ピクシブ百科事典

月浪トウマ

つきなみとうま

『妖怪ウォッチ シャドウサイド』の登場人物。
目次[非表示]

CV:千葉雄大(映画)/ 長谷川芳明(アニメ)

概要

映画妖怪ウォッチシャドウサイド鬼王の復活」及びテレビ版「妖怪ウォッチシャドウサイド」に登場するキャラクター。
13歳の男の子。マンション暮らしの一人っ子。天野ナツメとは幼馴染みの関係。
彼自身に自覚はないが、整った顔立ちをした美男子(イケメン)。

両親は共働きで忙しいために孤独を感じている。
そんなトウマの心の闇に鬼まろ達が興味を持ち、鬼まろ達との取引によって「鬼眼ギア」を入手し鬼まろに取り憑かれ妖怪化した人間達をコントロールし、自分の存在感を証明しようとしたが、鬼まろリーダーからは捨て駒程度にしか思われていなかった。
紆余曲折の末、心の闇を克服した事で鬼眼ギアは「妖怪ウォッチオーガ」へと変わり、幻魔への憑依変化が可能となった。

ナツメ達に救われ、共に元凶である鬼王・羅仙を倒した直後、羅仙が放った血楔で致命傷を負い絶命するが、羅仙の眷族であった筈の3匹の鬼まろオグ・トグ・モグに生命を与えられて蘇生した。
それ以来、この世の裏側と真理を垣間見た事や、自分が行った罪を清算する為に有星アキノリらと共に妖怪探偵団のメンバーとして妖怪恐怖案件の解明に乗り出している。しかし、ネットサーフィンで閲覧しているのは話題の店や品物、お笑い動画と恐怖案件とは無関係なものが多い。

自分を省みず他人を助ける優しさと強さを持っており
心を蝕まれながらも鬼まろを守ったり
鬼王の攻撃を受け重症を負いながらも皆を守る為に
トドメをさした。



若干中二病の気があるのか妖怪ウォッチ4のクエスト「稲荷神社を照らす光」では、『3』のイナホの如くヤミキュウビ中二病丸出しの難解な台詞にも動じることなく、どころか自身も厨二な台詞を交えてスムーズに会話していた。

妖怪ウォッチ4の公式ツイッターでは、うんちく や趣味、俳句を披露し、度々ファンを沸かせている。
(妖怪ウォッチ6周年、俳句の日、ピザの日、バレンタインデー)

アニメ版

TVシリーズでは劇場版では見られなかった意外な一面をのぞかせている。
天野ケースケからは「イケメン」と認識されており、一緒にカードゲーム「電光石火時代」に興じたりしている上、ケースケに呼び捨てにされても気にしていない。
また、スーパーレアカード『ブリザードウルフ』をご丁寧にスリーブへ入れるなど、ハマったものに対して追求し拘る面も持っている。
少食らしく、第4話でもったいない男を誘き寄せるために妖怪探偵団全員でラーメンを注文した際、皆が大盛りを注文していたのに彼だけは普通のを頼んでいた。

お笑いにも関心があり、第6話でケースケが友達のコージ、タンクと一緒に漫才をした際、ナツメとアキノリは呆れ顔をしていたのに対し、彼は真剣な表情で漫才を見ていた。

因みに第2話で度々「チャリ」と呟いたり、第27話でコマじろうの口癖である「モンゲーロ」に怪訝な反応を見せているなどしている。

また頭脳明晰な一面がありケースケやジュニアがわからない単語について説明したり仲間達が気付けなかったことにいち早く気付くことも多い。

妖怪探偵団の調査では主に前線で戦う頼もしい存在。

コロコロコミック版

「鬼王の復活」では両親が留守にしがちな事などから、同じマンションに住む主婦達に気持ち悪がられたりするなど、周囲から浮いている面が強調されており、鬼まろに憑依されても自我を持ち続けた上、自らの意思で鬼まろの力を使えるようになった。
連載版では互いの相手への反応を見る限り、ケースケとは初対面であったようである。
またアニメ版とは違い、ケースケから「嫌な感じの二枚目だ」と思われている。

ネタバレ



















第37話では自分の前世を一瞬思い出した場面があったが、空亡との最終決戦の最中、朱夏を守る事が自身のスピリットだと確信し目覚めさせた。
前世は彼女を守護する腹心の「玄冬」という名の鬼であり、空亡になる前の空天の同胞であり、彼の無実を最後まで信じていた。
最後は朱夏、空天の後を追ってトウマから魂が離れて空へと昇って行った。

関連タグ

映画妖怪ウォッチ シャドウサイド鬼王の復活 妖怪ウォッチシャドウサイド

有馬ユウト・・・雰囲気や「孤独を感じている」という設定が似ている。
今田干治・・・「両親が共働きで忙しく、なかなか誕生日を祝ってもらえない」という孤独つながり。

関連記事

親記事

妖怪ウォッチの登場人物 ようかいうぉっちのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「月浪トウマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1175848

コメント