ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミストレス9

みすとれすないん

『美少女戦士セーラームーン』第三部の敵キャラ。土萠ほたるが闇落ち&急成長した姿。メイン画像左側の人物。
目次 [非表示]

CV:皆口裕子(旧作アニメ)/ 藤井ゆきよ(Crystal)

演:井波知子 / 秋山千夏

概要編集

デス・バスターズの上級幹部。故郷・タウ星系の滅亡でダイモーンの卵になって宇宙をさまよい、土萠教授の協力で土萠ほたるに取り憑いた。

しかし、セーラーサターンの魂を持つほたるの器化が進まず、ほたるの肉体に潜みながら肉体奪取の機会を伺った。


性格は凶暴で傲慢。ほたるの肉体を一時的に乗っ取ると、目を赤く光らせて念力を操る。

そしてほたるの肉体を完全に支配すると、地に垂れるほど長い黒髪の悪女に急成長。真の目的はファラオ90を地球に器化させてそのパートナーになること。

額の漆黒の星のマークと紫の口紅、真珠を飾り、どこかの歌姫のように華麗なマーメイドドレスに身を包む。


pixivでは、ほたるが闇落ち成長した姿ということで(ほたる本人というわけではないが)、親友・ちびうさの闇落ち成長版のブラックレディと並べて描かれることも多い。→悪堕ちほたちび

闇の姉妹


原作漫画編集

「タイオロンクリスタル」に近しいパワーを持つちびうさ幻の銀水晶を吸収して変身。白いスカートを着用。

内部太陽系戦士の聖体を飲み込み、その力でファラオ90の地球との同化を促進させた。

ほたるの肉体の中に囚われてきたせいか、人間の狭い肉体と切っても切っても伸びる謎の髪をうっとおしがる。


スーパーセーラームーン外部太陽系戦士の攻撃にもびくともしなかったが、セーラーサターンの意思に従ったほたるの魂に銀水晶と聖体を奪取され、先祖返りのようにほたるの肉体を突き破って真の怪物の姿を見せる。

最期は地球を器化するファラオ90に望んで吸収された。

Sailor Saturn


旧作アニメ編集

ほたるの肉体を一時的に支配する間は、黒と紫のドレスを着た。

ピュアな心を・・・


キーワードとなった「沈黙のメシア」そのもの。深緑のスカートを着用。

ピュアな心の結晶を吸収しながら力を蓄え、最後にほたるを思うちびうさのピュアな心を吸収して変身。ほたるをいびり続けたカオリナイトを早々に粛正した。


原作版ワイズマンの妖獣の手に似た腕と長い髪を石化する能力を操り、セーラーウラヌスセーラーネプチューンを人質にセーラームーンの「伝説の聖杯」を奪取しようとした。

土萠教授の説得でほたるの心に復活されてしまうが、土萠教授の親心を利用してセーラームーンを騙して聖杯を奪い取る狡猾さを見せ、ファラオ90に聖杯の力を注入した。

しかし、ファラオ90降臨のエネルギーに巻き込まれ、吹き飛ばされるもセーラームーンと土萠教授に肉体を死守される。ミストレス9は自分だけはファラオ90と共にあるとみていたようだが、その思惑は完全に外れており、自身も事が済めば切り捨てられる存在に過ぎなかった。

最後は父やちびうさへの愛によってサターンの力に目覚めたほたるの力に苦しみはじめ、敗北。内部より額の黒い星を砕かれてほたるの肉体ごと塵と化した。

ミストレス9


関連イラスト編集

★ミストレス9★ミストレス9Mistress 9 - Maliceミストレスセーラーサターン


関連タグ編集

美少女戦士セーラームーン セーラームーンの敵キャラ デス・バスターズ

土萠ほたる セーラーサターン カラーリップ 超ロングヘア ノースリーブ


ブラックレディ:第二部のほぼ同ポジション。ほたちびも参照。


フォスフォフィライト:闇落ち形態が原作版の真の姿に似ている。

女郎蜘蛛:彼女と同じようにとある少女に憑依して悪事を働き、多くの人間たちを苦しめていた女性ヴィランの後輩。

シェム・ハ:同上と同じくある一般人の少女に取りついて他人をいいようにこき使っていた女性悪役。


アプス先祖作品の続編前期に登場した真のラスボス。此方は何と主人公の少年に憑依し、復活の時を待っていたのであった。

関連記事

親記事

デス・バスターズ ですばすたーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1186493

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました