ピクシブ百科事典

天野家

あまのけ

「妖怪ウォッチ」シリーズに登場する天野景太の家。
目次[非表示]

概説

ケマモト村の農家出身のさくらニュータウンの一般市民。ケータこと天野景太の家。家族構成は両親とケータの核家族。中年に達していないケータの父が戸建てと自家用車を入手していること、ケータの母が専業主婦であること、木霊家はじめ交際のある家、ケータの交友関係が中流以上に集中していること、天野夫妻の寝室が洋室でベッドに寝ていること、リビングなどに和室が存在しないなど洋風が目立つ生活スタイルから1980年代の感覚における中流家庭であると思われる。


だが、レベルファイブの命によりUSAに転勤させられた(詳細は妖怪ウォッチ3参照)。
この一事からも、ケータの父が海外勤務を任せられるほどの信頼を置かれる中堅サラリーマン(幹部候補以上)であることが分かる。

あ、間違いないいいいい!

祖母の家

家紋は映画第一作予告編によると丸に隅立四つ目
ケマモト村の天野景太の祖母の家は土蔵があること、ケイゾウの技術力、性格などから、かなり裕福である模様。
(1950年代の貧困層であれば労働に忙殺されるはずであり、因習の残る時代ゆえに卑屈になると思われるので、妖怪ウォッチを作れるほどの技術力を身につけなおかつ多くの妖怪と友達になるのは困難であろう)
おそらく第二次世界大戦後の農地改革の影響をあまり受けなかった小地主クラスであると思われる。
あ、間違いないいいいい!

シャドウサイドにおけるケータの家

30年後の未来においてもさくらニュータウンの一般市民。家族構成はケータと、長女の天野ナツメ、長男の天野ケースケ。家のグレードが少年期のケータの家と比べ高い、ナツメが私立中学と思しき遠方の中学にバス通学している、アッパーミドル層ないしロウワーアッパー層に属する月浪トウマと幼馴染でなおかつ親しいなど明らかに階層は上昇しており、アッパーミドル層と呼べる水準に到達している模様。



勝手にルーツ

丸に隅立四つ目は近江源氏が多用した家紋であること、先祖とおぼしき圭之助の一家が石田三成の支配地佐和山の領民であることなどから、近江源氏の流れもしくは関係者と見られるがそのへんは一切不明(てか、待てウィスベェ続編)。
血統的に近江源氏である場合、ケマモトの天野氏に嫁入りした娘の系統(女性は嫁ぐ際、実家の家紋を持ちこむため)あるいはそれを引き継いだ庶子の流れであり男系では天野氏である可能性が高い。
こちらの天野氏はおそらく藤原南家工藤氏の一派伊豆天野氏の一族で鎌倉御家人・鎮西奉行天野遠の九州に土着した一族ないし関係者であると思われる。

あ、間違いないいいいい!

圭之助の家

石田三成の領地佐和山の城下町に住む町人であり、町屋に居住。家族構成は圭之助と母親が確認される。圭之助が頭に乗せて運んでいた物を母親が作っていたと取れる描写があること、職人や職人の子らしき子供が圭之助を見知っていたりといった描写から、職人の家系と推測できるが不明。
圭之助はのち結婚して息子をもうけ関ヶ原の戦いにも父子で出陣しており、武士ないし足軽になったと思われるが詳細不明。



血統、特徴

男子は後ろ髪が逆立つ特徴的な髪質が先祖代々受け継がれている。全体として髪質はやわらかめ。また、妖怪と友達になる素地がある血筋である模様(妖怪ものの主人公なんだから当たり前だ)。

あ、間違いないいいいい!

関連タグ

妖怪ウォッチ 天野景太 ケイゾウ ウィスパー
天野ナツメ 天野ケースケ

pixivに投稿された作品 pixivで「天野家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3789

コメント