ピクシブ百科事典

ミッチー(妖怪ウォッチ)

みっちー

「妖怪ウォッチシャドウサイド」もとい「妖怪ウォッチ」の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:小野坂昌也

概要

30年前の彼自身についてはミツマタノヅチを参照。

その異形と最初のボス妖怪という事で、それなりにユーザーの印象にも残っていた彼だが、なんと30年後の新世代を描く『妖怪ウォッチシャドウサイド』では、天野ナツメのパートナー妖怪として抜擢されたシャドウサイドでのジバニャンはそのポジションからは一歩引いているが、呼び出される頻度は高い)。

本来の姿である"シャドウサイド"はより凶悪な風貌になっているが、30年の間にアクティブな人型の妖怪や正義のヒーローに憧れるようになった結果、"ライトサイド"では「ミッチー」と自称するアメコミヒーローの様な姿となり、自分の事も「ワレ」から「私」と言うようになる。
ライトサイドでも三つの首の特徴は残っており、よく見ると両肩のプロテクターが目のない首になっている。

映画妖怪ウォッチシャドウサイド鬼王の復活』にて、妖怪ウォッチの力で自分を打ち倒したナツメを気に入ったらしく、その後は彼女を守り続ける事を決めている。当のナツメからは煙たがれ雑に扱われがちだが、めげない。
目から放つ怪光線で対象を石化させるという新たな能力も身に着けているが、自分より格上の相手には効果がないため、他の妖怪達が起こしている劇的なパワーインフレに若干取り残されている節があり、劇中ではどちらの姿でもあっさりとやられてばかりであった(30年前のジバニャン以下とすら見える描写もある)。しかも呼んでいないのに「ボランティア」と称して登場する。
シャドウサイドおよび強化フォームはそれなりに強いようであるが、相手が常に格上なためかライトサイド同様にあっさりとやられていたり、制限時間内に倒せずに通常状態に戻ってしまい敗北するなど、完全にギャグ要員となっている。

かつては同族のミツマタミズチとコンビを組んでミツマタブラザーズと名乗って妖魔界で悪行三昧を重ねていたが、妖魔界でヒーロー妖怪が流行すると人気者になりたい一心で悪事をやめて現在の姿になった。ミツマタミズチによると以前より弱くなっているらしい。

とはいえ元はボス妖怪だけあって巨体に恥じぬ頑丈さを誇り、第13話ではシャドウサイドのジバニャンを一撃で倒した幻獣朱雀の攻撃に耐えぬいて善戦した(でも結局は敗れる)。さらにその巨体を生かして、第15話では幻魔弁慶と力比べをしていた窯ドウ魔を背後から飛び乗って押し潰して、不意打ちとはいえようやく初勝利を飾った。また、全くの役立たずというわけではなく不運になったナツメとアヤメへと車が衝突しかけた際には身を挺して守ったり、女郎蜘蛛との戦いでは取り残されていたアキノリとアヤメを抱えて脱出したり、ゲンブ法典斧を取りに行った際、水攻めの水をシャドウサイドになって完全に飲み干したりもしている(ウィスパーからは活躍する度に珍しく、たまには役に立つなどと皮肉を言われているが)。
それだけではなく、酒呑童子によって縮小、弱体化させられた女郎蜘蛛をミッチービームで石化させて砕く事で、女郎蜘蛛にトドメを刺すという快挙を成し遂げた。

映画の漫画版では妖怪のイメージとして一コマに登場したのみで、ケースケを主役とした連載版では度々ナツメにつきまとって「キモイ」と言われていた。
また妖魔界の事を喋り過ぎるという理由でウィスパーを石化させてしまった上、石化したウィスパーの上に座って破壊してしまう。

強化フォーム

第14話にて、「ハイパーミッチー」という強化フォームが披露された。プロテクターを蒸着した姿となっている。
シャドウサイドでは「ミツマタギドラ」となる。
なお、強化フォームになるとアークの絵柄が変化する。

第14話では、怪物化したフクロウ(真魔軍神フクロウ)をひるませるほど強化されるが、短い間しか強化状態になれず、すぐ元に戻ってしまった事により敗北。
以降のエピソードでも度々披露しているが、長々と余計な説明をしては実力が発揮する前に戻ってしまう事を繰り返している。

関連イラスト

ナツメさんは私が守る!
初書き


シャドウミッチー
ミッチー



関連タグ

妖怪ウォッチシャドウサイド シャドウサイド鬼王の復活
天野ナツメ ミチナツ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミッチー(妖怪ウォッチ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3335

コメント