死んだオルガ・イツカが最期に遺した言葉。その経緯(と真面目な概要)については「オルガショック」を参照されたし(ネタバレ注意)。

放送当時(2017年3月頃)は、ただでさえ鉄華団サイドの人間ばかりが次々と死亡しギャラルホルンサイドへほぼ一方的に勝機が傾く絶望的な展開が続いていたのに、最終回2話前に隊長のオルガが殺されるという衝撃の展開がダメ押しの如く訪れた事から、ネット上ではトレンドに「Vガンダム」の文字が浮上するほどにお通夜ムードが続いていた

しかし、問題のシーンは冷静に見直してみると突っ込みどころ満載であり、悲しみと共にネタとしても大盛り上がりを見せてしまった
数々の突っ込みどころ(詳しくは兄弟記事「オルガショック」の「余談」にて)に加え、絶命の瞬間のカメラワークが唐突に真上からのアングルへと切り替わったため、左手人差し指だけを立てた状態で左腕を頭上側へ伸ばしうつ伏せに倒れた体勢が吊革を握る恰幅の良いサラリーマンの後ろ姿や映画『サタデーナイトフィーバー』のパッケージにおける主人公のポーズに見えなくもない事、オルガの中の人熱演やBGMとなっていたエンディングテーマフリージア」の効果も手伝って、感動を呼び込むはずだったシーンが途端にシリアスな笑いを誘うようになり、最終回放送後は視聴者やネット民が開き直ったかの如くクソコラフリー素材として使い始めてしまった(実際、pixivでもトレス画が描かれだしたのは最終回放送から数ヶ月後である)。やはりと言うべきかMAD動画も大量に生産され、もはや鉄血の枠を飛び越え謎の一大ムーブメントに成り果てたのだ。

贔屓目に見ればトラウマブレイカーの典型例であるが、この作品に限っては(コラやトレス画が量産されだした時期を考えても)TV放送されたガンダム作品の中でも取り分けハードだった展開に対する視聴者のストレス発散も含まれていたのかもしれない。

余談

  • セリフ単体の扱いとしては、皮肉にも同クールに放送していたアニメ版『けものフレンズ』が終盤で一気に高い評価を得た事もあり、鉄血よりもアニメ版『けものフレンズ』の監督を務めたたつき氏への「どうか今後も質の高い仕事を続けてくれ」という応援メッセージとしての転用も見られた。
  • 同じくガンダムシリーズ屈指のネタとして『カミーユ精神崩壊シリーズ』があるが、あれはいたってシリアスなシーンを中の人ネタを使って面白おかしく作ってある。
  • 「止まるんじゃねぇぞ…」のネタ扱いや雑コラに対して不快感を示すファンもいるため、節度を持った使用を心掛けるべし。



表記揺れ

他多数

関連イラスト

ありそうでほとんど無かったダイイングメッセージ付き。

笑顔
とまるんじゃ…ねぇぞ…



ある意味時事ネタ

【コミケ参加者へのお約束】
けだるい



今や珍しいシリアス絵。

俺は止まらねぇからよ…



関連タグ

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
オルガ・イツカ 暗殺 遺言 オルガショック
突っ込みどころ満載 シリアスな笑い トラウマブレイカー
クソコラ コラ素材 フリー素材 MAD シリアスブレイカー
meme/ミーム

けものフレンズ(アニメ) たつき 鉄血のアークフレンズ
俺の屍を越えてゆけ:セリフのニュアンスはこんな感じ。
檀黎斗:こちらも近い時期に死亡したが後に復活。Twitterなどで二つセットのネタにされることがたまにある。
津川館長:放送当時はトラウマだったがどんどんネタ扱いされていったアニメの出来事……の前例。

pixivに投稿された作品 pixivで「止まるんじゃねぇぞ…」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 395917

コメント