ピクシブ百科事典

天野ケースケ

あまのけーすけ

天野ケースケとは『妖怪ウォッチ』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:戸松遥(過去シリーズでは父であるケータを担当)

概要

映画妖怪ウォッチ「シャドウサイド 鬼王の復活」で登場した、新世代の主人公の一人。
何を隠そう30年後における天野ケータ木霊フミカの息子であり、姉に映画版で先にメインを張った女子中学生である天野ナツメがいる。

スカイブルーのシャツを好む小学5年生の少年で、当初、幽霊やUFO、妖怪などの存在については否定的であったが、亡霊番長の一件で妖の類いだけは信じるようになる。
家族との関係は基本的に良好である模様。年相応にカードゲームに興じることもあり「電光石火時代」にご執心である。声の声質だけでなく頭髪を弄くり回すとケータ譲りの癖っ毛が露になり、やはり親子だと認めざるを得ない。

映画では序盤で母共々鬼まろに憑りつかれて「カオデカ鬼」となってしまい、事態が解決するまで石化された状態でフェードアウトするなど、モブに近い立ち位置であった。
しかし、その後のストーリーを描く事になったTVアニメの「新シリーズ」にて、姉達に並ぶ新たな主人公として抜擢され、開発中であるゲーム最新作の主役となる事も予告された。


ある日から度々帰りが遅くなった姉の事が気になり、こっそり後をつけていった結果、たどり着いたのは姉が月浪トウマ有星アキノリと開いていた「妖怪探偵団」。
オカルトの存在などを否定するケースケであったが、姉が身に着けていた妖怪ウォッチエルダを勝手に持ち出した影響でミッチーやウィスパーとも邂逅(妖怪に出会う前はイナホの弟、リク同様に姉が独り言を言うのが多くなったのだと思っていた)。

それ以来、世にも不思議な数々の怪奇な事件に巻き込まれていく。また幼い頃からいじめを受けていたのだが、とある出来事から自分の信念だけは折れず曲らず捨てない気持ちを持っている。

意外に強情な一面があり、妖怪探偵団の事務所に出入りをするようになっても、妖怪の存在を否定するかのような発言をするなどして、アキノリからは「往生際が悪い」と評された事も。(間接的な元凶でもあるが)トウマを姉の彼氏だと(思い込んで)一応認定しており、同じ好きなカードゲームをプレイしていた事が縁で呼び捨てで接している。

オカルトの類いを嫌って妖怪を信じずにカルト教団やら集団妄想、夢と思い込み続けていたのは、逆に想像力が豊富だったが故に世の中の怖さを恐れ、認めようとしないからである。

余談

顔は母親似であるものの(表情などは母方の曽祖父であるフミアキにも似ている)全体的な容姿は父方の祖父であるケータの父や父方の曽祖父であるケイゾウに似ている。

関連タグ

妖怪ウォッチシャドウサイド 天野ナツメ

pixivに投稿された作品 pixivで「天野ケースケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5998

コメント