ピクシブ百科事典

黒の騎士団(コードギアス)

くろのきしだん

『コードギアス 反逆のルルーシュ』に登場する武装組織
目次[非表示]

概要

仮面の男ゼロがエリア11(旧日本)のレジスタンス扇グループを母体に結成した弱者(人種問わず)保護を謳うレジスタンス。
実力があればどの国籍でも高い地位につけるという実力主義をとっている。

動向

弱者の保護を実行し、ブリタニアにもテロ活動にも反対している中立派のイレブンや一部のブリタニア人の支持を得ることに成功している。
ナリタ戦を機に戦力を増大させていき、日本解放戦線の壊滅以降には支援グループ・キョウトの援助も取り付け、さらに藤堂鏡志朗・四聖剣といった解放戦線の残党を吸収したことでエリア11のおける最大勢力にまでのし上がった。
特区日本におけるイレブン虐殺事件を機に合衆国日本建国宣言を行い、ブリタニア軍と大激突した。
これがのちのブラックリベリオン(第一次東京決戦)であり、イレブンの大多数が参加していたこともあり、戦況は騎士団優勢であったが、副指令の負傷、司令官ゼロの謎の戦線離脱によって指揮系統が崩壊、藤堂の敗北もかさなり扇・藤堂をはじめとした幹部の多くが捕縛され、逃れた面々も亡命を余儀なくされ組織は事実上瓦解した。

R2時

壊滅したと思われていた黒の騎士団だがゼロ(ブラックリベリオンのゼロと同一人物かどうかは不明)の復活と同時に、中華連邦総領事館の一室において再度建国宣言を行った
その後いくつかの作戦をへて、中華連邦に百万人のイレブンをつれ中華連邦の蓬莱島に亡命。
天子強奪事件の後中華連邦と合衆国日本、他のブリタニアに侵略されているアジア諸国、EUの一部の国家も加盟した連合国家超合衆国と資金、物資、人員提供と引き換えに安全保障を担う傭兵組織となる。
それに伴い、ゼロはCEO(最高経営責任者)に就任、星刻を総司令、藤堂を統合幕僚長とする新体制となった超合衆国決議第壱号に基づき日本解放のためエリア11に進軍する。
しかし第二次東京決戦においてゼロが重傷をおい、治療の甲斐なく死亡と発表。
それを機にブリタニア軍との講和が行われたが、ダモクレス戦役において敗北。皇帝ルルーシュに空席だったCEOの座を奪われ事実上解散した。

保有戦力

第1期から

ガウェイン
紅蓮弐式
月下
無頼

R2から保有

蜃気楼
斬月

斑鳩

関連タグ

コードギアス
黒の騎士団

pixivに投稿された作品 pixivで「黒の騎士団(コードギアス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 540

コメント