ピクシブ百科事典

鉄華団

てっかだん

鉄華団とは、TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場する民兵組織である。
目次[非表示]

いや、鉄の華だ。
決して散らない鉄の華

概要

火星の民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(略してCGS)」を前身とする民兵組織。
実際に母体となったのは、CGS主力部隊の下部に属していた「参番組」少年兵を中心に編成された非正規部隊)であり、団長はCGS参番組の旧隊長であるオルガ・イツカ
組織名は「決して散らない鉄の華(=消えない命)」の意を含んでオルガ自身が命名した。

参番組の少年兵達は元々、非正規兵と言う立場にある事から、CGSの大人達に不当な扱いを受け、時として困難な任務に従事させられていたが、CGSがクーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を請け負った事に端を発する、ギャラルホルンの襲撃、その混乱から起こった会社幹部や、正規部隊の逃走未遂を機に、オルガ達がクーデターによって大人達を放逐し、会社の実権を握った事で誕生した。
設備や保有戦力等はCGSの物をそのまま転用しており、強襲装甲艦「イサリビ」等も有している。

少年兵達が組織の中核を成している性質上、就学経験もまともに無いメンバーが多く、一期で文字を読み書き出来るのはオルガ・イツカビスケット・グリフォンをはじめとした一部のみ。
CGSの主戦力であるモビルワーカーも、操縦に高い教養が必要な為、これを補う名目で、団員達はCGS時代に旧世代の有機デバイスシステムである「阿頼耶識システム」を埋め込む手術を受けていた。但し、阿頼耶識システムのリスク上、2期で新規加入したメンバーにはそのリスク上、施術を行なっていない。

第2期以降は、団員達の大半が金銭の取扱いに疎い事を自覚していた結果、主な経理や資金管理はデクスター・キュラスター達、CGSから残留したスタッフや外部アドバイザーが担当。就学未経験者を多く抱えている事・紙の本が希少である事等から、タブレットの電子テキストによる自主学習を行う団員も多い。
その成果からか、戦艦のオペレーター等にも、幼い団員を採用している。団長のオルガも事務を習得し、事務職の新規雇用者も本部に見られ、支部も設備的に恐らく複数の事務職員が存在する。だが、依頼報酬は施設・装備の拡充と言った実務的な方面に多く充てがわれており、企業運営の為の人材は慢性的に不足している。
それらの欠陥や地球支部の問題点が、後のラディーチェ・リロトの裏切りを招き、地球支部壊滅の引き金となってしまった。

組織として懐を広くした結果、団員達はより強い絆で結ばれているが、横のつながりを重視する一方で、団員は組織の指針を団長のオルガに丸投げし、命令に従おうとする傾向が殆ど最後まで変わらなかった為、先を見据えた組織経営を困難な物としていた。
オルガも、「団員を生かす為の組織の存続」と言う理念を優先せず、団員達の意思(身内を暗殺した敵への仇討ち等)を無碍にも出来なかった結果、最終的には「団の下に殉じる」という理念に変節していき、様々な面で軋轢を生む事になってしまった。


本編での活躍

第1期

結成当初は、CGS社長であるマルバ・アーケイが資産のほとんどを持ち出し、また設備の補修や退職希望者への退職金の支払い等で、始業当初より資金難に直面していた。
しかし、CGSがギャラルホルン襲撃以前に受諾したクーデリアの護衛依頼を引き継ぎ、これを達成する事で組織の知名度向上を図るべく、クーデリアのスポンサーであるノブリス・ゴルドンからの援助に加え、木星の複合企業「テイワズ」の後ろ盾を得て、彼女が交渉を行う地球経済圏・アーヴラウを目指した。これ以降、クーデリアとも長い協力関係が続く事になる。

行く先々で戦闘や大人達の思惑に巻き込まれながらも、地球圏にたどり着くが、ドルトコロニーで勃発した紛争に巻き込まれる形で、ギャラルホルンと正面から事を構える事になり、軍事力の差もあって劣勢に立たされながらも、これに屈する事なく、多くの犠牲を生みながらもクーデリアの依頼を完遂した。

第2期

ギャラルホルンの治安維持能力と組織形態に、疑問を呈したアーヴラウから事顧問として迎え入れられ、またテイワズがアーヴラウとの交渉で得たハーフメタル利権の恩恵もあって、その規模を大幅に拡大させる。同時にテイワズへの正式加入により、テイワズ直属の傭兵会社へと昇華。それまでの兄貴分であったタービンズと同格の扱いとなり、クーデリア護衛任務で深刻なダメージを受けた、2機のガンダム・フレーム機の無償改修、テイワズの新型MS獅電の格安提供等と、それまで以上の恩恵を受け、地球支部の設立にも至った。

しかし、急速過ぎる組織の拡大化によって、身内(テイワズ内)から狙われる立場となった事を名瀬・タービンアミダ・アルカは危惧しており、後述のジャスレイ・ドノミコルスのやっかみを買い、惨事に繋がる事となる。また、鉄華団の活躍は「少年兵の有用性」が逆に実証されてしまう事になり、少年兵が戦場に出る事態に拍車をかけるジレンマを生みだす要因にもなっている。
そして、地球支部を閉鎖せざるを得なかった事に焦っていたオルガが、テイワズの代表であるマクマード・バリストンに何の相談もせず、ギャラルホルン改革以前から裏で繋がっていたマクギリス・ファリドからの甘言(マクギリスがギャラルホルンのトップに就いた暁には、火星支部局の権限を鉄華団に移譲する)に乗ってしまった結果、兼ねてより鉄華団やタービンズの名瀬に不満と敵意を抱いていたジャスレイが、イオク・クジャンと結託する形でタービンズ潰しに乗り出す事態を招いてしまう。
ジャスレイの奸計により、後ろ盾のタービンズを失い、これを討つ事によってテイワズ傘下からも離れる事になる。

以降は、後ろ盾を失い殆ど孤立状態に陥っていた事で、マクギリスの革命を成功させる事に全てを賭ける。しかし、マクギリスの計画はガンダムバエルの強奪まではうまくいったものの、生存していたガエリオ・ボードウィンのマクギリス打倒宣言によって、これまでの彼の暗躍が暴露された事もにより、最終的には「不調」という形で失敗。マクギリス一派と共に一転してギャラルホルンから追われる身となり、火星本部にまで逃れた後は、ラスタルの計略によって降伏も許されず完全包囲される形で孤立する最悪な事態となった。
以降は、マクギリスと袂を分かち、戦うのではなく「全員で生きる」道を模索、蒔苗東護ノ介やタービンズ後継組織の水面下の協力も取り付け、クリュセ市民のID管理元である地球へ、一旦逃亡して個人情報を書き換える事にするのだが、計画がまとまりかけた矢先、オルガをノブリス・ゴルドンの刺客により失い、マクギリスも戦死。火星本部もまたアリアンロッドの大部隊にに攻め込まれてしまう。
多くのメンバーは本部の地下から、クリュセに通じたトンネルから脱出を始め、それまでの時間を稼ぐ為、三日月を初めとした9名がMSで立ち向かうが、ハッシュやエルガーは戦死、ユージン達5人は途中でダンテの機体損傷と、トンネル脱出組の目処が建った事から、三日月・昭弘の勧めで戦線から離脱し、通路の自爆の仕込みを終えた雪之丞をはじめとした、整備班と合流し地下トンネルから脱出する。
その間、ガンダム2機が応戦して時間を稼ぐも、圧倒的な物量を相手にした激戦の末、三日月と昭弘は戦死、本部施設と所持機体の殆どを失い、組織の形としては完全に壊滅した。

壊滅後

鉄華団の誇る2大ガンダムとそのパイロット達を葬り去った事で、鉄華団の壊滅が十分世間に証明された為か、それ以降のアリアンロッドは残党の確認をせず、脱出組は予定通りに地球で戸籍改ざんを行う事が出来た。
尚、アリアンロッドが残党の確認をしなかったのは、藪の中の蛇をつつく様な愚行にまでは乗り出さない他に、イオク・クジャンの戦死によってその対応に追われた事も関係している様子。

生存者達は、それぞれが別の道を歩む事になり、その内の幾人かはクーデリア率いるアドモス商会に身を寄せ、身分を偽りながらも、どうにかSPや孤児院の保父等と各々職を得た。
やがて、鉄華団は「マクギリス・ファリド事件」の片棒を担いだ名も無きテロリスト、歴史の悪役として世間に認識され、時代の仇花として次第に忘れ去られていった。
この事件に関わる殉職者達は表立って弔うわけにいかなかった為、火星のCGS施設を望む丘の上の慰霊碑に正式に名を刻まれる事はなかったが、エピローグにて特殊な形で新たに刻まれる事となる。

主な構成人員

オルガ・イツカ
三日月・オーガス
ビスケット・グリフォン
ユージン・セブンスターク
昭弘・アルトランド
ノルバ・シノ
タカキ・ウノ
ライド・マッス
ヤマギ・ギルマトン
チャド・チャダーン
ダンテ・モグロ
デクスター・キュラスター
ナディ・雪之丞・カッサパ
アトラ・ミクスタ
メリビット・ステープルトン
エンビ
エルガー
トロウ
ヒルメ
ガット・ゼオ
ディオス・ミンコ
デルマ・アルトランド
アストン・アルトランド
ハッシュ・ミディ
ザック・ロウ
デイン・ウハイ
メイル
ラディーチェ・リロト

