ピクシブ百科事典

ミツマタノヅチ

みつまたのづち

ミツマタノヅチとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

ギョロロ~ン!!

概要

CV.坂東尚樹

No232
種族ウスラカゲ
ランクB → A
好物おでん
スキルトリプルヘッド(妖術が全体にあたるようになる)
こうげきドクロ割り
ようじゅつれんごくの術
必殺技モーレツ三叉撃(三つの頭をモーレツに打ち付けて敵全体にダメージを与える)
とりつくやけどさせる(とりつかれた妖怪はノヅチの炎でやけどしてHPがだんだん減ってしまう)
真ん中に立ってる間、ちからアップ

大きな口の三つ首を持つ大蛇のような妖怪。象の様に厚い皮で守られた身体を前にしては、百戦錬磨の名刀でさえなまくら当然。口の中にある大きな目玉がミツマタノヅチの弱点だ。(ボス妖怪としての説明)

大きな口の3つ首を持つ大蛇のような妖怪。目を出す口を入れかえて弱点である目の位置を悟られないようにしている。(友達妖怪としての説明)


妖怪ウォッチシリーズに登場する最初のボス妖怪である、三つの頭を持つ脂ぎった巨大な大蛇。
炎を吐き出す3つの口のどれかに大きな目玉が入っており、これを攻撃することではじめてダメージを与えられる。逆に言えば、それ以外の攻撃を分厚い表皮で無効化するのである。

ニョロロン族っぽいが実際はウスラカゲ族。一人称は「ワレ」で、口癖は「ギョロ」。
名前の由来は「三つ首+野槌」から。

ステータスだけ見れば物理アタッカーのように見えるが、妖術が全体攻撃になる「トリプルヘッド」という強力な性能を持つスキルを持っており、狙われやすさにも関係なしで攻撃できる。また 大滝の魂、吹雪魂、雷神魂などといった、妖術を変更する装備とも相性が良い。このような特徴からミツマタノヅチは妖術アタッカーとして活用するほうが望ましい。

2の通信対戦ではスキルが強すぎる事により、バランスブレイカーの如く猛威を振るった。
そのせいか、続編の3ではスキルに補正がかかり、ダメージが分散する様になった。

ちなみに妖怪ウォッチバスターズからAランクに昇格し、ぷにぷにではSランクである「ミツマタノヅチS」も登場している。

ゲーム版

1のミツマタノヅチ

第3章「町の結界を守れ!」のボス。さくらニュータウンに封印されていた妖怪で、彼の力を手に入れる為にネクラマテングヨコドリちからモチが暗躍。3匹を倒したのち、さくら第一小学校の結界を修復しようとしてたところに出現。主人公(ケータ/フミちゃん)を喰らおうと襲い掛かってくる。

倒されても火炎放射を仕掛けるなどタフネスだったが、突如として現れた謎の妖怪(オロチ)によって攻撃をふさがれ、そのまま彼の必殺技を喰らって倒された。

その後第11章「さよなら妖怪ワールド」において結界が破られた事によって復活。本来の力を取り戻して主人公に襲い掛かるも、たくさんの戦いを経験してきた主人公たちの前に再び敗れた。

2のミツマタノヅチ

『元祖』限定のクエスト「やぶられた結界」では、外にいる人間に助けを求めるが、案の定、罠であり、自分を封印した奴に復讐するべく、手始めに主人公に襲い掛かる。

倒されると、主人公とケンカする方が楽しいとアッサリ復讐をやめて大人しくなった。その後は1日1回のバトルで運が良ければ友達になってくれる。

妖怪ウォッチバスターズ

第4話「おどける!ツチノコ大捜査線!」のボス妖怪にして、ツチノコ失踪事件の犯人。最初はおつかい横丁に発見され、何故か友達バージョンが襲い掛かる。次にさくら小学校でボスバージョンとして登場する。
ボスマップは炎に囲まれたさくら第一小学校のグラウンド。弱点は目玉で、火炎放射を使うたびに現れる。

火炎放射3方向の内1つに炎を吐く。HPが少なくなると2つ出す
舌なめ~ん正面に向かって舐める×1。発動が速い
目玉を召喚ノヅチの目玉を2つ召喚する
モーレツ三叉撃タメに時間がかかるが効果範囲は3方向全部×8

