ピクシブ百科事典

天野ケースケ

あまのけーすけ

天野ケースケとは『妖怪ウォッチ』の登場人物である。(メイン画像真ん中)
目次[非表示]

CV:戸松遥(過去シリーズでは父であるケータを担当)

概要

映画妖怪ウォッチ「シャドウサイド 鬼王の復活」で登場した、新世代の主人公の一人。
何を隠そう30年後における天野ケータ木霊フミカの息子であり、姉に映画版で先にメインを張った女子中学生である天野ナツメがいる。

さくら元町第一小学校に通う5年生。席は後ろから数えて3番目の窓側。
スカイブルーのシャツ(リンガー系のキーネックや切り替えTシャツも含む)を好み、当初、幽霊やUFO、妖怪などの存在については否定的であったが、亡霊番長の一件で妖の類いだけは信じるようになる。
家族やクラスメイトとの関係は基本的に良好である模様。年相応にお笑い番組を視聴したり、カードゲームに興じることもあり「電光石火時代」にご執心である。声質が少年期の父親と同じである上、頭髪を弄くり回すと天野家の男子特有の癖っ毛が露わになり、やはりケイゾウやケータの血を引いていると認めざるを得ない。突っ込むところは鋭くツッコんでしまう場面も姉共々ケータの性格を色濃く受け継いでいる。

映画では序盤で母共々鬼まろに憑りつかれて「カオデカ鬼」となってしまい、事態が解決するまで石化された状態でフェードアウトするなど、モブに近い立ち位置であった。
しかし、その後のストーリーを描く事になったTVアニメの「新シリーズ」にて、姉達に並ぶ新たな主人公として抜擢され、開発中であるゲーム最新作の主役となる事も予告された。


ある日から度々帰りが遅くなった姉の事が気になり、こっそり後をつけていった結果、たどり着いたのは姉が月浪トウマ有星アキノリと開いていた「妖怪探偵団」。
オカルトの存在などを否定するケースケであったが、姉が身に着けていた「妖怪ウォッチエルダ」を勝手に持ち出した影響でミッチーやウィスパーとも邂逅(妖怪に出会う前はイナホの弟、リク同様に姉が独り言を言うのが多くなったのだと思っていた)。

それ以来、妖怪達が引き起こす、妖怪恐怖案件に巻き込まれてしまうようになり、学校などで起こった恐怖案件では姉からウォッチを手渡され、必要な場合は手持ちのアークから友達妖怪を召喚する。
幼い頃にいじめを受けていたのだが、とある出来事から自分の信念だけは曲げない気持ちを持っている。

意外に強情な一面があり、妖怪探偵団の事務所に出入りをするようになっても、妖怪の存在を否定するかのような発言をするなどして、アキノリからは「往生際が悪い」と評された事も(奇しくも「これって妖怪の仕業だ」が口癖だったケータとは真逆である)。
トウマを姉の彼氏だと(思い込んで)一応認定しており、同じ好きなカードゲームをプレイしていた事も縁で親しく接し、同じ髪型に変えてみたいとも思っている。
何だかんだで最終的に命の危険に関わる切羽詰まった状況では姉達に頼ってしまう。

オカルトの類を嫌って妖怪を信じずにカルト教団やら集団妄想、夢なそと思い込み続けていたのは、逆に想像力が豊富だったが故に世の中の怖さを恐れ、認めようとしないからである。

コロコロコミックで連載が開始された漫画でもオカルトの類を信じてはいなかったが、姉が妖怪を召喚するところを見かけた際には、妖怪は見えなかったものの、姉が世界が救ったヒーローかもという認識を持ち、妖怪ウォッチエルダに初めて触れた際、自分もヒーローになれると嬉しそうにしていた。
妖怪ウォッチエルダを持ち出したり、ひも爺を飴玉で手なづけるなど、ちゃっかりした性格である一方、過去にいじめを受けていたためか、誰かが困っているのを見過ごせない一面も。
また、かつての父と同じくウィスパーへの扱いがぞんざいである。

余談

顔は母親似であるものの(表情などは母方の曽祖父であるフミアキにも似ている)全体的な容姿は父方の祖父であるケータの父や父方の曽祖父であるケイゾウに似ている。

関連タグ

妖怪ウォッチシャドウサイド 天野ナツメ

pixivに投稿された作品 pixivで「天野ケースケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17678

コメント