ピクシブ百科事典

女郎蜘蛛(シャドウサイド)

しゃどうさいどのじょろうぐも

本項では、アニメ『妖怪ウォッチシャドウサイド』に出てくる女郎蜘蛛について紹介する。
目次[非表示]

「美しい男は何もしなくていい。そのおいしい魂だけ、食べさせておくれ...」
CV:沼倉愛美(アヤメ憑依時は村川梨衣

概要

はるか昔から 若く美しい男の魂を食らって生きていた大妖怪。古の霊媒師に封じられていたがひそかに復活を果たし 人間の男を品定めしているようだ・・・。(妖怪大辞典より)

30話より初登場。長らく酒呑ハルヤ達が探していた鬼族の姫の正体……と、思いきや姫とは全くの無関係。その正体は五百年前の現世にて若く美しい男を好み、血肉だけではなく魂すらも食らっていた恐ろしい大妖怪。
ある時に自身が今まで食らってきた男達をも凌駕する完璧なまでに美しい男を見つけ、それを自分の物にしたいと襲い掛かるも、その男は強力な霊媒師で逆に返り討ちに遭って封印されていた。

戦闘能力

背中から生えた8本の蜘蛛の足から出す糸が武器であり、白蛇のような形にしての如く叩きつけ相手を絡め取り、その魂や妖力を吸収する。妖力を吸収すればするほど体が巨大化してパワーアップする。
さらにその糸は耐久力も尋常ではなく、不動明王・天のフドウ雷鳴剣や洞潔のアシュラ豪炎丸などの妖聖剣は愚か、ハルヤの絶大な妖力を持ってしても切り裂く事も焼き払う事も不可能。
また、本体そのものも蜘蛛の巣の形をした非常に強固なバリアーに守られており、ジバニャンの百猫烈弾も完全に無力化。ミッチーのミッチービームも全く効かない、と言うよりミッチーのランクが女郎蜘蛛より低いので論外である。
だがその反面、バリアーが破られると本体は非常に脆く、攻撃を受けると溜めこんでいた妖力が抜け出て体が縮小して弱体化する。

彼女の強力な結界を打ち破るには妖魔界の宝剣殿にある妖聖剣ゲンブ法典斧が必要不可欠とされる。

劇中での行動

何らかの要因で封印が解けた女郎蜘蛛は、その伝説の男の子孫である姫乃アヤメに憑依(アヤメが妖怪を見えたり、妖術を使えるのは直径先祖の血が影響)し、彼女の無意識下では美しき男の魂を食らい続け妖力を蓄えていた。
更に自身の復活を効率良くする為にハルヤ一派に自分が彼らの探している『姫』と偽り、目覚めさせるには五つの妖聖剣だけではなく、本当に必要な『伝説の男』であると語ったのを切っ掛けとして彼らを利用していた。

自身の復活に必要な伝説の男とは自身を封じた霊媒師の男そのものであり、既に他界し年月が経ったのにも関わらずに魂は髑髏に留まり続けていたがハルヤがその骸を見つけ、その魂を喰らった事で完全復活を果たし、全てが偽りであると暴露して彼の心を打ち砕く。

更にはアヤメの肉体から抜け出る際に、彼女の魂を喰らうと同時に首筋に蜘蛛の巣状の呪いを施し、洞潔とハルヤの妖気を吸い妖力を増大させるが、それにも飽き足らず、今度はナツメら妖怪探偵団の魂をも喰らおうと襲いかかる。
絶大な力で彼らを圧倒するがジバニャン達が不利と判断、ナツメ達を伴い撤退を許すも、タワー周辺に糸を張り巡らせタワー内の人間たちの魂を無差別に喰らい始める。

ゲンブ法典斧を持ち帰り帰還した探偵団を迎え撃つ為に障害として魂を抜かれた人間で追撃、不動明王の力を吸い付くし更に巨大化するも、子供化した不動明王ボーイにいたぶられ、酒呑童子に自慢の足を切り裂かれて妖力を放出して縮小して大幅に弱体化。
隙を伺い脱出し、再度力を再度蓄えて自身を追い込んだナツメ達を復讐すると誓うも最弱な筈のミッチービームを浴びて石化されてしまい、そのままミッチーに落とされて粉々に砕かれるという呆気ない最期を迎えた。

これによりアヤメに掛かっていた呪縛も解かれ、魂を抜かれた人間も元に戻った。

結局、鬼族の姫とは全くの無関係だった彼女だが、それなら何故妖魔界の桜が彼女に反応したのだろうか?
今後の情報展開で明かされることを望む。

妖怪ウォッチぷにぷに

女郎蜘蛛(シャドウ)として登場。シャドウサイドイベントで入手可能。
SSSランクで、30年前の同名古典妖怪と同じくブキミー族に分類される。

関連タグ

妖怪ウォッチシャドウサイド ブキミー族
女郎蜘蛛(妖怪ウォッチ):同名の別妖怪。こちらでは男性となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「女郎蜘蛛(シャドウサイド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 582

コメント