ピクシブ百科事典

イズナリオ・ファリド

いずなりおふぁりど

イズナリオ・ファリドとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

CV:速水奨

人物像

セブンスターズの一家門ファリド家の当主。
ギャラルホルンの地球本部ヴィーンゴールヴ司令官。

マクギリスの養父だが、稚児趣味の持ち主であり、何人もの男娼を囲っている。なお、囲っていた男娼が全て金髪碧眼の美少年だったことから、そういう性癖なのだろう。
その男娼ハーレムの一人であったマクギリスの能力・才覚を見出し、表向きには「妾の子」という体裁を付けて養子として引き取ったが、養子にした後も彼に性的虐待を続けたためマクギリスが成人後も彼との関係は芳しくなく、彼からは避けられている。
しかし彼本人はマクギリスに対して行なっってきた行動を「絶望の中からすくい上げてやった」と思っており、反省も皆無であり嫌われていることには気がついていない。
イズナリオの性癖や、マクギリスと血縁関係がないことは、執事やラスタル・エリオン等の近しい者達からは認知されていた模様。

また、政争に余念がなく、マクギリスを政略結婚に利用し、イシュー家当主代行となったカルタ・イシューの後見を務めるなど、セブンスターズ内部での地位を固め、更にアーブラウのアンリ・フリュウとコネクションを作り、自身の権力を盤石にしようとする。

しかし、エドモントンの戦いの後、マクギリスの手回しによって失脚し、亡命を余儀なくされ、歴史の表舞台から姿を消した。
その後は地球のとある邸宅で静かに暮らしていた模様で、のちにラスタルの口から失脚の真相を暴露される事となる。
実子や妻がいたことがあるのかは不明だが、マクギリス死亡後も復権や新たな後継を取ることはなかったと見られ、ファリド家は断絶した。

ちなみに、本作世界観においては、同性愛・同性婚は制度として認められているため、イズナリオの趣味嗜好自体は、同性愛を理由に咎められるものではない。
もっとも、望まない性行為を子供のうちから要求されていたことに対して、マクギリスが嫌悪を抱いていることは、イズナリオが咎められる理由としては十分であろう。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン マクギリス・ファリド

pixivに投稿された作品 pixivで「イズナリオ・ファリド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52590

コメント