ダンジ・エイレイ
トド・ミルコネン

保有兵器

ガンダム・バルバトス/ガンダム・バルバトスルプス/ガンダム・バルバトスルプスレクス
ガンダム・グシオンリベイク/ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
ガンダム・フラウロス(四代目流星号)
グレイズ改/流星号(グレイズ改弐)
獅電
獅電改(三代目流星号)/獅電改(雷電号)
辟邪
ランドマン・ロディ

強襲装甲艦イサリビ
武装輸送艦ホタルビ

クタン参型
モビルワーカー

余談

名前の由来は上記の通りだが、第1期での彼等の綱渡りに等しい運営実態や、マクギリスとの遣り取り等から、江戸時代博打打ちを意味する隠語・『鉄火』ダブルミーニングもあると思われる。

なお、鉄華団と同様にガンダムシリーズの主人公陣営で、壊滅した共通点がある組織として『機動戦士ガンダム00』に登場したソレスタルビーイングが挙げられている。
ただし、鉄華団は最初こそ一般企業(=PMC)だったが、鉄華団が最終的にテロ組織扱いされ主要メンバー大半が死亡、組織が壊滅した。
それに対し、ソレスタルビーイングは正真正銘のテロ組織で、一度は壊滅した後に再起しており、治安維持を名目に非道な限りを尽くしたアロウズや、それを陰で操ったイノベイターの打倒、そして地球圏存亡の危機となったELSによる脅威から、人類を救うのにも大きく貢献している事から、半ば英雄視されるようになっている。

SDガンダム外伝シリーズでは、

新約SDガンダム外伝 新世聖誕伝説では、鉄華団とギャラルホルンは本編とは異なり立ち位置が逆なっていて鉄華団がエイハブメイルとモビルメイルを装備できるように月の悪と呼ばれるジークドミヌス掌握されたギャラルホルン帝国に適応改造された者がジークドミヌスに反旗を翻してそして崩壊していく月世界から月の民達をスダ・ドアカに避難させた後エイハブメイルとモビルメイルを装備できるものは、眠りについた者と月から移住した月の民の子孫達で結成された傭兵集団であり本当の正義の味方でもある逆にギャラルホルンは本編の鉄華団みたいに太古の昔、月の大戦で滅んで新世聖誕伝説に出てくるギャラルホルン帝国の兵は、月のネットワークにジークドミヌスが憑依して残っていたデータで蘇らせた機械人間だった。

鉄血モチーフの人間キャラで鉄華団のメンバーは、全員生存しておりギャラルホルン側で死んだのは本編では死ななかったラスタル(その正体は、月の裏側に生息するメタルモンスター親バグが放った種子である子バグが人間に擬態した姿だったが月光騎士ネオガンダムが操る超機甲神ガンジェネシスRに打ち倒された)だけで(厳密には、人間体のラスタルの左の顔のジャスレイも)ジークドミヌスとの戦いの後ネオガンダムと鉄華団のエイハブメイルとモビルメイルの装着者とジークドミヌスの支配から解放されたギャラルホルン帝国の者は月世界復興のために月世界に戻り(ミカヅキは月世界には戻らず月世界を復興する力を持つクーデリアのペンダントを月光騎士ネオガンダムに託し仲間とスダ・ドアカを守るために地上へ残った)こちらの鉄華団は、壊滅しておらず正義の味方としてジークドミヌスからスダ・ドアカを救った英雄としてスダ・ドアカと月世界に歴史に名を残した
本編では、敵だったガエリオ、アイン、ジュリエッタ、カルタ、イオクは、最後は味方となっている。

所属しているメンバー

()内は装備しているエイハブメイルとモビルメイル

兵士ミカヅキ (騎士ガンダムバルバトス) (騎士ガンダムバルバトスルプス) (甲鉄騎士ガンダムバルバトスルプス)

関連項目

鉄血のオルフェンズ CGS
ギャラルホルン テイワズ タービンズ

新撰組 - モチーフとなった実在の組織。監督の長井龍雪によると、最終的には新撰組と同様に敗北する結末も当初から決まっていたと言う。
銀河烈風隊 - こちらも新撰組をモチーフにしたロボットアニメの組織。モチーフと同じく最終的に敗北する結末であった。
ニューディサイズ - モチーフが新撰組のガンダム組織繋がり。此方も反乱後に壊滅しているが、ほとんどの構成員が戦死している。

関連記事

親記事

クリュセ くりゅせ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鉄華団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2564131

コメント