ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

落書き

らくがき

「落書き」とは、らくしょ・おとしがき(落書)から生じた言葉のことである。
目次 [非表示]

概要編集

  1. 人のめいわくになる所に<書くこと/書いたもの>。「かべに落書きする」
  2. 軽い気持ちで<書くこと/書いたもの>。「メモ用紙に落書きする」
  3. へたな文章や絵。「ほんの落書きです」

三省堂国語辞典第八版(2021年)より。第七版では、門や壁などのいたずら書きの意味のみが記載されていた。》


2023年に発売された三省堂現代新国語辞典第七版では、語義区分②として「SNSに公開したイラストなどの、謙遜した言い方。」の記述が追加された。


由来編集

落書きは、和製漢語「落書(らくしょ)」を重箱読み(上の字を音で読み、下の字を訓で読むこと)したものである。

「落書(らくしょ)」は中世から近世にかけて、政治・社会や人物(権力者)などに対し、批判や社会風刺を述べた匿名の文書のことで、人目につきやすい場所に落として人に拾わせたため、この名がついた。

このような文書は「落とし文(おとしぶみ)」とも言われたが、漢語形「落書」の方が古くから見られる。

相手の家の壁や塀にも貼り付けられたことから、現在の「落書き」の意味に転じた。(語源由来辞典


落書きの分類編集

主に四種類に分けられる。

  1. 文字(文章)や絵を徒に書き記す行為
  2. 何らかの悪ふざけないし悪意や害意をもって物品を汚損する悪戯
  3. またはそれらの行為によって記された文字や図表など
  4. 第三者にとって無価値の・もしくは損益を招く著作物

落書き - Wikipedia


pixivにおけるタグとしての使用編集

pixivに投稿される作品としては、主に上記の1と3に該当する。以下はその具体例。

  • アナログで落書きしたものを撮影した画像。
  • 筆の赴くまま、力を抜いて遊びで描いたもの。
  • 習作
  • 描き手が完成品でないと判断したもの(未着色や下描き段階など)。
  • 作者が「この絵は落書きのようなもの」として付与したもの。

基本的には作者によって付けられるタグであるため、閲覧者が本タグを付けることは侮辱と受け取られるので注意。

また、クオリティが高い作品に作者自らタグを付けている場合、閲覧者から「落書きってなんだっけ」「俺の知ってる落書きと違う」等のタグが付けられることがある。


pixivでの投稿編集

短時間での連続投稿はサーバー負荷や特定ユーザー個人の作品の乱立による検索妨害に繋がるため、時間を置いて少しずつ投稿するか、漫画投稿機能(マンガビューア)を使ってまとめて投稿するようにしよう。


歴史的落書き編集

古代ローマ・古代マヤの遺跡や民家にはもうすでに当時の市民による落書きがされていた事が判明しており、日本でも奈良時代には土器に人の顔を書いたり、笏の裏に役人が愚痴をこぼしていた。

くだらないものと一笑に付される一方で、当時の民衆の生活を知る史料となるほか、ダイイングメッセージや暗号、さらには社会風刺にも利用される。


関連イラスト編集

こちらは落書きに描かれた作品である。

霧雨魔理沙【黒板落書き風】マウスで落書きぽく

『 毎日使える!落書き風☆絵文字 』


関連タグ編集

表記揺れ・類似タグが非常に多い。



落書きに関する作品・キャラクターなど


外部リンク編集

他の記事言語編集

Sketch

関連記事

親記事

イラスト いらすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2734182429

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました