ピクシブ百科事典

オルガショック

おるがしょっく

鉄華団団長の壮絶な最期。

この先、 『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』第48話の重大なネタバレを記事内容に含みます。















機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』第48話「約束」の出来事。

火星鉄華団本部をギャラルホルンに包囲されるなか、マクギリスガンダムバエルで作った隙をつき、オルガクーデリアアトラを伴いなんとか脱出、アドモス商会にたどりつく。

そこで蒔苗東護ノ介との連絡がつき、さらにはタービンズの残党を仕切るアジーからの伝言も伝え聞き、ようやく窮地を打破する足掛かりが見えたそのときのこと・・・
ノブリス・ゴルドン刺客が独断でオルガ、チャドライドを襲い、ライドを庇うようにして、背中からいくつもの、刺客の銃弾が彼に集中する。
無数の凶弾を受けたオルガは、この時ミカから預かっていた銃にて反撃
刺客の一人に命中させ、ひたすらに前に進みながら、自らの血の海のなかに倒れ、死亡するという最期を遂げた。

尚、ノブリスはその後報復を受けたがそれはまた別の話である。

余談

指名手配されているはずのオルガが、何の対策も変装もせず都市部に出向いて敵のヒットマンに撃たれるという体たらくであり、個人情報を改竄して指名手配の回避するという鉄華団らしくない方法や、わざわざ指定の場所へ本人が出向かなければならないという違和感のある内容から、勘のいい視聴者には彼の死が予測できる内容であった。しかし、蓋を開けて見れば、手続きの帰りにあっけなく撃たれて死亡するという、ある意味衝撃的な内容であり、これが案の賛否両論という評価となった。

一方で、医療技術が進んだ世界であるにもかかわらず、誰も応急処置をしようとしなかった事。血の流れで進み続ける事を示したかと思えば、生き残った団員達がオルガの復讐としてテロ行為を始めたり、仕事に追われたりで進み続けることをしていない事など、腑に落ちない点が多かったとも。

とてつもなく不謹慎な話だが、彼が死亡した時のポーズが、映画「サタデーナイトフィーバー」のパッケージに似ていたため、純粋に悲しめないどころか、むしろポーズがオチに見えて笑ってしまったという人が少数いたという。特に、終盤のオルガの行動や展開に違和感を感じていた人ほど顕著である。
このシーンだけ抜き取られると、ギャグにしか見えないということが発覚して以来、これをネタにしたイラストなどが投下されている。「止まるんじゃねぇぞ…

関連タグ

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
オルガ・イツカ
止まるんじゃねぇぞ…

pixivに投稿された作品 pixivで「オルガショック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26322

コメント