ピクシブ百科事典

明鏡国語辞典

めいきょうこくごじてん

大修館書店が出版する国語辞典。最新版は第三版(2020年)。電子辞書に多く採用されている。
目次[非表示]

コミュニケーションは語彙力から

明鏡国語辞典とは?

日本語の疑問を解決。表記・敬語・誤用・語法などの解説が圧倒的に多い。「部長から寸志を賜る」「アニメ好きの血がうずく」「人類は科学の恩恵にあやかってきた」といった誤用とされている用法も取り上げている(なお、この「うずく」は三省堂国語辞典三省堂現代新国語辞典では誤用の表示なしで載せている。用例は両者とも「勝負師の血がうずく」)。

新語や俗語も多く、「SDGs」「四継」「義実家」「ありよりのなし」や、俗語系では「ショタコン」「ノンケ」「貧乳」「巨乳」「バグる」「もふもふ」「肉々しい」「ディスる」「バズる」「イケボ」「無理ゲー」「イキる」「w(ダブリュー=笑い)」「なる早」「塩対応」「SNS映え(「映え」の用例)」「わかりみ(接尾語「み」の補説)」「フルボッコ」なども載っている。

第二版では、多くの電子辞書と、一部のスマートフォンに内蔵されている辞書で採用されていた。なお、書籍版と電子版では、用例が後者より少なくなっていた。

第三版ではどうなった?

第三版は二色刷りになり、語釈と用例で書体が変わって見やすい紙面となった。語釈でゴシック体が用いられるのは類書初。箱のデザインは水色と青の市松模様で、某キャラクターの羽織をほうふつさせるものとなった。第三版で別冊付録は「明鏡 利活用索引」と改められ、内容が本文に組み込まれた。付録の索引では、難読語の画数索引とアルファベット語の索引が新たに加わった。

表記欄は「書き分け・書き方」の2種類になり、また「読み分け」の欄も新設され、漢字の読み方や表記に関する解説が全面的に改められた。異字同訓の漢字の使い分け例(平成26年)にも対応。
新たに「品格」欄も設けられ、例えば「少し」の類義語に「幾分・いささか・一毫・一抹・一縷」など、ほとんど硬い言葉が用例とともに掲げてある。

語の位相表示で、比較的古めかしい用法には〔古風〕、新語や近年用いられるようになった用法には、旧版に収録されている語や用法も含めて〔新〕の表示がされるようになった(ただし、俗語を表す〔俗〕とは併用していないので、これも俗な言葉・用法と見なすべきであろう。例「エモい・推し・鬼のように」「(話の)キモ・(ゲームに)課金・(写真を)盛る」)。
ちなみに第二版では俗語とされていた語や用法で、第三版では俗語でなくなったのもいくつかみられる。〔俗〕の表示がなくなった語や用法の例「朝一・(せりふを)噛む・(いらだつ意味の)切れる・激辛・こっぴどい」。また「(俗な意味の)萌え・(予定が)かぶる」などのように〔俗〕から〔新〕となったのもある。

書籍情報〔第三版〕

項目数

約73,000語〔第二版より+約3,500語〕
▼「沖つ・僕(やつがれ)」などの古語、「安土桃山時代」「飛鳥時代」「室町時代」など歴史用語の「○○時代」、「薬事法」「日本工業規格」のように法改正で旧称になったものなど、削除された項目も少なくない。「もと」は3つあった項目が1つに統合された。
また、「苦心惨憺」「風光明媚」「唯一無二」など、四字熟語は用例から独立して見出し語になったのもある。

編者

北原保雄

発行

2021年1月1日 第三版発行

  • 2002年12月1日 初版発行
  • 2010年12月1日 第二版発行
  • 2011年4月1日 第二版大型版発行

ページ・価格〔税抜き〕

1,922ページ
※複合語は追い込みでは立項されておらず、かつ語義区分が多い語は、新しい行ごとにブランチが組まれているのでページ数は多め。
第二版は1,954ページ(別冊96ページ)だが、第三版は判型が少し大きくなり、本文のレイアウトも更新され、それによってページ数も圧縮された。また、文章語や雅語の位相表示や、常用漢字一覧のページがなくなった。また、語義区分で①②…より細かく分ける片仮名の語義区分が、第三版ではなくなった。片仮名の語義区分は(文型表現を除き)すべて①②…のように普通の意味区分となり、統合されたものもいくつかある。

  • B6判 3,000円
※第二版は大型版もあったが、現時点では、第三版は大型版の発売予定はない。

関連タグ

三省堂国語辞典
三省堂現代新国語辞典
同じく現代語に強い国語辞典(別出版社)。

外部リンク

明鏡国語辞典 第三版
明鏡国語辞典第三版 特設サイト
明鏡国語辞典 公式Twitterアカウント

関連記事

親記事

国語辞典 こくごじてん

兄弟記事

コメント