ピクシブ百科事典

フクロウ(妖怪ウォッチ)

ふくろう

妖怪ウォッチシャドウサイドに登場する酒呑ハルヤの部下。

CV:佐藤健輔

概要

酒呑ハルヤの部下。
顔に覆面を付けた妖術師のような姿をしており、髪型が翼のような形状しているのが特徴。

主な仕事は酒呑ハルヤのいう「姫」の捜索であり、吹き矢に込めた「兆しの矢」を人間に刺し、人間に化けて潜伏している「姫」の姿をあぶり出すために活動をしている。
普通の人間に刺さると矢に込められた邪悪な力が暴走して怪魔と化し暴れ回る。また、妖怪に刺さった場合には強制的にシャドウサイドになってしまうため、矢の効果を打ち消して刺さった対象を元に戻す必要がある。

だが、吹き矢の命中率は低く、ターゲット以外のものに矢を当ててしまう事もしばしば。そのため上手く矢を当てられるようにダーツの的に向けて矢を当てる練習しているという意外な一面も。
また情報収集が得意なようだが、ハルヤからは一向に「姫」の捜索の任務しか任せられないため、内心不満があった様子。


アニメ版開始当初から活動をしていたが、一向に「姫」を見つけ出すことができない(ハルヤが姫に関する情報を呟いた際に驚いていたことがあった為、姫のことを知らない可能性がある)事にハルヤの側近の洞潔から憎まれ口を叩かれ、当初は寛容だったハルヤも少しずつ彼に苛立つようになる。

第12話では月浪トウマから妖聖剣・フドウ雷鳴剣を奪取したハルヤからトウマの後始末を任せられるが、縛っていた縄がちぎれてトウマを海に落としてしまう。フクロウは死んだものと思っていたようだが、実際は蛇王カイラに助けられていた。

第14話ではトウマ抹殺にまで失敗した事でついに痺れを切らしたハルヤに「無能」と言われてプライドが傷つき、何としてでも今までの失態を取り返そうと、折角奪ったフドウ雷鳴剣を勝手に持ち出してしまう。

ショッピングモールでケースケに幻覚を見せ、道具に「兆しの矢」を突き刺して変貌させたゾンビ達をナツメ達に襲いかからせ、自身も最後の手段として雷鳴剣を自身の腕に突き刺し、不動明王を無理矢理に憑依させる事で「不動明王・邪」に憑依変化。

ジバニャンコマさんを一瞬で退け、アキノリの呼び出した朱雀と互角の勝負の繰り広げるも、憑依させた不動明王に持ち主として拒否されたために動きが止まってしまい、その隙を突いた朱雀の一撃を食らって敗北。
これが原因で完全にハルヤから見限られ、さらに洞潔から軽蔑の言葉を投げかけられてしまう。

ハルヤの役に立ちたかったという思いと哀しみを抱きながら、力尽きる直前で謎の声に導かれるように異様な怪物「真魔軍神フクロウ」へと変化し暴走する。
復活したミッチーをあしらうも、フドウ雷鳴剣を取り戻したトウマが憑依変化した不動明王・天の雷鳴鉄槌斬りを受けて倒され、完全に消滅した。

関連タグ

妖怪ウォッチシャドウサイド 酒呑ハルヤ 洞潔
吹き矢 ドジっ子

pixivに投稿された作品 pixivで「フクロウ(妖怪ウォッチ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3633

コメント