モーレツ三又撃は目玉の出た頭を攻撃すると、目玉の方の攻撃が中断され、さらに攻撃のチャンスになる。

しかしこのミツマタノヅチの正体は行方不明になっていたツチノコ3兄弟で、白くてフヨフヨした奴に「魔シュマロ」なる食べ物をもらい食べたせいで変身してしまっていた。
後の第9話「バスターズの頂点を目指せ!」のボスラッシュでは、(恐らく)本物のミツマタノヅチと戦う事になる。

3のミツマタノヅチ

「えんえんあぜみち」で極稀に発生する動くなイベントにて約50%の確率で出現する。
2と違って小さいのが出現するので普通に友達にする事が可能。
しかしえんえんあぜみちには1日1回しか入れない上、イベントが極稀にしか発生せず、倒した際に余計な妖怪(ぎしんあん鬼百々目鬼)が近づいて来たりするため、友達にするのにけっこう骨が折れる。
救済措置としてかスキヤキVer.&Tアップデートでは「ヌーパーツ」で容易に入手できるようになった。

また、クエスト「ENMA NOTE」では夜行達に名前を書かれ「コトキレ」て殺され、おまけに友達版のようにサイズまで小さくされていた。彼自身はとっくに改心を決めており、エンマブレードを手にしたエンマ大王によって無事に復活した。

シャドウサイド

ツイログ 映画④キャラとか


CV:小野坂昌也
その妖怪然とした異形と最初のボス妖怪という事で、それなりにユーザーの印象にも残っていた彼だが、なんと30年後の新世代を描く『妖怪ウォッチシャドウサイド』では、新主人公・天野ナツメのパートナー妖怪として抜擢されたシャドウサイドでのジバニャンはそのポジションからは一歩引いているが、呼び出される頻度は多い)。

本来の姿である"シャドウサイド"はより凶悪な風貌になっているが、30年の間にアクティブな人型の妖怪や正義のヒーローに憧れるようになった結果、"ライトサイド"では「ミッチー」と自称するアメコミヒーローの様な姿となり、一人称も「ワレ」から「私」へと変わっている。
ライトサイドでも三つの首の特徴は残っており、よく見ると両肩のプロテクターが目のない首になっている。

映画妖怪ウォッチシャドウサイド鬼王の復活』にて、妖怪ウォッチの力で自分を打ち倒したナツメを気に入ったらしく、その後は彼女を守り続ける事を決めている。当のナツメからは煙たがれ雑に扱われがちだが、めげない。
目から放つ怪光線で対象を石化させるという新たな能力も身に着けているが、他の妖怪達が起こしている劇的なパワーインフレに若干取り残されている節があり、劇中ではどちらの姿でもあっさりとやられてばかりであった(30年前のジバニャン以下とすら見える描写もある)。しかも呼んでいないのに「ボランティア」と称して登場する。
シャドウサイドではそれなりに強いようであるが、相手が常に格上なためかライトサイド同様にあっさりとやられており、完全にギャグ要員となっている。

とはいえ元はボス妖怪だけあって巨体に恥じぬ頑丈さを誇り、第13話ではシャドウサイドでのジバニャンを一撃で倒した幻獣朱雀の攻撃に耐えぬいて善戦した(でも結局は敗れる)。さらにその巨体を生かして、第15話では幻魔弁慶と力比べをしていた窯ドウ魔を背後から飛び乗って押し潰して、不意打ちとはいえようやく初勝利を飾った。

第14話では「ハイパーミッチー」という強化フォームが披露された。プロテクターを蒸着した姿となり、怪物化したフクロウ真魔軍神フクロウ)をひるませるほど強化されるが、短い間しか強化状態になれない欠点によって、すぐ元に戻ってしまった事により敗北。
シャドウサイドでは「ミツマタギドラ」となる。
なお、強化フォームになるとアークの絵柄が変化する。

映画の漫画版では妖怪のイメージとして一コマに登場したのみな上、ケースケを主役とした連載版では度々ナツメにつきまとって「キモイ」と言われていた。
また妖魔界の事を喋り過ぎるという理由でウィスパーを石化させてしまった上、石化したウィスパーの上に座って破壊してしまう。

関連イラスト

ようかいらくがき

シャドウミッチー



関連タグ

妖怪ウォッチ 妖怪ウォッチシャドウサイド シャドウサイド鬼王の復活
ウスラカゲ族 ウワノソラ族 ボス妖怪
天野ナツメ ミチナツ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミツマタノヅチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19185

コメント