ピクシブ百科事典

トド・ミルコネン

とどみるこねん

トド・ミルコネンとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

CV:青山穣

人物像

火星の民間警備会社「CGS」(Chryse Guard Security)に所属する兵士。ちょび髭とビール腹がトレードマーク。
目下の者には横柄な態度を取る一方で目上の人間には媚びへつらう根っからの小心者であり、長いものに巻かれて生きることを信条とする。
CGSでは参番組の少年兵達の教育・指導を担当していたが、その勤務態度は決して良いものとは言えなかった。
オルガ・イツカら少年兵達からはその立場や態度もあって信頼されておらず、オルガをして「信用に足る仕事をしたことが無い」と評されている。

ギャラルホルンによるCGS襲撃を契機にオルガ達がクーデターを起こし、鉄華団を組織した際には彼らの側に付く選択をするが、二度もギャラルホルンを撃退した鉄華団が本格的に彼らから目を付けられる事を恐れ、オルクス商会にクーデリア・藍那・バーンスタインの行動をリークした。
だが、オルクス商会側は更にこの情報をギャラルホルンにリークし、火星軌道上で鉄華団と交戦。トドの事を最初から信用していなかったオルガが事前に策を講じていた為、鉄華団は何とか火星軌道上からの離脱に成功するが、結果として彼は協力者から裏切られ、更に鉄華団からも裏切り者として切り捨てられる事になる。

鉄華団を追放された彼は、身ぐるみを剥がされた状態で救命ポッドに押し込められた末に宇宙へと放逐されるが、その後ギャラルホルン側に回収され、マクギリス・ファリドが代表を務めるモンターク商会に身を寄せる。
マクギリスの部下となって以降は、密偵として鉄華団を追跡し彼らに報告しつつ、宇宙海賊「ブルワーズ」をけしかけるなど暗躍を続け、マクギリスの活動を支えた。
その後はモンターク商会の専務に就任。元CGS一軍メンバーの中で目覚ましい出世を果たし、古巣である鉄華団への物資納入や、マクギリスとオルガの交渉の仲介人など、重要な役割を担う。

物語終盤、ラスタル・エリオンを討つべく最後の戦いに臨むマクギリスをシャトルに乗せ、ハーフビーク級に送り届ける。
一人で戦う意向である彼の意に従い、艦を降りるよう促された他のマクギリス部下とともに艦を去るが、その際彼に対する気遣いも見せ、マクギリスに対しての恩や人情はあったようである。
長井龍雪監督によれば、この後ちゃっかりとモンターク商会を引き継ぎ、マクギリスの遺産を手中に収めるという、大当たりくじを引いたとのこと。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
オルガ・イツカ ビスケット・グリフォン ユージン・セブンスターク
ガエリオ・ボードウィン マクギリス・ファリド

関連記事

親記事

CGS くりゅせがーどせきゅりてぃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トド・ミルコネン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40057

コメント