ピクシブ百科事典

三省堂国語辞典

さんせいどうこくごじてん

『三省堂』が出版する国語辞典の一つ。最新版は第七版(2014年)。略称「三国(さんこく)」。
目次[非表示]

三省堂国語辞典とは?

「明解国語辞典」から派生した国語辞典。記述主義を標榜していることで有名。
三国はこれを実例主義と呼んでいるが、実例主義の反対は作例主義であり、そういった意味でも三国は記述主義である。
新語・カタカナ語・口頭語に強い。類書にない項目や語義も、他の辞書に先駆けて収録する場合が多い。中高生から年配など、幅広い層を対象にしているため、語釈は簡潔かつ平明な表現を用いている。小学校で習わない漢字には、振り仮名が付いている。また、社会人にとって、現代の情報を読み解くうえで必要な社会常識語には、見出し3,200項目に星マークが示してある。

阪神タイガース版もあるよ

ケース、ビニール表紙、見返し、扉など、装丁関係はもちろん、本文の用例の一部も阪神仕様に変わっている。表紙はタイガースカラーで、表見返しには阪神甲子園球場の写真も掲載されている。

記述文法に特化した三国の特徴

話し言葉や俗語も多く収録。その際〔話〕話し言葉・〔俗〕俗語の記号が、語義などに付されている。ほかにも〔女〕女性語・〔児〕幼児語・〔雅〕雅語・〔学〕学生語などの記号が、たくさん付されているので、どの場面で、誰が使う言葉なのかが、ひと目で分かるようになっている。

ちなみに「巨乳」「貧乳」は載っていない〔明鏡国語辞典には載ってある〕。これは性的な俗語は載せないという方針があるからだという。

●笑うことを意味する「W」が収録したことで話題になった。”ダブリュー[W](名)①②③略④〔←warai=笑い〕〔俗〕〔インターネットで〕(あざ)笑うことをあらわす文字。「まさかwww」〔二十一世紀になって広まった使い方〕▽ダブル。”以上その内容。
●「的を得る」「汚名挽回」「荒げる〔=荒らげる〕」は普通の表現として収録。〔第三~六版で「的を得る」は誤りとしていたが、第七版では、それを撤回した〕
●「右」「左」は、字の形を用いて解説〔類書では方角で解説することが多い〕。「左」は”①(略)「一」の字では、書きはじめのほう。「リ」の字では、線の短いほう。”と書いてある。
●「恋愛」「」「色情」など、恋愛に関する語も、男女に限らないとして、最新版では、文中に書いてある「男女」を削除。
●「爆笑」についても「笑う人数が問題にされることが多いが、もともと、何人でもよい」や、「敷居が高い」についても「●近寄りにくい。●気軽に体験できない。」の意味が、誤用の注記なしで書いてあるなど、いろいろと興味深い内容になっている。
●「全然」については、下に肯定的表現を伴うのは、話し言葉特有の表現であると示されている。
●ほかにも、「〔『なんじゃ』の例文で〕なんじゃらほい」「〔ツイッターでの〕なう・呟く」「〔『歴』の例文で〕恋人いない歴」「耳をダンボにする・マスオさん」「ディスるリア充中の人キター!」なども収録。
●「計る」「図る」「測る」「謀る」「量る」「諮る」など、異字同訓は、項目として別々に掲げられているので、漢字の使い分けが分かりやすく示されている。
●いちばん最後の項目は「んーん」で、主に女性語・幼児語で「いいえ」という意味を表す。他の辞書には掲載されていない。
●動詞の可能の言い方では、ら抜き言葉も俗な言い方として掲げてある。例えば「見る」の可能の言い方で、「見られる」に対する「見れる」など。
●最近発生した言葉や用法には、その普及した年代が記載してある。

書籍情報〔第七版〕

【項目数】
82,000語〔第六版より+4,000語〕

【編者】
見坊豪紀・市川孝・飛田良文・山崎誠・飯間浩明・塩田雄大

【発行日】
2014年01月10日(大型版:04月01日)発行
▼2018年3月10日 阪神タイガース仕様発行

●1960年12月10日 初版発行
●1968年01月10日 新装版発行
●1974年01月01日 第2版発行
●1982年02月01日 第3版発行
●1992年02月10日 第4版発行
●2001年03月01日 第5版発行
●2008年01月10日 第6版発行

【ページ・価格】〔税抜き〕
1,760ページ
B6変型判(普通版)2,900円
A6変型判(小型版)2,700円
B5判(大字版)  5,000円

【その他】
日本語入力ソフト「ATOK2015 プレミアム」でも搭載された。

関連タグ

新明解国語辞典 三省堂現代新国語辞典

外部リンク

三省堂国語辞典 第七版

pixivに投稿された作品 pixivで「三省堂国語辞典」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 320

コメント